• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > 夏休み、地元のプールで遊ぶなら『沼影市民プール』へ!
2018年08月24日

夏休み、地元のプールで遊ぶなら『沼影市民プール』へ!

子どもたちの夏休みも残すところ1週間。
今年の夏は各地で40度超えを記録したほどの酷暑続きでしたから
「昼間の外出を控えていたので、子どもたちとプールへ遊びに行く機会がなかった」
というご家庭も多いかもしれませんね?

そこで!ようやく暑さが落ち着いてきたこの夏休み終盤、気楽にお出かけできる『地元プール』で
夏休み最後の思い出づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか?
※以下、沼影市民プール(沼影公園)・・・・・・現地より約3.0km/2018年8月撮影。

スパイラルスライダーや流水プールなど、9つのプールゾーンが人気!

  


▲この地域で“最大級”の屋外プールとされているのがこちらの『沼影市民プール』。
外観は少々レトロな印象ですが(笑)それもそのはず!
実はこの『沼影市民プール』は、旧浦和市時代に「海のない浦和市にプールを!」という市民からの要望により、
1971(昭和46)年7月に“初の市営プール”として誕生した施設で、
現さいたま市内で“最古”の市営プールなのだとか!
4世代に渡って通う人も多いという地元の方たちの間では「沼プー」の愛称で親しまれています。
(地元の方のお話によると、蕨にも市民プールがあるもののこちらのほうが規模が大きいため、
このエリアの子どもたちは夏休みになると「沼プー」へ遊びに来るそうです)



▲毎年夏場には10数万人の人出を記録するという「沼プー」の人気の秘密は、
市営プールだからといって侮れないほどの施設の充実度!
長さ100メートルの『スパイラルスライダー』や、全長260メートルの『流水プール』、
子ども連れでも安心して遊べる水深の浅い『幼児プール』『子供プール』などなど、
屋外・屋内を含めて9つのプールゾーンに分かれています。



▲施設内部は撮影禁止のため外観写真でのご紹介になりますが、
『スパイラルスライダー』は高さ12.85mと、ビルの4階と同じぐらいの地点から滑り落ちるスリル感が大人気!
この日はあいにく急なお天気雨に降られたのですが、
それでも子どもたちの元気な笑い声は絶えることなく、囲いの外まで響きわたっていました。

※スパイラルスライダーの利用は小学生以上、身長120センチ以上となります。

沼影市民プール前までは『南浦和』駅西口からコミュニティバスが運行



 
▲ちなみに、こちらの『沼影市民プール(沼影公園)』では、
7月上旬から9月上旬まで、今回ご紹介した『夏期屋外プール』がオープンするほか、
屋内プールは通年で利用が可能。他にも、リトミックやダンスなどの『子供体育教室』の開催、
冬期は12月中旬から2月中旬まで、屋外の50mプールが『アイススケート場』として開放されるなど、
1年を通して家族の体力づくり&レジャースポットとしても利用できますよ!


 
▲【ザ・パークハウス 南浦和フロント】から『沼影市民プール(沼影公園)』へ向かう場合は、
マンションから徒歩2分のJR『南浦和』駅西口ロータリーから、
さいたま市コミュニティバス(南区役所線)が運行しているのでお出かけの時に便利。
『沼影市民プール』バス停で降りると約20分(大人200円・子ども100円・幼児無料)で到着します。

※南浦和西口ロータリーバス乗り場・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2018年8月撮影。

いかがでしたか?
自宅から普段着のままで出かけられる気軽さも嬉しいレジャースポット『沼影市民プール』。
ぜひ今年の夏休みのしめくくりに、ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか?

■沼影市民プール(沼影公園)
住所/埼玉県さいたま市南区沼影2丁目7−35
■料金/通常利用の場合1回大人430円(小学生~高校生は210円、幼児以下無料)
■2018年の夏期屋外プール営業日と時間(毎年営業日程は異なります)
7月1日(日)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)・16日(月)と
7月20日(金)から8月15(水)までは9:00~17:30
8月16(木)から9月2日(日)までは9:00~17:00
※天候不良の場合、中止及び途中閉場する場合があります。
※その他沼影公園の施設に関する情報は↓こちらのホームページ↓をご覧ください。
http://www.numakage-park.com/

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP