• 分譲マンション
  • 東京都中央区
  • 三菱地所レジデンス・大栄不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町 > どんなところに建つの?静かな現地を写真付きでレポート!
2017年02月07日

どんなところに建つの?静かな現地を写真付きでレポート!

「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」の購入者の評価ポイントを見ていて、私が気になったのは、「現地」を評価した方の声です。

綺麗なモデルルームやパンフレットの情報ももちろん参考になりますが、建設工事中の現地には、「実際にここでどんな暮らしが送れるか」「資産性はどうか」を判断するうえで不可欠な要素が、たくさん詰まっています。
そんな現地を見て納得した人がマンションの購入を決めたというのは、住宅ライターとしてはちょっと見過ごせない情報でした。

というわけで早速、現地に行ってみることに。

写真で解説!敷地の3方がすべて一方通行の道路に面した角地

「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」は、東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅から徒歩4分、JR「東京」駅からでも徒歩21分の場所に建ちます。

特に都心部で「地下鉄の駅から近いマンション」というと、大通りに面しているのでは、とか繁華街の中にあるのでは、という懸念を持ちますが、「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」の地図を見ると、そういう訳ではなさそう。

「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」立地概念図 撮影ポイント
▲物件公式サイトから引用した立地概念図。
「江戸通り」や「清洲橋通り」といった大通りから適度な距離があり、敷地の3方が道路に面した角地に位置しているということです。
上のA~Dのポイントから写真を撮り、チェックしてみました。

 

現地より約100mの「鞍掛橋」交差点付近
▲こちらは、東京メトロ日比谷線「小伝馬町」の1番出口が面する江戸通りの写真。
片側2車線で、交通量も多い大通りです。

 

現地より約100mの「鞍掛橋」交差点付近
▲上の写真と同じポイントから、今度は現地側に向かって撮影したもの。
江戸通りよりもぐっと穏やかな雰囲気です。

 

現地隣接の道路(横山町大通り)
▲こちらは現地隣接の道路(横山町大通り)。
約11.01mの幅員がありますが、一方通行の道路ということもあり、交通量は少ない印象です。
また、敷地内の接道部には、幅員約1.5mの歩道状空地(インターロッキング舗装)が整備されるそう。今よりも歩道が広がるんですね!
完成したマンションの壁面から隣接建物までの距離は、約13.3m~16.3mになるとのことです。

 

北東側の道路

一方通行の標識 南東側の道路
▲『C』地点の道路は幅員約7.98m。
写真『D』は南東側の道路。幅員は約7.93mとなっています。

マンションが完成すると、歩道状空地も整備され、敷地内には植栽や樹木も入り緑が加わるので、この風景も変化していきます。
現在、周辺の建物は、騒音などが気になる娯楽施設ではなく、ビジネスホテルやオフィスビルが中心でした。

ところで、接道部が多いとどんなメリットがあるの?

なぜ角地や接道部分が多いマンションが魅力的なのかというと、道路がある部分には、将来も他の建物が建たないと考えられるから。
敷地が面する道路が1本より2本、2本より3本、4本……と多くなればなるほど、すぐ隣に建物が建ってしまう可能性が少なくなりますから、建物がひしめき合う圧迫感がなく、日照や通風などの条件の良いマンションになるという訳なんですね。

ただ、マンションが道幅の広い大通りに面している場合は、日照や通風に恵まれやすい一方で、目の前の道路を通る車の音などが気になることも。

「ザ・パークハウス 日本橋大伝馬町」の場合は、隣接している道路が3本とも「一方通行」のため、比較的車通りが少なく抑えられているようでした。

落ち着いた暮らしが送れそうな、下町の穏やかな雰囲気

また、現地撮影の際に、日比谷線「小伝馬町」駅や都営新宿線「馬喰横山」駅、浅草線「東日本橋」駅へも歩いてみましたが、都心にあるのに、所々に下町のような温かみのある街並みが広がっているのも印象的でした。

駅からの道もフラットですし、周辺にはスーパーやドラッグストアなどの小規模な生活利便施設も意外に充実していて、地に足を付けた暮らしが送れそうな街だと感じました。

マルエツプチ小伝馬町駅前店(現地より約270m) 「鞍掛橋」交差点付近(現地より約100m)
▲駅からテクテク歩いてみると、スーパーや近隣のボランティアの方がお手入れをされている花壇などを発見し、所々に“暮らし”を感じる街だと実感。

 

次回は、建物やプランニングのことを解説してみたいと思います。お楽しみに!

※掲載の写真はすべて2017年1月に撮影したものです。
※掲載の表示距離は、現地からの地図上の概算です。徒歩時間は、80mを1分として算出し、端数は切り上げております。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

過去の記事

PAGE TOP