• 分譲マンション
  • 大阪府吹田市
  • 三菱地所レジデンス・近鉄不動産・神鋼不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 南千里アリーナ」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > ザ・パークハウス 南千里アリーナ > 秋色に染まる『万博記念公園』へ紅葉狩りに行ってきました!
2018年11月24日

秋色に染まる『万博記念公園』へ紅葉狩りに行ってきました!

【ザ・パークハウス 南千里アリーナ】周辺には公園や緑も多く、
徒歩圏内のエリアで四季を存分に感じることができます。

今回は少し足をのばし、物件から約3kmの場所に位置する『万博記念公園』へお出かけ!

自宅周辺の公園とはまた違った魅力を持つ同公園は、
太陽の塔や日本庭園をはじめ、子ども向けの遊具や芝生広場などがあり、大人から子どもまで楽しめます。

気軽に行ける距離に、各世代が四季折々いろいろな楽しみ方のできるこういった広大な公園があるのは、
休日をより豊かな時間にしてくれますね。

今回筆者は11月15日よく晴れた穏やかな秋の日に、見事に色づいた紅葉を楽しんできました。


▲マンションから万博記念公園へは車で約7分※。自転車でも充分行ける距離です。

※ナビによる計測

太陽の塔がお出迎え!48年前の面影を残した園内を散策

1970年に開催された「日本万国博覧会」。
その跡地を整備してつくられたのが『日本万国博覧会記念公園(万博記念公園)』です。


▲大阪万博のシンボル「太陽の塔」。その存在感は圧巻!
現在太陽の塔の内部を公開中(事前予約制)です。詳しくはHPをご覧ください。


▲万博記念公園には、外周に常緑樹が、そして公園の内部には四季折々の表情を見せる落葉樹などが植えられています。
常緑樹で公園を囲うことで、騒音や排気ガスを防いでいるそうです。
公園の横には大きな道路がありますが、そんなことは全く感じないほど園内は静かです。

 

では早速、園内をぶらりお散歩します!

  
▲木々が色づき、木洩れ日が気持ちよい園内。
時折ハラハラと木の葉が舞い落ち、情緒あふれる風景です。


▲園児たちが落ち葉やドングリを拾う姿も。
落ち葉を踏んだ時の“カサカサ”という音もとても心地いい♪

  
▲自然文化園の中には「ソラード」という森の空中観察路があります。

 
▲空中観察路”ソラード”を散策したからこそ見られた景色もたくさん!オススメです。


▲園内には無料の足湯もあり。タオルの販売もしていますよ。

 

 


▲園内の北側に位置する「日本庭園」エリアは、より落ち着いた穏やかな時間が流れています。
池のほとりのベンチに座り、のんびり過ごしている人も多く、私もしばらく池を眺めながら癒しの時間を過ごすことができました。

「もみじガイド」に参加!他にも季節毎にボランティアガイドがあるそう

私が訪れた日に、ちょうど「もみじガイド」が開催されていました。
指定曜日に一日6回程度行われるボランティアガイドツアーです。

  
▲「もみじガイド」は参加費無料、事前申し込みも不要、所要時間は30分程度です。
園内を巡りながら、とてもわかりやすくボランティアガイドさんが解説をしてくれます。

参加された皆さんが興味深く聞き入っておられました。

 
▲左/綺麗に色づいた「イロハモミジ」。
葉の数を「いろはにほへと」と数えたことから名づけられたのだとか。かわいい名前ですよね。
もみじが色づくためには色々な条件が揃わなければならないそう。気温はもちろんですが、湿度も必要。
もみじの名所は水のある場所が多いのは、そのためだそうです。
右/よく見るとプロペラのようなものがついているこれがモミジの種。
風に吹かれ、このプロペラを使って種は遠くへ飛んでいくんですって。

 
▲左/「クスノキ」は常緑樹ですが、よく見ると色づいた葉がありますよね。
実はクスノキの葉は約3年で落葉するのだそう。
そして落ちた葉を軽く揉んでニオイを嗅いでみると…防虫剤で使用されるショウノウの香りがします。
右/「ジュウガツザクラ」という桜が咲いていました。
ガイドさんに教えていただかなかったら気づかなかったかもしれないくらい、儚く咲いています。

 

ボランティアガイドさんの解説を聞きながらの「もみじガイド」は、発見の連続。
とても楽しく、誰かに話したくなることばかり。本当に参加して良かったです!

 
▲もみじガイドの次は、1月末より3月中旬まで「梅ガイド」が開催されます。
間もなくこの梅林に白梅紅梅が咲き乱れるのですね。楽しみです。

その他にも季節毎にさまざまなボランティアガイドツアーが行われるそうですので、
皆さんもぜひ参加してみてくださいね!筆者おすすめです!!

 

———————————————-

紅葉色づく『万博記念公園』は、穏やかで気持ちのよい空間。
癒しの時間を過ごすことができました。

春には桜やチューリップ、夏には蛍、秋は紅葉、冬は雪まつりと、
どの季節に訪れても、素晴らしい景色を楽しむことができそうです。

ほかにもクリスマスやサマーイベントなども開催されるので、ファミリーで訪れるのもオススメ。

【ザ・パークハウス 南千里アリーナ】から車で約7分という場所に『万博記念公園』がある暮らしは
日常に、より豊かで充実した時間をもたらしてくれそうですね。

林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP