• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > 梅雨の晴れ間に出かけたい、ご近所公園を紹介します!
2018年06月22日

梅雨の晴れ間に出かけたい、ご近所公園を紹介します!

6月6日に例年よりも2日早く梅雨入りした関東甲信地方(梅雨明けは例年だと7月21日)。
「今年は空梅雨」とも言われていて、しとしとと長雨が続く状況ではありませんが、
毎日どんよりと曇った梅雨空を眺めていると、気持ち的にもどんより凹んできますよね(笑)

特に、小さな子どもたちにとって、お外遊びのできない梅雨時というのは
「元気パワーを持て余してしまう期間」になるため、部屋の中でお相手をする親御さんも大変!
「子どもたちがパワーを発散できる梅雨の晴れ間を楽しみに待っている」
というパパ・ママも多いのではないでしょうか(笑)?

そこで今回は、梅雨の晴れ間に気軽に出かけて“元気発散”できそうな
【ザ・パークハウス 南浦和フロント】の『ご近所公園』を3つ、ご紹介します。
※上の写真以下は、現地そばの北原公園の様子・・・・・・現地より徒歩1分(約50m)/2018年6月撮影。

①ご近所公園と言えばココ!まだヨチヨチ歩きのお子さんでも、
気軽にお出かけしやすい距離にある『北原公園』


▲【ザ・パークハウス 南浦和フロント】から一番近くにある公園が、こちら。
徒歩1分(実際に歩いてみるともっと近く感じます)の場所にある『北原公園』です。
マンションのエントランスを出てから数十歩で到着できるほどの近さなので、
まだ歩き始めたばかりの小さなお子さんを連れていても、安心してお出かけできる距離にあります。



▲この『北原公園』と言えば、以前もレポート内でご紹介したとおり、
“大きな桜のある公園”として地元ではお馴染みですが、
雨の恵みを受けて新緑を広げる今の季節の風景もとても美しいのです。

※上の写真は2017年4月に撮影したもの。


▲その様子がこちら!大きな桜の枝が“自然のサンシェード”になって、
下の砂場で遊んでいる親子に心地良い日陰スペースを作り出してくれています。
広すぎず、狭すぎず、園内全体を一目で見渡すことができる“ちょうど良い規模感”なので、
小さなお子さんを連れてお出かけするときにも安心できそうですね!

②「走っている電車がすぐ近くに!」男の子に人気の『水深公園』


▲一方、こちらは大きなケヤキの木立が爽やかな『水深公園』。
JR『南浦和』駅の西口ロータリーから南へ進んだところにある公園で、
すぐ近くには『浦和南本町郵便局』があるので、郵便局で用事を済ませたついでに、
この公園に立ち寄って遊んで帰る子連れママさんたちが多いようです。

※以下、水深公園・・・・・・現地より徒歩5分(約330m)/2018年6月撮影。

公園のまわりは車通りの少ない静かな道路。
元気にかけっこできる広々としたグラウンドスペースがあり、カラフルな遊具も置かれているので、
子どもたちが“元気発散”をするにはピッタリなスポットです。

 
▲実はこの公園、ご近所の方のお話によると「男の子たちに人気がある公園」とのことなのですが、
その理由というのが「走っている電車をすぐ近くで見ることができるから」なのだとか(笑)
(実は先ほどの『北原公園』からも電車を眺めることができますが、
ちょうど駅のホームの前なので、停まっている電車のほうが多いのです)
この公園に遊びに来ると、電車好きなお子さんの豊かな感性を、
“ますます引き伸ばしてあげることができる”かも?しれませんね(笑)

③色づく1100本のあじさいが楽しめる『大谷場氷川神社ふるさとの森』


▲さて、3つめにご紹介するのは、筆者がいつも個人的にふらりと立ち寄りたくなる場所、
『大谷場氷川神社ふるさとの森』です。
正式には神社の鎮守の森にあたるため“公園”ではないのですが、
地元の人たちが自由に散策できる憩いの場となっています。
この鬱蒼と茂る緑たちの清々しさ・・・思わず深呼吸したくなる気持ちの良いスポットです。

※以下、大谷場氷川神社ふるさとの森・・・・・・現地より徒歩4分(約280m)/2018年6月撮影。

この『大谷場氷川神社ふるさとの森』の見どころとなっているのが、
1100株のあじさいが植えられた『小さなあじさい園』。
(“小さな”と名づけられていますが、なかなかどうして!充分立派なあじさい園です)

 

  
▲もともとは20年以上前に、近所の花屋さんが、
売れ残ってしまったあじさいの株をこちらへ寄付したことからはじまったそうですが、
地元の方たちが株分けをしたり、挿し木をしたりして大切に育て上げ、今では1100株にまで増えたのだとか。
(写真の右上の白と左下のピンクは珍しいアメリカアジサイ『アナベル』です)


筆者が訪れたのは6月上旬だったので、まだ色づきの途中でしたが、
これからどんどん雨が降り、地中のアントシアニンの吸収量が増えていくと、
あじさいたちがキレイに色づいていくそうですよ!
※例年の見ごろは6月下旬とのことです。

============================

いかがでしたか?
自宅マンションから徒歩5分圏内にこれだけの公園スペースがあれば、
外で元気に走り回りたい子どもたちだけでなく、私たちオトナも、
久々の太陽の光と緑の木陰を感じるためにお出かけしたくなりそうですね!

ぜひ皆さんも現地を訪れたら“お気に入りのご近所公園”を散策してみてくださいね。


▲今回ご紹介した公園の場所は、上記地図内に赤丸で示した3つのスポットです。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP