• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > 【マンションコラム①】資産性を維持しやすいマンション、選び方のポイントは?
2018年07月09日

【マンションコラム①】資産性を維持しやすいマンション、選び方のポイントは?

「さぁ、家探しをはじめるぞ!」と思い立ち、マンションのモデルルーム見学を行うのはとても楽しい時間です。

しかし、ただ「楽しいだけの時間」を過ごしていても、ちゃんと目的を持っていないと迷ってしまうばかりで
なかなか次の一歩を踏み出すことができず、せっかくの見学時間を無駄に使ってしまうことも少なくありません。

そこで今回から2回に渡って、住宅ライター歴20年・分譲マンション購入歴4回の筆者が
『マンションの選び方のコツ』について解説します。

============================================

今回クローズアップするのは『資産性を維持しやすいマンションの選び方とは?』についてです。
※写真はJR南浦和駅西口ロータリー(現地より徒歩1分/約80m)から眺めた建設中の現地の様子・・・・・・2018年5月撮影。

『マンションを買う』ということは
『住まいを買う』『資産を持つ』の2つの意味があることを覚えておこう!

住宅情報誌などをチェックしていると、よく『資産性』という言葉を目にすると思います。

実は『マンションを買う』ということは、もちろん『住まいを買う』という目的が大前提なのですが、
もうひとつ、重要な目的として『マンションという名の資産を持つ』という2つの意味があることを
マンション購入前に認識しておくことが大切です。

ちなみに、マンション購入回数が増えて“不動産慣れ”してくると、ついつい『資産性』ばかりに目が向いてしまい、
本来の目的である『住まいを買う』ということを忘れがちなのですが、これはNG(笑)

あくまでも『住まいを買う』&『資産を持つ』という双方のバランスが取れてこそ
“良い買い物”であり“良い資産形成”につながると筆者は考えています。


▲『住まいを買う』という視点でマンションを選ぶ場合、実は現地を訪れたときの第一印象がとても大事!
(このビビビ!という直感はきっと女性のほうがお得意ですよね・笑)
「駅から近くて便利だな」とか「緑が多くて気持ち良いな」「街を歩いている人たちの雰囲気がステキだな」など、
これから暮らすことになる街の“居心地の良さ”を、五感を使って感じ取るようにしましょう。
なお、「住み心地の良さ」というのは個人個人の感性によって全く違うものですから、“正解”はありません。
自分自身で「この街なら心地良く暮らしていけそう!」と感じたら、その直感を大切にすることをオススメします。

※徒歩1分(約50m)の『北原公園』から現地を眺めた様子・・・・・・2018年6月撮影。

資産性を維持しやすいマンション、どんなところに注目したら良いの?

一方、『資産を持つ』という視点でマンション選びをする際には、“個人の感性”だけで判断するのは危険です。
将来の売却や賃貸マンションとしての運用など「物件の流動性」を意識した上で、

●そのエリアの住まいニーズはどのような状況か?(住宅地としての人気度)
●どのような人たちから支持を集めているか?(居住性や世代・世帯の分析)
●今後そのエリアがどのようなのびしろを持っているか?(地域の発展性)


などを(まず個人的志向を切り離して)冷静に分析しておく必要があります。

なぜなら『そのエリアの住まいニーズを把握しておくこと』や『その街の未来像を把握しておくこと』は、
そのマンションの『資産性』を占う目安となるからです。

当然ながらエリアごとに“ファミリー向け・シングル向け”などの特性の違いはあるのですが、
一般的に(筆者の経験も含めて)『資産性を維持しやすいマンション』というのは、

●駅近であること(最寄り駅が始発駅・乗換え利便の良い駅ならなお良し)
●都心アクセスがスムーズにおこなえること(通勤利便性はやはり大事)
●主な生活施設が集積されていること(多世代が暮らしやすく住まいニーズを維持しやすい)
●ある程度のマンション規模・戸数があること(これについては次回詳しく解説します)
●教育環境が良好であること(通学校を意識することでファミリーニーズが高まりやすい)


などが条件に挙げられます。


▲『資産性』の分析については情報収集と冷静かつ客観的な視点が必要。マンションギャラリーの販売スタッフの方は
こうした地域情報・ニーズ分析にも長けているため、プロの意見を参考にしてみるのも良いでしょう。


============================================

いかがですか? こうした視点で冷静に分析してみると、
【ザ・パークハウス 南浦和フロント】は上記の主なポイントをしっかりクリアしているマンションだと言えますし、
もしあなたが『南浦和』駅に降り立ったときにビビビ!という街の魅力を感じたなら、
『住まいを買う』&『資産を持つ』という2つの目的のバランスが取れた物件と判断できるのではないでしょうか?
(ちなみに、筆者個人的には、あの『南浦和』駅へ降りたときののんびりとした穏やかさと、
のんびりしているのに、駅前には百貨店等が揃っている買い物利便性がとても気に入っています・笑)

ぜひ皆さんも、マンション探しをスタートしたら、単に「モデルルーム見学」を楽しむだけでなく
(もちろん気軽にマンションギャラリーを訪れて楽しく見学することは良いことですが・笑)
こうした『住まいを買う』『資産を持つ』という2つの視点を大切にしながら
“運命のマンション”をじっくりと吟味してみてくださいね!


▲さて・・・JR『南浦和』駅に降り立ったとき、あなたの“第一印象”はどんな風に感じられるでしょうか(笑)?
※JR南浦和駅西口ロータリー(現地より徒歩1分/約80m)の様子・・・・・・2018年5月撮影。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP