• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和フロント 」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和フロント  > JR「南浦和」駅から徒歩2分!交番とスーパーを通る“駅近”徒歩ルートを紹介します
2017年10月19日

JR「南浦和」駅から徒歩2分!交番とスーパーを通る“駅近”徒歩ルートを紹介します

はじめまして。住宅ライターの熊谷実津希です。
本日から、新築分譲マンション「ザ・パークハウス 南浦和フロント」についてレポートします。

公式ホームページやパンフレットではなかなか分からないこともできるだけ詳しくレポートしたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

さて、今回の記事では、「南浦和」駅から徒歩2分の道のりを紹介します。
どんな雰囲気の道なのか、本当に2分で歩ける距離なのかといったことも、チェックしたいと思います!


▲まずは地図で「ザ・パークハウス 南浦和フロント」が建つ場所をチェック。
JR京浜東北線・武蔵野線が利用できる「南浦和」駅の、西口ロータリーからすぐの場所のようです。
もしかしたら“徒歩2分”より近いのでは……? という気もしますが(笑)、実際に歩いて確かめたいと思います。

 

何でも、JR「南浦和」駅から徒歩2分以内の場所で民間の分譲マンションが供給されるのは、この物件が初(※1)なのだとか。
注目度が高くなりそうなマンションですね。

駅のロータリーのすぐ先がマンション。交番とスーパーの前を通ります

という訳で、早速「南浦和」駅に来ました!


▲「南浦和」駅の西口を出ると、既に「ザ・パークハウス 南浦和フロント」の建設用クレーンが見えていました。
本当に駅から近いんですね~。

 

取材をした2017年10月上旬の時点では、まだ4階の部分の躯体工事を行っているところでしたが、これからマンションが建ち上がってくるにつれ、ここからの景色も変わってきます。
“駅前の風景”に自分たちが暮らすマンションが加わることになるんですね。

 
▲「南浦和」駅の西口には、階段に加えて、エスカレーターとエレベーターが設置されています。
ベビーカーや車椅子でも利用しやすそうだと思いました。
それでは、駅を出てからマンションのエントランス前までの徒歩分数を実測してみたいと思います!

 


▲バスターミナルやタクシー乗り場のある駅前ロータリーを歩いていきます。
歩行者用のスペースが広く取られているロータリーなので、安全に歩けます。
小さいお子さんと手を繋いでのんびり歩くファミリーの姿も目にしましたよ。

 

こちらの道はインターロッキング舗装されていて、フラットなのも好印象。
ハイヒールを履いていたり、スーツケースを引いている時も快適に歩けそうです。

 
▲JR武蔵野線の高架の下を通ります。
こちらには浦和警察署の「南浦和駅西口交番」があり、警察官が常駐しています。
「ザ・パークハウス 南浦和フロント」のある南本町2丁目地域を担当している交番でもありますから、心強いですね。

 


▲高架を抜けた先には、スーパーの「コモディイイダ 南浦和店」があります。
1Fが食品売り場、2階が衣類・日用品売り場となっていて、営業時間は9:00~23:00。
仕事帰りにスーパーで生鮮食品やお惣菜などを買えるって助かりますね!

 


▲「コモディイイダ 南浦和店」の角を曲がります。
マンションの現地はもうすぐ!

 

 
▲先ほどの角を曲がると、すぐに建設中の「ザ・パークハウス 南浦和フロント」が見えました。
マンションのエントランスが面する予定のこちらの道路は一方通行で、車通りが少なく、穏やかな雰囲気です。
駅前なので人通りは適度にあり、夜遅い時間の帰宅も安心感がありそう。

エントランス前でストップウォッチのタイムを見てみると……1分29秒という結果でした。
「南浦和」駅を出てからここまで、距離にして約100m。
信号や踏切もないので、小走りなら40秒くらいで着いてしまう近さです(笑)

 

“徒歩2分”の距離とはいえ、駅前ロータリーの延長線上にあるような場所が建設地。
写真でも何となくお分かりいただけたかもしれませんが、マンションへ向かうルート上には、駅前なのにパチンコ屋やカラオケ、居酒屋が建ち並ぶ繁華街などはなく、代わりに交番とスーパーがあるという穏やかな環境だったのも印象的でした。

 

今回歩いてみた感想をまとめてみると

■JR「南浦和」駅の西口から女性の私が歩いてみたところ、約1分30秒という結果
■JR「南浦和」駅にはエレベーターもあり、便利で快適
■駅前のロータリーは歩車分離がされていて、安全に歩ける
■駅から近いので明るく、適度な人通りがあり、夜間でも安心感がありそう
■徒歩ルート上にパチンコ屋やカラオケなどの施設はなく、交番とスーパーがある
信号や踏切がなく、フラットで歩きやすい道

……といったことがポイントだと感じました。

 


▲こちらは、JR京浜東北線「南浦和」駅のホームから、「ザ・パークハウス 南浦和フロント」の建設地を撮影した写真です。
駅のホームからも見えるくらい近いんですね!
「駅から近い」というと線路との距離感などが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらのマンションの場合、バルコニーが面するのは南東側(写真の左側)。
JR京浜東北線の線路は、マンションから見ると北東側に位置することになります。

 

さて、次回の記事ではそんな「ザ・パークハウス 南浦和フロント」の建設地について、どのように建物が建つのか、周りの道路の雰囲気や見晴らしは……といったことを調べてみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2017年10月に撮影したものです。
※1:1995年以降に「南浦和」駅を最寄駅として供給された民間新築分譲マンションにおいて、初の駅徒歩2分以内の物件。(2017年6月現在・(有)MRC調べ)
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP