• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市西区
  • 三菱地所レジデンス・三菱商事都市開発・野村不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 名古屋」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 名古屋 > 《ザ・パークハウス》ならではの一生ものの住まいの価値① ~品質への独自基準を設けた『チェックアイズ』~
2020年10月31日

《ザ・パークハウス》ならではの一生ものの住まいの価値① ~品質への独自基準を設けた『チェックアイズ』~

車や洋服や靴やバッグと同じように、マンションにも「ブランド」があります。

実は《ザ・パークハウス》も、その名称を聞いただけで「良質なグレードや確かな品質」がイメージできるマンションブランドのひとつ。ブランド力のあるマンションというのは「住む人にとっての誇り」につながるだけでなく、将来的な賃貸運用や売却を検討する際にも、そのブランドイメージが優位に影響することになりますから、資産性の観点からも重要な住まい選びの要素だと筆者は考えています。

そこで、今回から3回にわたって「なぜ《ザ・パークハウス》が良質なマンションブランドとして広く認知されているのか?」。《ザ・パークハウス》ならではの“一生ものの住まいの価値”について検証してみましょう。
※ゲートアベニュー:掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。

三菱地所レジデンスの住まいの品質を創造する「5つのアイズ」

《ザ・パークハウス》の住まいづくりへのこだわりを語る上で欠かせないのが「三菱地所レジデンスがこれまで辿ってきた歴史の継承」です。皆さんお馴染みの三菱地所は別名“丸の内の大家さん”とも呼ばれており、明治時代から東京・丸の内でオフィスビルの開発を手掛けてきました。

当時はまだ国の厳格な建築基準が設けられておらず、安全な建物をつくり、安心できる地域開発を続けるためには“自分たちで厳しい基準を設ける”しか方法がありませんでした。そこで、三菱地所独自の「建物品質に対する徹底したこだわり」が育まれたのです。

住宅分譲事業の統合を受け『三菱地所レジデンス』が誕生したのは2011年のこと。明治時代から続く思想はそのまま受け継がれ、《ザ・パークハウス》シリーズにおいても独自の厳しい基準により住まい品質が管理されています。


▲《ザ・パークハウス》独自の5つのアイズ。中でも今回は確かな建物品質を支える『チェックアイズ』についてクローズアップしてみましょう。

ブランドの威信にかけて確かな建物品質を守る『チェックアイズ』とは?

マンション業界では、国指定の第三者機関が客観的にマンション性能を評価する『住宅性能表示制度』が2000年からスタートしましたが、その公的な基準に加え、《ザ・パークハウス》独自の品質管理が行われています。

 


▲例えば、こちらはマンション建設の品質管理における第一段階となる『基本設計・実施設計チェック』。社内の一級建築士を中心とした各分野のスペシャリストたちが設計品質を確認した上で、設計住宅性能評価に基づく等級についても解説入りで開示し、基本性能についての説明が行われます。

 


▲第二段階の『現場巡回・品質管理チェック』。一般的に施工は売主とは異なる建設会社が担当しますが、現場任せにするのではなく、三菱地所レジデンスの品質管理担当者が建設現場を巡回し、各工程でチェックを行っています。わたしたちがなかなか目にする機会のない基礎工事から躯体工事まで、その検査手順が詳しく解説されています。

 

 
▲第三段階の『検査・完成記録』では、実際に実施した検査の完了状況が写真入りでわかりやすく解説されているほか、第四段階の『共用部分定期点検・アフターサービス』では、住戸の引き渡しが完了した後に、エントランスや外壁など共用部分のメンテナンス履歴を記載した「CHECK EYE’S KARTE」が発行されます。

 

こうした検査や修繕の記録というのは“マンションの健康診断書”のようなもの。将来売却を検討する時にも、品質を証明するための大切な資料となりますから、こうした情報をデベロッパー自らが積極的に開示している点も、《ザ・パークハウス》シリーズへの信頼感につながっているのでしょう。
※これらのチェックアイズの冊子は契約者に配布され、各住戸で保管できるようになっています。

 


▲建物だけでなく、外構植栽についても専門家が《ザ・パークハウス》の独自基準に基づき設計品質のチェックを行っています。造園緑化計画の中に生物多様性の保全を取り入れ、鳥や昆虫などが生息しやすい環境をつくり、緑のネットワークを広げる『ビオネットイニシアチブ』を掲げている点も《ザ・パークハウス》ならではの取り組みです。
※オーナーズガーデン:掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。

 

いかがでしたか?近年のマンション業界では、“住まい”という大きな買い物をカスタマーが安心して購入決断できるよう、品質管理も含めた各社ごとの様々な取り組みを打ち出していますが、その安心への取り組みを業界内で率先して行っているデベロッパーのひとつが『三菱地所レジデンス』であり《ザ・パークハウス》シリーズです。

今回は建物の品質管理にまつわる『チェックアイズ』についてご紹介しましたが、次回のレポートでは“入居後の安心”をより長くサポートしてくれるサービス『レジデンスケア』についてクローズアップします。どうぞお楽しみに!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
この物件の他の記事 PAGE TOP