• 分譲マンション
  • 愛知県名古屋市西区
  • 三菱地所レジデンス・三菱商事都市開発・野村不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 名古屋」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 名古屋 > 秋風が心地良い季節、休日のお出かけは名古屋城周辺散策へ!
2020年09月22日

秋風が心地良い季節、休日のお出かけは名古屋城周辺散策へ!

名古屋に長く暮らしていても、意外と「小学校の遠足以降、名古屋城を訪れたことがない」という人が多いことに驚かされます。2018年には『本丸御殿』の公開がスタートし、現在は2022年12月の完了に向けて『名古屋城天守閣整備事業』が進行中。これまで「名古屋城の帰りに立ち寄れるお店がない」といわれていた課題を解消すべく『金シャチ横丁』も開業し、観光客に限らず地元の方にとっても“散策すると楽しいエリア”に生まれ変わりました。

そこで今回のレポートでは【ザ・パークハウス 名古屋】から約2.0km。秋のウォーキングコースにぴったりな『名古屋城周辺散策』の風景をご紹介します!
※名古屋城・・・・・・現地より約2.0km(2020年8月撮影)

国内に63か所しかない『国の特別史跡』のひとつ、名古屋城

 
▲名古屋城はかの徳川家康が、九男の徳川義直(尾張徳川家の家祖)のために建てた城。築城は1615(慶長20)年。「金鯱」の印象が強いお城ですが、実は鉄壁の守りを固めた要塞機能を備えている“名城”と評価されていて、城郭の国宝第一号に指定された名古屋市民が誇るべき歴史的建造物なのです。
※史実については名古屋城ホームページを引用しました。

残念ながら第二次世界大戦中の戦火によって天守や本丸御殿などの主要建造物は焼失してしまいましたが、それでも“学術上の価値が極めて高い”とされて、1952(昭和27)年には『国の特別史跡』に。ちなみに、特別史跡は国内でも63か所しかなく(多くが奈良県内)、愛知県下ではここ名古屋城だけ!親子で見学に訪れて、名古屋城築城の経緯について知るだけでも、子どもたちの“地域の歴史への興味”が育まれるのではないでしょうか?


▲先日「16年ぶりに金鯱が地上へ降ろされ展示される」というニュースが話題になっていましたが、こちらは名古屋城の入口にある記念撮影用の金鯱レプリカです。築城当初の名古屋城の金鯱には、慶長大判1940枚分の金が貼られていたそうで、尾張徳川家の財政が苦しくなると、金鯱から一枚ずつ金を剥ぎ取って資金に充てていたと伝えられています。この金色の鯱は、単に徳川家の財力を示す豪華絢爛なだけの装飾ではなかったんですね。


▲西之丸・西南隅櫓越しに眺めた天守閣。家康の命により20名の大名たちに石垣づくりが割り当てられ、中でも重要な天守台の石垣は、城づくりの名人・加藤清正が担当したという記録が残されています。これまで何度か積み直しが行われてきたものの、石垣の重厚な佇まいは400年を経ても変わらないまま。当時の大名や職人たちがどのような想いでこれを積み上げたかを想像すると歴史ロマンを感じます。

バーベキューコーナーもあるグルメゾーン『金シャチ横丁』

さて、名古屋城の歴史散策が終わったら、休憩をかねて『金シャチ横丁』へ。

 


▲『金シャチ横丁』は2つのゾーンに分かれていますが、こちらは名古屋城の正門からも近い『義直ゾーン』。味噌煮込みや味噌カツなど、名古屋名物のお店がたくさん揃っているので、県外から遊びに来たお友達を連れて観光をかねて立ち寄るのにもぴったりなスポットです。
※金シャチ横丁 義直ゾーン・・・・・・現地より約1.8km(2020年8月撮影)

 
▲『金シャチ横丁』の名物は、この『金箔ソフトクリーム(900円)』。濃厚なソフトクリームの上に、大きな金箔が1枚貼られています!一説によると金箔には美肌効果があるそうですから、女性の方はぜひ試してみては(笑)?


▲2020年5月からはビアガーデンを備えた『BBQパーク』がオープン!食材も器材もすべて用意されているので“手ぶらでバーベキュー”が楽しめます。ちなみに、9月中は食べ放題・飲み放題で3時間4500円(子ども2200円)のキャンペーンを行っているとのこと。わざわざ郊外まで出かけなくても、お散歩をかねて名古屋都心で気軽にバーベキューが楽しめるというのは嬉しいですね!

 
▲一方こちらの『宗治ゾーン』には、普段使いにできるお洒落なカフェやレストランなど、グルメサイトで評判のお店が集まっています。筆者も個人的によく利用しているのが創作串揚げの『つだ』。本店(東区泉)にはないランチ営業も行っているのでママ友同士のランチ女子会にもオススメです。
※金シャチ横丁 宗治ゾーン・・・・・・現地より約2.5km(2020年8月撮影)


▲なお、この『金シャチ横丁』が広がる名古屋城の外堀一帯は『ヒメボタル』の生息地としても知られていて、5月中旬ごろに観察のピークを迎えます。親子でホタル観賞をかねて“夜のお散歩コース”にしてみてはいかがでしょうか?

さて、次回のレポートでは、もう少し足を延ばして『名城公園』を散策します!どうぞお楽しみに。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事 PAGE TOP