• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > 「18時に丸の内のオフィスを出て何時に帰宅できる?」をシミュレーション!
2018年03月10日

「18時に丸の内のオフィスを出て何時に帰宅できる?」をシミュレーション!

※JR『東京』駅丸の内北口・・・・・・2018年3月撮影。

国家の成長戦略のひとつとして『働き方改革』が推進されているいま、
「どのように効率よく仕事をするか?」
「どのようにプライベートの時間を確保するか?」
については、仕事を持っているわたしたち自身もしっかりと向き合わなくてはいけない
ワークライフバランスを保つための課題となっています。

仮に、無駄な残業を一切なくし、18:00の定時ぴったりに退社をして
そこから深夜までの時間を“プライベートのための時間”としてゆったり使うことができたら、
自分にも家族にも精神的なゆとりが生まれるかもしれません。
(もちろん、夕飯の準備や部屋の掃除など、
家事をこなしているとあっという間に時間が過ぎていきますが、
仕事に追われがちな平日にも“仕事以外に使える時間”が上手く確保できれば、
気持ちの余裕につながるのではないでしょうか?→これは筆者自身の実感です・笑)

=============================================

そこで今回のレポートでは、「18時ぴったりに丸の内のオフィスを出たら、
【ザ・パークハウス 南浦和フロント】の我が家へ何時に帰宅できるか?」を、実際に体験してみました。

18時に丸の内のオフィスを出たら、
NHKの『ニュース7』が始まる前には自宅のリビングに!

 
▲平日の夕方18時。定時ぴったりに丸の内のオフィスを退社してJR『東京』駅へ向かいます。
※東京・丸の内オフィス街の風景・・・・・・2018年3月撮影。

 
▲家路へと急ぐ人たちの流れに沿って丸の内北口へ。
※JR『東京』駅丸の内北口・・・・・・2018年3月撮影。

 
▲『南浦和』へ向かう京浜東北線(大宮方面行き)の3番線は改札からも近いため、
広い東京駅の構内を歩かなくてもすぐにホームに到着します。
このとき、なるべく『有楽町』寄りの乗り場から乗車するようにすると、
『南浦和』で降りたときに改札が近く、移動がスムーズになりますよ!
ここで『東京』駅を18時10分に発車する京浜東北線に乗車。

※JR『東京』駅の様子・・・・・・2018年3月撮影。


▲帰宅ラッシュの時間帯のため「車内はかなり混雑しているのかな?」と思いきや・・・
『東京』駅で降りる人も多く、タイミングが良ければ“座って帰宅”も可能な様子。
隣の人と密着しなくても済む程度の適度な混み具合でした。
普通電車の場合『東京』~『南浦和』の乗車時間は39分。
この時間を利用して、明日の業務のシミュレーションをしたり、
友人へのメール返信を済ませたりと、車内で過ごす時間も有意義に使えます。

※京浜東北線の様子(車内)・・・・・・2018年3月撮影。


▲こうして定刻通り、18時49分頃に『南浦和』駅に到着!
『南浦和』駅では、武蔵野線への乗換え客も多いため一斉に乗客が降車します。

※JR『南浦和』駅のホーム・・・・・・現地より徒歩3分(今回の実測値)/2018年3月撮影。


▲改札を出て西口ロータリー前に降り立つと、
目の前に建設中の【ザ・パークハウス 南浦和フロント】の姿が!
ここまで来たら「我が家はもうすぐそこ」です。

※JR『南浦和』駅西口ロータリー・・・・・・現地より徒歩1分(今回の実測値)/2018年3月撮影。


▲(写真の焦点が時計から外れてしまっているのが痛恨の極みですが・笑)
18時52分、マンションエントランス前に到着!
集合ポストの郵便物をチェックし、エレベーターに乗って我が家へ・・・
荷物を置いてリビングでほっと一息つきながらテレビの電源を入れると、
ちょうどNHKの『ニュース7』が始まる時間ですね(笑)


=============================================

今回実際に帰宅シミュレーションをしてみて、『東京』駅から乗換えなしの直結
しかも、駅を降りたらすぐ我が家、という利便性を改めて実感できたのと同時に、
18時にオフィスを出れば、19時のテレビニュースを自宅で観ることができる
という帰宅スピード感も、心地良く感じられました。
(これなら、“1日中働いてきたのに、さらに帰宅時間にどっと疲れてしまう”ということもないでしょう・笑)

平日19時から深夜までの“プライベート時間”をゆったりと過ごせる住環境・・・
ぜひこの点にも注目しながら、住まい選びを検討してみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP