• 分譲マンション
  • 埼玉県さいたま市南区
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南浦和ガーデン 」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南浦和ガーデン  > 赤いベンチが目印!南浦和で人気のパン屋さん『プティリッシュ』
2017年05月27日

赤いベンチが目印!南浦和で人気のパン屋さん『プティリッシュ』

【ザ・パークハウス 南浦和ガーデン】が位置するさいたま市南区南本町は、
旧・浦和市の中心街『高砂』『岸町』に並ぶ京浜東北線の西側アドレス。

快適な“駅近の利便性”に加えて、駅からほんの少し歩くと、
洗練された閑静な住宅街の表情が広がっている点が大きな魅力となっています。

================================================

当ブログレポートでは、
旧・浦和市エリア、南浦和での”ゆとりのある暮らし”を共感いただける
人気のグルメスポットをご紹介していますが、
駅周辺では、親・子・孫三世代に渡って家族で通い続けるような
南浦和でおなじみのこだわりの名店を発見できる一方で、
他のエリア出身の店主の方が、ここ南浦和の穏やかな住環境を気に入って移り住み、
新しくお店を開いたという話題のグルメスポットも続々と登場しています。

今回お邪魔したのは、JR『南浦和』駅西口から一ツ木通りを南へ徒歩5分。
「この街の雰囲気が気に入って」開業したというパン屋さん《プティリッシュ》です。
※以下すべてプティリッシュ・・・・・・ザ・パークハウス 南浦和ガーデン現地より徒歩7分(約500m)/2017年5月撮影。

真っ赤なベンチが目印のパン屋さん、1ヶ月ごとに登場する新作も楽しみ!

 


▲JR『南浦和』駅の西口ロータリーから丸広百貨店のある交差点を左折。
緑の並木道が続く一ツ木通りをまっすぐ南下すると、右手に《プティリッシュ》が見えてきます。
店頭の真っ赤なベンチが目印になっているので、初めて訪れる時もすぐにわかりますよ!


プティリッシュというのはフランス語で『小さな贅沢』という意味。
あいにくこの日はオーナーさんがご不在だったのですが、お店のスタッフの方によると、
「この南浦和の穏やかな雰囲気が気に入って、ここでパン屋さんを開きたい」と8年前にオープンしたのだとか。

店内はお客さんが3人ほど入ればいっぱいになってしまうほどの小さな空間。
上の写真は、お客さんのいないタイミングを見計らって撮影をさせていただいたものですが、
撮影が終わるとまたひっきりなしにお客さんが訪れ、お店の人気ぶりが窺えました。

実は、筆者が訪れたお昼の12:30前後は、
一日のうちでいちばん“焼きたてパンの種類が豊富に店頭に並ぶ時間帯”とのことで、
地元の常連さんたちが頻繁に来店するタイミングだったようです。
(スタッフの皆さん、お忙しい時間にもかかわらず、取材へのご対応ありがとうございました!)

 


▲定番の山型食パンやバケットのほか、子どもたちが喜びそうな菓子パンがズラリと並んでいます。
ちなみに、フルーツやクリームチーズなどを使った“甘い系のパン”は特に女性に人気で
昼過ぎには売り切れてしまうことが多いので、早めの来店がオススメとのことでした。



▲《プティリッシュ》の看板メニューとなっているのは、
濃厚なバターの風味がやみつきになる『クロワッサン』(160円)と、ハード系のカンパーニュ。



▲写真右側が、常連さんの間で一番人気だという『栗とゆずのカンパーニュ』(310円)です。
大粒の栗がゴロンと丸ごと入っていて、しっとりした生地との相性がバッチリ!
そのまま食べても美味しいのですが、表面を焼くと香ばしさがさらに倍増し、
サクっサクっというクッキーのような軽い食感を楽しめます。


パンの種類は基本的に季節ごとに変わるそうですが、
オーナーさんご自身が「なるべく一ヶ月ごとに新メニューを作りたい」と
新作づくりにチャレンジしているため、どんどんバリエーションが広がっているのだとか。

『わざび』『金ごま』『イカスミ』『田舎みそ』など、
ユニークな食材を使ったオリジナルメニューも登場していますので、
「次の新作はどんなパンかな?」と、お店に通うのが楽しみになりそうですね!

================================================

いかがでしたか?
筆者はこれまで住宅ライターとして多くの住居エリアを取材してきましたが、
“美味しいパン屋さん”があるエリアというのは、
地元住民の方たちの食生活の充実度や
ライフスタイルへの豊かなこだわりにも比例するような気がします。

近所に美味しいパン屋さんがあるだけで、毎日の食卓にも彩りが生まれますし、
「平日の朝は慌しいからいつもコーヒーだけ」という方でも、
ちゃんと朝食をとってから出かける習慣がつくようになるかもしれません。

ぜひ皆さんも《プティリッシュ》のパンで、“小さな朝の贅沢時間”を体感してみてくださいね!

■プティリッシュ
住所/埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-4
電話/048-866-3500
営業時間/10:00~19:00
定休日/毎週月曜日と第1日曜日
※2017年5月時点の情報です。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP