• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > 何を、どこへ、どう片付ける?を明確にして収納効率アップ!~アイズプラスが提案する住まいの新しい価値③~
2018年02月27日

何を、どこへ、どう片付ける?を明確にして収納効率アップ!~アイズプラスが提案する住まいの新しい価値③~

多くの方にとって、住まい探しをはじめるきっかけとなるのは
結婚・出産・入園・進学など、家族のライフイベントが近づいているから」とか、
家族の成長に伴って、今よりももう少し広い家で暮らしたいから」といった理由が大半を占めているようです。

実は、「もう少し広い家で暮らしたいから」という希望に関しては、
住まいの広さを表す専有面積の数字に注目することももちろん大切ですが、
それに加えて「その面積をいかに有効に活用できるか?」
「収納家具やモノを置かずに済む工夫がどのように取り入れられているか?」
についてもしっかりとチェックしておきたいところです。

【ザ・パークハウス 南浦和フロント】に導入されている
三菱地所レジデンス独自のものづくりの取り組み『アイズプラス』では、顧客の意見を積極的に取り入れ、
収納スペースをもっと効率よく機能的に活用し、居室空間を広々と使うための工夫がいっぱい!

そこで今回は『アイズプラス』ならではの収納へのこだわりについてクローズアップしてみましょう。

こんな収納スペースがほしかった!
アイズプラスストレージ フトン&ソウジにはうれしいアイデアがいっぱい!


▲今回取材をしたCタイプモデルルームの収納スペースの中で、最も目を惹いたのはこちらの洋室収納。
一見したところ、ごく普通のクローゼットのように見えますが、実は・・・



▲うわぁ!想像していたものとは違う形状で、
たくさんの可動棚が設置され、様々なアイテムが収納されています。
これが『アイズプラス』独自の収納システム、
アイズプラスストレージ フトン』と『アイズプラスストレージ ソウジ』です!


 
▲『アイズプラスストレージ フトン』は、その名の通り布団をスムーズにしまえるように設計された収納。
従来のマンションのクローゼットの場合、どうしても和室押入れより奥行きが足りず、
羽根布団や毛布などの季節布団・客用布団の収納スペースに困りがちでしたが
この『アイズプラスストレージ フトン』では奥行きを約850ミリ確保することによって、
(ちなみに、ごく平均的なクローゼットの奥行きは約600ミリ)
かさばる布団用具一式も楽々収納できる設計になっているのです。
※下段は可動棚なので、必要なスペースに合わせて高さ調整も可能です。



▲また、布団スペースの下には、可動ハンガーパイプが設置されているため、
クローゼットとしての使用も可能となっているほか、
ハンガーパイプの奥の空きスペースを活用して奥可動棚を設置。
写真では奥可動棚にアイロングッズが並んでいますが、
たとえば、冬のマフラーや厚手のストッキング、夏のタンクトップやショールなど、
季節限定の活躍アイテムをカゴに入れて
「使わない時期は奥の棚へ、使う時期は手前へ・・・」と入れ替えるようにすると、
春夏物・秋冬物の衣替えもカンタンにできそうですね!


 
▲一方、こちらは『アイズプラスストレージ ソウジ』です。
ユニークなのは扉の内側に設置されたスリッパホルダー
お客さま用のスリッパというのは、使う回数は少ないものの、崩れしないように保管しなくてはならず、
意外に場所を取ってしまうため「どこにしまうか?」で困りがちですが、
これがあれば、形崩れすることもなく邪魔になることもなく(笑)、スッキリしまっておけますね。


 
▲最近流行りのスティック型掃除機やフロアモップなどの柄の長いお掃除アイテムは、
片付けるのが面倒でついつい部屋の中に出しっぱなしになりがち・・・
でも『アイズプラスストレージ ソウジ』には、
長尺アイテムもスムーズにしまえる掃除道具エリアが設けられているので
ここを定位置として決めることができます。
しかも、扉を開けたときに前へ倒れやすい長尺アイテムを支える転倒防止バーまでついていますから、
小さなお子さんが扉を開けるときも安心。
バーの角度は右の写真のようにカンタンに上下調整できますよ!
棚の両サイドには回転フックが2つずつ設置されているので、ハタキやワイパーの吊下げにも便利です。


もちろん、収納スペースを隅々まで無駄なく使えるように
奥には可動棚が設置され、お掃除洗剤やストック用品などのアイテムをしまえるようになっています。
新聞紙や古雑誌、買い置きボックスティッシュなどの保管場所としても便利に使えそうですね。

=============================================

今回ご紹介した『アイズプラスストレージ』の他にも、
キッチンカウンター下のスパイスラック根菜類ストッカー
ロングブーツが倒れないようにバーが設置されている玄関収納など、
これまでは100円均一ショップで買ったアイテムを駆使しながら自分で作っていた『理想の収納スペース』が
はじめからちゃんと実現しているという点は大きな魅力です!

収納の使いやすさは、暮らし心地の良さに直結するといっても過言ではありません。

ぜひ皆さんも【ザ・パークハウス 南浦和フロント】のモデルルームで
『アイズプラス』ならではの収納へのこだわりを発見してみてくださいね!

※掲載している室内写真・設備仕様等の写真は、モデルルーム〈Cタイプ、カラーセレクト:キャメルチーク〉を撮影(2017年11月・2018年1月)したもので、有償のビルトインオプション・ドレスアップオプション(エアコン、カーテン、造作家具、照明等)・個別設計変更も含まれています。家具、カーテン、装飾用小物等は販売価格に含まれません。メニュープラン、カラーセレクト、各種オプション等には申込み期限があります。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP