• 分譲マンション
  • 千葉県船橋市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン > マンションからのカーアクセスを検証!IKEAなどショッピング施設がある湾岸エリアに、車で行ってみました
2018年11月20日

マンションからのカーアクセスを検証!IKEAなどショッピング施設がある湾岸エリアに、車で行ってみました

週末、マンションから車で気軽に出かけられる場所にはどんなスポットがあるのか、興味のある方も多いのではないでしょうか。
近くにある施設のラインナップや、高速道路への接続のしやすさなど、“カーアクセス”という視点で見てもメリットがあると、週末の過ごし方のバリエーションも増えそうですよね。

そこで今回は、「ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン」から気軽に行けるショッピングスポットのひとつ、千葉県湾岸エリアまでのカーアクセスを、実際に車に乗って検証してみたいと思います。

今回の記事についてまとめると……

■千葉県の湾岸エリアには、遊びに行く感覚でショッピングができる大型施設がたくさん
■渋滞回避ルートを通って、「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」には18分41秒で到着
■湾岸を通る京葉道路や、東関東道のインターチェンジも利用しやすい

湾岸エリアへ5~6km程度の距離。高速道路へ乗る際の“裏道”も紹介します

今回マンションから「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」に向かう際に通ったルートはこちら。
地図上で青色のラインで示した、約5.4kmの道のりです。

▲地元の方も、湾岸エリアや「花輪インターチェンジ」に向かう際に通るというルートを走りました。
赤色のラインで示した部分(成田街道)は八千代市から南下してくる道路で、踏切を渡ることもあり、渋滞しがちだそう。

 

目的地は「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」ですが、途中、京葉道路の「花輪インターチェンジ」や、少し先には東関東道の「谷津船橋インターチェンジ」もありますから、高速道路を利用する場合にも同様のルートを通ります。

カーナビで設定すると、成田街道をメインで通る道を案内されることも多いのですが、オススメは今回利用したルート。
成田街道に出るまでは信号もほとんどなく、スイスイと走れましたよ。

「中野木」交差点までは約6分。渋滞に巻き込まれることなく走れました

では実際に、マンションの前から車でスタートしてみたいと思います!

 
▲建設工事が進み、外観が見えるようになった「ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン」の前から出発。駐車場出入口の予定地は工事中だったため、少し離れたこちらの場所からスタートしました。
目的地の「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」まで、かかった時間も計測します。

 

マンションの前を通っているバス通りは並木道がキレイで、見通しがよく走りやすい道路。
これまでの記事でも、この道を徒歩や自転車で通ってきましたが、今回車で走ってみて、改めて「キレイな道だなぁ」と感じました。


▲写真右手がマンション、左手に見えているのが最寄りの「公団東口」バス停です。

 

マンションを通り過ぎたら、「公団東口」バス停の先にある信号を右折。
住宅街の中の道を進んでいきます。

 
▲信号がある交差点を右折し、住宅街へ入っていきます。
「中野木小学校」や「前原中学校」の北側を通る感じですね。

 

ここからは学校や緑地、住宅のあるエリアを走ります。
地元の方も同様に“渋滞回避ルート”として選ぶこともあるのか、途中何台かの車とすれ違いましたが、皆さん住宅街であることにも配慮し、スピードを出さずに走っているようでした。交差点でも譲り合って、マナー良く通行されているように思いました。

 

そして、2回ほど道を曲がると、成田街道に合流します。

 
▲成田街道は片側2車線で交通量も多い道路。乗用車に交じってトラックなども走っていました。

 

取材を行ったのは平日の11時ごろ。
この日の成田街道は、信号待ちや合流地点での待ち時間はありましたが、概ねスムーズに流れていたと思います。

 

総武本線の線路を越え、全体の半分くらい進んだ「中野木」交差点の付近でストップウォッチを見たところ、5分52秒でした。


▲前原周辺から成田街道を通る(最初の地図で、赤色のラインで示したルート)と、この辺りで今回の迂回ルートとぶつかる計算になります。

途中、高速道路のインターも。東京や浦安、成田空港方面へ行きやすいんです

成田街道の交通量が多いのには理由があり、ひとつはマンションのある船橋市に加えて、佐倉市や八千代市と千葉の湾岸エリアを結んでいる道路だということ。
もうひとつは、最初にも少し触れましたが、京葉道路や東関東道といった高速道路に入るインターチェンジがあり、そちらへ出入りする車が行き来していることです。

この道路を利用すると、各方面へ行きやすい=たくさんの車が通っているということなんですね。

 
▲案内標識にも、京葉道路で東京方面、千葉方面へ。もう少し先へ進むと東関東道と、多方面へアクセスできることが表示されています。

 

「花輪インターチェンジ」から利用できる京葉道路は、千葉市から東京都江戸川区までを結んでいる道路。
東京都内や、「酒々井プレミアム・アウトレット」、「成田国際空港」などへ行く際に利用する方も多いのでは。

また、「谷津船橋インターチェンジ(東京方面のみ)」からは東関東自動車道が利用でき、こちらはお台場方面や浦安方面に行くことができます。

 

ちなみに、「花輪インターチェンジ」前を通った時のタイムは8分39秒でした。

 
▲京葉道路に入る「花輪インターチェンジ」。マンションからここまで9分未満と、スムーズに来られました。

「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」には19分弱で到着!

さて、「花輪インターチェンジ」を過ぎてさらに進み、「若松」交差点を右折すると、「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」や「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」に着きます。


▲「若松」交差点。直進すると幕張方面や「谷津船橋」インター(東京方面のみ)、右折すると「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」や「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」、下道を通って浦安・東京方面へも行けます。

 

「若松」交差点は東京湾岸道路(国道357号)が通っており、一般道でも浦安方面や、お台場など東京の湾岸エリア方面へ行くことができます。もっと足を延ばせば、横浜のみなとみらい地区へも。
文字どおり「湾岸」を通る道路なので、ドライブを楽しむのにももってこいの道なんですよね。

 

そして、「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」に着いたのは、マンションを出発してから18分41秒後でした。


▲「IKEA(イケア)Tokyo-Bay」の前に着いたタイミングで撮影。

 

このあたりには、前回の記事でレポートした「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」などもあり、一日中遊べるお出かけスポットにぴったりな場所。車で気軽に来られると、雨の日なども楽しく過ごせそうですね。

 

今回カーアクセスを体験してみて、休日のお出かけのみ自家用車を使うという方や、たまにカーシェアやレンタカーを利用してショッピングやレジャーを楽しみたいという方にも、この立地はオススメできそうだと感じました。

※掲載の写真はすべて2018年11月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP