• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > コンパクトながら快適機能が充実、JR『南浦和』駅の利便性をチェック!
2018年03月17日

コンパクトながら快適機能が充実、JR『南浦和』駅の利便性をチェック!

※JR『南浦和』駅西口ロータリー周辺の風景・・・・・・現地より徒歩1分(約80m)/2018年3月撮影。

【ザ・パークハウス 南浦和フロント】の最寄り駅は、徒歩2分の場所にあるJR『南浦和』駅。

筆者はこの1年、レポート取材のため毎月『南浦和』駅に降り立ってきましたが、
1年前には無かったエレベーターが新設され、駅の構内には新しく店舗が増え、
確実に快適な機能が向上していることを実感しています。

『東京』駅や『大宮』駅のように、ビッグターミナル然とした派手さはありませんが(笑)
コンパクトながらもちゃんと主な施設が揃っている使いやすい駅・・・『南浦和』。

そこで今回は、改めてJR『南浦和』駅の快適機能をご紹介します。

住民票や印鑑証明も駅前で取得可能、『市民の窓口』が駅前に!


▲JR『南浦和』駅には、東口と西口がありますが、
【ザ・パークハウス 南浦和フロント】は西口に位置しています。
駅を出るとすぐ目の前に“我が家”が見える安心感は、前回のレポートでもお伝えしたとおり。
このマンションの『駅近利便性』と『不動産としての魅力』を感じることができる最大の特徴となっています。


 
▲そんな西口出口のすぐお隣にあるのが『さいたま市南浦和駅市民の窓口』。
さいたま市の南区役所は、ひとつお隣のJR『武蔵浦和』駅前にあるのですが、
わざわざ『武蔵浦和』まで出かけなくても、最寄りの駅前で主な手続きが済ませられるのがうれしい!

※さいたま市南浦和駅市民の窓口・・・・・・現地より徒歩2分(約150m)/2018年3月撮影。

午前8時30分から午後7時00分まで窓口が開いているので、仕事の行き帰りに立ち寄ることも可能で、
●住民票の写し
●印鑑登録証明書
●戸籍に係る証明書
●税証明書等の交付
●公金の収納

などに対応してもらえます。

これから新居への引越しを行うことになると、何かと公的書類が必要になりますから、
“徒歩2分の場所で書類を取得できる”と思うと、何となく気分が楽になりますね(笑)

西口バスターミナルからは『イオンモール』行きのバスも!

 
▲広々とした西口ロータリーはJR『南浦和』駅の交通広場的な役割を果たしており、
タクシープールには常に数台のタクシーが待機しています。
【ザ・パークハウス 南浦和フロント】は、駅近立地にありますから、
「マイカーは持たない予定」という方も多いと思いますが、
例えば、家族の急な体調不良等で常盤6丁目にある『さいたま市浦和休日急患診療所』を利用したいという時には、
マイカーが無くても自宅近くからさっとタクシーに乗車できるため、心強さが感じられます。

※JR『南浦和』駅西口ロータリー・・・・・・現地より徒歩1分(約80m)/2018年3月撮影。

 
▲また、バスターミナルからは、約140の専門店が集まる巨大ショッピングモール
『イオンモール北戸田』行きのバスが出ており、乗車時間約15~16分で到着!
(国際興業バス公式サイトの平日時刻表より)
のんびりと“バス旅気分”を楽しみながら家族でショッピングに出かけてみてはいかがでしょうか?

※JR『南浦和』駅西口ロータリー・・・・・・現地より徒歩1分(約80m)/2018年3月撮影。

ふんわり美味しいわらび餅の香りが漂う駅構内

 
▲こちらは、駅の西口に昨年3月に新しく設置されたエレベーター。
『南浦和』エリアにはベビーカーを利用する子育てファミリーが多く暮らしているため、
「エスカレーターだけだと使いにくい」という地元の声を受けて新設されました。
余談ですが、西口ロータリーの周辺には、地元の方たちによってお手入れされた花壇に
いつもカラフルな季節の花が咲いているため、これを眺めると気持ちがほっこりします(笑)

※JR『南浦和』駅西口ロータリー・・・・・・現地より徒歩1分(約80m)/2018年3月撮影。

 

  
▲駅改札の前には人気の『わらび餅店』があり、いつもわらび餅の甘~い香りが漂っています。
ついつい買って帰りたくなってしまうため、空腹時は特に要注意(笑)
新幹線など特急チケットの予約購入に便利な『みどりの窓口』や『コンビニエンスストア』、
最近女性の間でも“ヘルシーなファストフード”として人気の『立ち食い蕎麦店』(着席可能)なども揃っていますよ!

※JR『南浦和』駅改札外の様子・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2018年3月撮影。

=============================================

いかがでしたか?
『コンパクトながらも使いやすい駅』という表現がおわかりいただけたのではないでしょうか?

一日に何十万人もの乗降客が利用するビッグターミナル駅には、
もっと多彩な機能や施設が揃っているかもしれませんが、
大きな駅というのは、ホームに降り立って人ごみの中を歩くだけで、どっと疲労感が増してしまうもの・・・

筆者個人的には、このJR『南浦和』駅の“適度な規模感”と
“適度な駅機能が揃っている点”
がとても好ましく、この駅の魅力だと思っています。

ぜひ皆さんも実際にJR『南浦和』駅に降り立って、コンパクトな快適さをチェックしてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP