• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > 【マンションコラム⑤】実際の建物を内覧できる『完成済みマンション』のメリットとは?
2018年09月22日

【マンションコラム⑤】実際の建物を内覧できる『完成済みマンション』のメリットとは?

さて、前回までのマンションコラムでは、
新築マンションと中古マンションのそれぞれのメリット・デメリット』の検証や
住まい購入前に知っておきたい防災チェックポイント』等についてご紹介してきましたが、
今回は『完成済み(実物が見学できる)マンションのメリット』について考えてみましょう。
※以下、掲載した建物外観はザ・パークハウス 南浦和フロントの様子・・・・・・2018年9月撮影。

“想像”ではなく“現物”で判断できる心強さは大きなメリットに

一般的に、新築分譲マンションでは、ほとんどの物件が建物の完成を待たずに販売がスタートするため、
多くの方はマンションギャラリーやパンフレット等の情報からその物件の魅力についてじっくり考え、
最終的に「購入するか?否か?」を決断することになります。

例えば、外観のデザインや雰囲気についても、ギャラリーに展示されている建物模型や、
パンフレットに掲載された完成予想図・イメージCGから実際の建物を“想像”することになるわけですから、
特に「初めてのマンション購入」という方にとっては「現物を見ないまま決断してしまって本当に良いのかな?」と
不安になる方も多いことでしょう(実は筆者も最初の物件購入時にはかなり緊張しました・笑)。

ひとつ、ここで補足しておきたいのは、マンションギャラリーの建物模型やパンフレットのイメージCGは
“かなり精巧につくられている”ということ。

建物の形や素材の色等はもちろんのこと、共用スペースの植栽についても極力実際の仕上がりに近づける形で、
制作担当者の方たちがかなり苦心をしながら模型やCGを作成していますから、
完成後の建物を見ると「おお、見事にパースのイメージ通りに仕上がったなぁ」と感心してしまうほどです。

============================

とはいえ、やっぱり『購入前に実物を確認できるか?できないか?』は、契約者の皆さんにとって大きな違い。

その点、【ザ・パークハウス 南浦和フロント】は、すでに工事の養生シートがはずれて
実際の外観を敷地外側から確認できるようになっていますし、
来月10月中旬には建物が完成する予定ですから、いよいよ“実際の住戸の中の様子”も確認可能となります。

この点は、いま契約を検討している方にとって心強い“決断ポイント”になるのではないでしょうか?

 
▲こちらは、筆者が訪れた9月18日時点の現地の様子。まだ敷地外周には工事の柵が設置されていたため、
エントランスの中の様子までは確認できませんでしたが、やはり外壁タイルの色合いや
素材の質感などを実際に近くで見てみると“外観の迫力”や“街の中での存在感”をリアルに実感できます。



▲エントランスのまわりを彩る植栽たちもすでに植え込みがはじまっている様子。
以前、エクステリアの植栽を担当している方にお話をうかがったところ、冬場や真夏の植え替えは
植物たちにとってもストレスがかかるため、途中で元気をなくしてしまう樹木もあるそうですが、
ちょうど今頃の秋口や春先は植物たちの成長シーズンでもあるので、新しい環境に馴染みやすくなるそうです。
こうした点でも10月中旬の完成物件というのは“ベストなタイミング”なんですね!



▲現時点では、建物の外側から「窓からの眺望や明るさ」を想像しているだけですが、
実際のお部屋を内覧することができれば、窓辺に広がる風景や、室内の明るさ、風通し、各部屋の広さ、
天井の高さ、収納の奥行き、動線の快適さ
なども隅々までチェックできます。
内覧の際には、お部屋に入ったときの“第一印象”がとても大切ですから、(特に女性の方は)五感を研ぎ澄まして
「居心地の良い空間かどうか?」を自分自身に問いかけてみてくださいね(笑)

※JR『南浦和』駅西口から現地方向を眺めた様子・・・・・・現地より徒歩2分(約100m)/2018年9月撮影。

この“初めての内覧”は本当にワクワクする時間で、住まい選びの醍醐味でもあります。

また、各階のエレベーターホールから共用廊下、そして、住戸玄関前にかけての雰囲気は
この場所での新生活がスタートしたら“毎日通ることになるスペース”ですから、意外に大切な部分。
モデルルーム見学だけではなかなか想像しにくい“共用部の様子・雰囲気”までじっくりと確認できる点も
現物を内覧できる完成済みマンションならではの大きなメリットと言えるでしょう。

 
▲なお、建物完成後の内覧スケジュールについては10月に入ってから確定する予定です。
詳しくはJR『南浦和』駅西口ロータリー前にあるレジデンスギャラリーを訪れて確認してみてくださいね!

※南浦和レジデンスギャラリー・・・・・・2018年1月撮影。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP