• 分譲マンション
  • 千葉県船橋市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン > 近くの飲食店が“街の住み心地”を知るのに役立つことも。前原のカフェ「MOMO(モモ)」にお邪魔しました
2019年01月19日

近くの飲食店が“街の住み心地”を知るのに役立つことも。前原のカフェ「MOMO(モモ)」にお邪魔しました

住まい探しの際、現地の見学のついでに近くの飲食店に立ち寄ってみると、新しい発見があることも。
特に「ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン」が建つ前原エリアのような住宅街の場合、飲食店のお客さんもスタッフさんも近隣に住んでいる人ということが多く、その街の雰囲気を知るのに役立ったりするんです。

今回の記事で紹介するのは、そんな前原エリアのカフェ「MOMO(モモ)」。前原らしいほっこり感のある、素敵なお店です。

地元の方に親しまれているお店ということで、スタッフの方に前原エリアの住み心地やこの街に暮らす方々の雰囲気についてもお聞きしてみましたよ。

今回の記事についてまとめると……

■手作りのワンプレートランチやスイーツが美味しい「MOMO」は、前原らしいほっこり感が魅力
■スタッフさんによると、前原は「のんびりしていて暮らしやすい街」
■前原には複数の飲食店あり。現地の見学と併せて立ち寄ってみても良さそう

自然派の食材を使った手作りのワンプレートランチやスイーツが美味しいカフェ

「MOMO」は、マンションから徒歩4分(約260m)(※1)、スーパーの「リブレ京成」と同じ並木道沿いにあるお店です。
お友だちや家族とのランチはもちろん、ひとりでふらっと立ち寄るのにもちょうどいい距離。

 
▲優しいピンク色の外観が目印。靴を脱いで店内に入るので、友だちのお家にお邪魔したようなほっこり感があります。

 

実は私、こちらの「MOMO」がお気に入りで、これまでに3回くらいランチをいただいています(笑)
いつ訪れても温かな雰囲気で、居合わせたお客さんとその日の天気や話題のニュースについてお喋りすることも。
そういった交流が楽しめるのって、“地元のお店”ならではの良さだなぁと思います。


▲「MOMO」の店内。
外からの光が入ってきて、自然とリラックスできる空間です。

 

「MOMO」で使われている食材は添加物を控えた自然派のものが中心で、店内にはこだわり食材の販売コーナーも。
子育て中の方が「なるべく体に優しいものを」と、お菓子や調味料を買いに訪れることもあるそうです。


▲国産のもち麦や有機トマトケチャップ、無添加のお菓子など、スーパーではなかなか手に入らないものも販売されています。

 

そんな「MOMO」でいただける日替わりランチは、野菜中心のワンプレートランチ。
980円でしっかりとしたボリュームがあり、手作りの味わいが体に染み渡るよう。外食なのにこれだけしっかりと野菜が摂れるって、嬉しいですね~。


▲この日のランチはオクラの肉巻きをメインに、数種類の野菜のおかずが並んでいました。
中央の天ぷらは菊芋。ゴボウのような山芋のような独特な味わいで、シャクシャクとした食感を楽しみながらいただきました。

 

ランチメニューはこのほか「薬膳カレー(980円)」も用意されています。
そちらも、「ここのカレーが好きで、毎週のように食べに来ちゃう」という方もいるくらいの人気メニューなのだとか。

また、「お子様プレート(450円)」として、日替わりワンプレートランチのミニサイズバージョンも提供してくれるそう。
居心地の良いカフェなので、子連れランチにも良さそうですね。

 

ランチにはプラス200円でドリンクとデザートが付きます。
デザートも手作りで、満足度大。


▲ドリンクはコーヒー、紅茶のほか、ハーブティーやカフェインレスコーヒーも選べます。
デザートはバナナ風味のチーズケーキで、濃厚ながらも後味スッキリ。

 

ドリンクのみの注文もOKですから、マンション近くの気軽な“息抜きスポット”としても使えそうですね。

前原は「のんびりしていて暮らしやすい“穴場”的な街」。ファミリーも多いそうです

そんな「MOMO」のスタッフさんに、前原の住み心地についてお聞きしてみました。


▲「MOMO」のスタッフさん。突然のお願いだったにも関わらず、とてもにこやかに、気さくに取材に応じてくださいました。

 

スタッフさんによると「のんびりしていて、落ち着いた雰囲気なのが前原の良いところ」だそうで、「お子さんからお年寄りの方まで、皆さんとっても元気。新しいマンションができて子育て世代の方も増えているように思います。津田沼に比べると有名ではないかもしれませんが(笑)緑も多くて、買い物にも不自由しなくて、住みやすい。結構“穴場”的な街かもしれないですね」とのことでした。

お料理のことも、街のことも、とても丁寧に教えてくださった「MOMO」のスタッフさん。ご協力ありがとうございました!

今回取材したお店は……

MOMO(モモ)
住所:千葉県船橋市前原西6-6-44
電話:047-478-2182
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜日・祝日


▲「MOMO」の場所はこちら。マンションから歩いて行ける近さです。

 

この他にも、前原エリアには蕎麦や焼肉、中華、ファミレスなど、気軽に利用できそうな飲食店が複数あります。
「津田沼」駅の周辺まで行けば、チェーン系のお店からおしゃれなダイニングバー、高級感のあるフレンチレストランなどさまざまな飲食店が揃いますが、歩いて行ける範囲に“顔馴染み”のお店があるというのも楽しいもの。

皆さんもマンションの近くに立ち寄った際は、ランチを食べるついでに、お店の方に街の住み心地などについて聞いてみてもいいかもしれません。マンションの販売担当者さんとはまた違った視点で、前原エリアのことを教えてくれると思いますよ!

※掲載の写真はすべて2018年11月に撮影したものです。
※表示の徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
※1:A街区サブエントランスより。B街区からは徒歩5分/約390m
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP