• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > 「もっと使いやすいキッチン」を目指して~アイズプラスが提案する住まいの新しい価値①~
2018年02月16日

「もっと使いやすいキッチン」を目指して~アイズプラスが提案する住まいの新しい価値①~

みなさんは『アイズプラス』というキーワードをご存知でしたか?

『アイズプラス』というのは、三菱地所レジデンス独自のものづくりの取り組みを表した言葉で、
ユーザーの目線と住まいづくりのプロの視点・・・ふたつのアイズで「新たな価値をプラス」していく
というコンセプトのもと、斬新なアイデアを室内の随所に採り入れています。

そこで今回から3回に渡って、【ザ・パークハウス 南浦和フロント】のモデルルームで発見した
『アイズプラス』独自のアイデアをご紹介します。


▲『アイズプラス』では、わたしたち“暮らす人”側の意見を積極的に採り入れながら、
EYE’S PLUS LAB(ものづくり研究所)で分析や検証を行い、マンションづくりに生かしています。

※アイズプラスの活動概念図。

「こんなキッチンが欲しかった」使いやすさを追求したアイデアが満載!

『アイズプラス』の中でも、まず最初にチェックしたいのは『キッチン』。

使いやすいキッチンがあれば、毎日台所に立っている時間もストレスになりませんし、
何よりストレスを軽減できる機能的なキッチンであれば、
お料理の腕前もぐんぐんアップするかもしれません(笑)

そんな“キッチンの使いやすさ”を計算して
『アイズプラス』の視点で設計されたのが、こちらの作業スペースです。

 


シンク幅を縮小したぶん、カウンターの作業スペースを拡張
親子や夫婦でキッチンに立っていても一緒に並んで作業しやすい
ゆったりサイズの作業スペースになっています。


横に長い『ワイドシンク』がブームになったのは今から15年ほど前だったでしょうか?
「パスタ鍋や中華鍋など大きな調理器具を洗いやすい」などの理由で人気を集めましたが、
実は実際に使ってみると(筆者の自宅キッチンもワイドシンクなのですが)
ワイドシンクの半分ぐらいは「あまり使わないデッドスペース」となってしまうため、
「そのぶん作業スペースを広げたほうが使いやすいのに」といった声が多く挙がっていました。

たしかに、作業スペースが広ければ、
●あらかじめ食材や調味料を並べておくなど料理の下準備をしやすい
●家族分のお皿を並べることができるので料理の盛り付けもしやすい

など、“作業効率の良さ”を実感できそうですね!

「でも・・・シンクを小さめにすると、片付けや洗い物をするとき大変なのでは?」
と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、その点はご安心を!

 
▲場所を取らないビルトイン型の食器洗い乾燥機が標準装備されているので、
使用済みのお皿はさっと水洗いしてここへ!
また、生ごみをその場で粉砕処理できるディスポーザーもついていますから、
生ごみが出たらそのつど処理する習慣をつければシンク内はいつもスッキリ。
「野菜の皮や切れ端で三角コーナーが山盛りに!」という心配もありません(笑)
こうした設備を導入することで、シンクの縮小も快適に実現しているのです。


そしてもうひとつ、キッチンカウンターにはユニークな工夫が!


▲この写真を見ると、カウンターをぐるりと囲むように立ち上がりが設けられているのがわかりますね!
(ちなみに、キッチンのシャワー水洗は浄水器一体型です)



▲反対のLD側から見るとこんな感じ。
キッチンカウンターの手元部分がLD側からは見えないので、
ホームパーティ等でお客様をお招きしたときにも“舞台裏の様子”をほどよく目隠しできますし、
また、こうして立ち上がりをつけることによって、
洗い物のときに水や洗剤がハネるのを防ぐことができるので、床の汚れ防止にもつながるんですよ!


他にも、立ち上がりの部分に、マグネット式のレシピホルダーを設置したり、
吸盤式のスポンジホルダーを取り付けたりと、“壁”をいろいろ活用できるのも嬉しいですね!

つづいて、キッチンカウンターの上部に視線を移してみると・・・

 
▲ついつい出しっぱなしになりがちなキッチンペーパーやラップなどの置き場所を
ちゃんと定位置に決めることができる上部収納が!
しかも、料理中にサッと取り出せる便利な場所にあるのも嬉しいところ。
「定位置を決めて、使ったモノを元の場所に戻す」というのは片付けの基本ですから、
こんな機能的な収納スペースがあると、キッチン全体を常にすっきりキレイにキープできそうです。


いかがでしたか?
今回写真でご紹介したアイテムのほかにも
●調味料を取り出しやすいスパイスラック
●常温保存の根菜をストックできる通気性を高めた足元スライド収納

など“日常的な使いやすさ”を追求したアイデアがいっぱいです。

皆さんもモデルルームを見学しながら
『アイズプラス』ならではのものづくりの工夫を発見してみてくださいね!

※掲載している室内写真・設備仕様等の写真は、モデルルーム〈Cタイプ、カラーセレクト:キャメルチーク〉を撮影(2018年1月)したもので、有償のビルトインオプション・ドレスアップオプション(エアコン、カーテン、造作家具、照明等)・個別設計変更も含まれています。家具、カーテン、装飾用小物等は販売価格に含まれません。メニュープラン、カラーセレクト、各種オプション等には申込み期限があります。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP