• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > リビングのカタチで住まいを選ぼう【2】家族の成長に合わせて空間をアレンジできるタテ長リビングの《Eタイプ》
2018年04月29日

リビングのカタチで住まいを選ぼう【2】家族の成長に合わせて空間をアレンジできるタテ長リビングの《Eタイプ》

さて、前回のレポートでは、
●リビングのカタチによって、住空間の『イメージ』がガラリと変わる。
●リビングのカタチは、バルコニーに対して横に広がるヨコ長リビングと
バルコニーに対して縦に広がるタテ長リビングの2種類に大きく分類される。

という間取りのお話をご紹介しました。

前回取り上げた《Aタイプ》は、
家族の団らんスペースにワイドな広がりが感じられるヨコ長リビングプランでしたが、
今回はタテ長リビングの《Eタイプ》を例に挙げて、その魅力を検証してみましょう。

空間の可変性を高めるタテ長リビング、74.03㎡の角住戸《Eタイプ》



▲こちらの《Eタイプ》は、南東&西側角住戸に位置するタテ長リビングの間取り。
専有面積74.03㎡の3LDK+WIC(ウォークインクローゼット)で、
リビングだけでなく、洋室3部屋がすっきりとタテに並んだ特徴的な“タテ型配置”プランです。
どのお部屋も(共用廊下側ではなく)外向きの窓に面していて、しかも浴室にも窓付き。
通風性・採光性が高められた開放的な空間は、角住戸ならではの魅力ですね!



▲バルコニー面の南東側はJR『南浦和』駅の西口ロータリー、
西側は住宅地で近接する大きな建物は見当たらないため、
《Eタイプ》の上層階住戸からは、南東向き・西向きのそれぞれの居室からワイドな眺望を満喫できそうです。


実は(筆者の記憶するところでは)10年ほど前まで、
マンションの間取りは圧倒的に『ヨコ長リビング』プランが多かったのですが、
最近は子育てファミリーを中心にして『タテ長リビング』の支持率が高まっています。


▲その人気の秘密は、リビングと洋室の間に設置された『引き戸』にあり!

 
▲本来は『壁』で区切られてしまうはずの部分に『引き戸』を使うことにより、
その開閉によって、大掛かりなリフォームは不要で2LDK←→3LDKを自在にアレンジできるのです!
(引き戸なら、女性やお子さんの力でもカンタンに動かせるのが嬉しいですね!)



▲そのため、お子さんがまだ小さく勉強部屋が要らない“すくすく成長期”には、
上のモデルルームのコーディネートのように『引き戸』を開放しておけば、
合計約16.9畳の大空間リビングとして使用可能。
本来は『タテ長リビング』だった3LDKプランを
『ヨコ長リビング』の2LDKとしてワイドに使うことができます。



▲余談ですが、『引き戸』は天井からの吊り下げ式になっているので床面がフラット。
レールの溝にホコリがたまる心配もなく、お掃除がカンタンにできますよ(笑)


その後、お子さんが成長して小学校高学年から中学校・高校へと進学し、
集中して勉強できる個室が必要になったら、『引き戸』をぴったり閉じて3LDKに変更。

さらに、大学進学・社会人となり、お子さんが独立して夫婦だけの生活に戻ったら、
再び『引き戸』を開放して大空間リビングのある2LDKに変更できます。

このように、家族の成長に合わせて
気軽に部屋の広さ・部屋数を変更できる“住空間の可変性の高さ”は
『タテ長リビング』プランの大きなメリットであり、長く快適に暮らせるポイントとなっています。

=============================================

さて、みなさんはどちらのリビングプランがお好みでしたか?

今回ご紹介した『タテ長リビング』も、前回の『ヨコ長リビング』も、
それぞれに間取りの魅力・特徴がありますから、
この先の『ライフステージの変化』や、
家族の中で大切にしたい『空間の在り方』についてもじっくりと話し合いながら、
理想的なリビングプランを検討してみてくださいね!

※掲載している室内写真・設備仕様等の写真は、ザ・パークハウス 南浦和フロントモデルルーム〈Cタイプ、カラーセレクト:キャメルチーク〉を撮影(平成29年11月)したもので、有償のビルトインオプション・ドレスアップオプション(エアコン、カーテン、造作家具、照明等)・個別設計変更も含まれています。家具、カーテン、装飾用小物等は販売価格に含まれません。メニュープラン、カラーセレクト、各種オプション等の申し込みは終了しています。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP