• 分譲マンション
  • 千葉県船橋市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン > どこで買う? 足りないものはない? 前原の“お買い物事情”を調べました!
2018年06月30日

どこで買う? 足りないものはない? 前原の“お買い物事情”を調べました!

「ザ・パークハウス 津田沼前原ガーデン」が建つ前原は、緑が多くて気持ちのいい場所ですが、「津田沼」駅から少し離れた場所ということもあり、お買い物などの便利さについては「どうなんだろう?」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、地図を片手にマンション周辺のショッピング施設を調査してみることにしました。
この街のお買い物事情など、実際に前原周辺に住んでいる方に聞いてみましたよ。


▲マンションから徒歩15分圏内で、近隣住民の方が「よく利用する」と仰っていたスーパーなどのショッピング施設を地図に描き入れてみました。
オレンジ色でマーキングした5軒が、普段使いできそうなお店です。

 

前原のお店や公園などで、お近くに住んでいるという方に「このあたりのお買い物便って、どうですか?」と聞いてみたのですが、お子さんを連れている方、シニア世代の方、大学生の方など、皆さん「良いですよ」、「不便だと思ったことは特にないですね」と仰っていました。

世代やライフスタイルなどによって「良いと思うポイント」は違っていたものの、皆さんに共通していたのが「毎日必要なものは、歩いて行ける範囲でそろう。足りないものは、『津田沼』駅に行けばある」ということでした。

お買い物しやすい規模のスーパーが複数。日によって使い分けている方も多い様子

ということで、まずはマンションから歩いて行ける範囲にあるスーパーを見ていきましょう。
まずはマンションから一番近い「リブレ京成 アルビス前原店」。前原周辺にお住まいの方は、こちらを“メイン”のお店として利用されている方が多いようでした。


▲徒歩4分(約290m)の「リブレ京成 アルビス前原店」は、マンションから一番近いスーパー。
野菜や肉、魚などの生鮮食品や惣菜類、お酒などはもちろん、日用品や文房具などもひと通りそろいます。
店内にはベーカリーもあって、焼き立てのパンが買えるのもいいなと思います。

 

「リブレ京成 アルビス前原店」はバス通り沿いにあり、お店のすぐ目の前が「管理事務所前」バス停。
「津田沼」駅からの帰りに、マンション最寄りのバス停よりひとつ手前で降りると、こちらのスーパーでお買い物ができるんですね。

 
▲道路を挟んだ向かい側には「セブンイレブン 船橋前原西6丁目店」や「船橋前原団地内郵便局」もあり、ここに来ればいろいろな用事も一度に済ませられることもあって、「リブレ京成 アルビス前原店」が重宝されているようでした。
スーパーに隣接して、精肉店の「竹屋」や、洋菓子店の「ル・シュシュ」などもありましたよ。

 

もう一軒、前原住民の方が「よく行きますよ」と仰っていたのが、マンションから徒歩9分(約680m)の「ワイズマートディスカ飯山満店」。


▲品ぞろえの充実度は先ほどの「リブレ京成」と同じくらいなのですが、こちらにしか売っていないお菓子やパン、冷凍食品などがあったり、曜日ごとに変わる特売品などをお目当てに訪れる方もいらっしゃるようです。

 


▲「自転車でたまに行きます」という声を聞いたのが、こちらの「生鮮卸値市場 トップマート 津田沼店」。
マンションからは徒歩13分(約980m)、「前原」駅の反対側にあるスーパーです。
ディスカウントスーパーのような安さと、野菜・果物の新鮮さが評価されているようで、私が訪れた日は、鮮やかなピンク色のドラゴンフルーツや千葉県の名産品「はぐらうり(瓜の一種です)」といった、ちょっと珍しいものも販売されていましたよ。

医薬品に加え、食品や日用品も販売。ドラッグストアの使い勝手も侮れません

それから、店内に入ってみて「すごい!」と思ったのは、ドラッグストアでも食品やお酒などが販売されていて、スーパー並みの使い勝手だったこと。

 
▲「前原」駅の西口を出てすぐの場所にあるドラッグストア「ウエルシア 船橋前原駅前店(現地より徒歩6分・約480m)」。
こちらは24時間営業で、医薬品や化粧品、日用品だけでなく、お酒や食品なども販売している“ほぼスーパー”なお店(笑)です。
右下の写真は、こちらの「ウエルシア 船橋前原駅前店」で購入できる商品の一例なのですが、サラダや豚肉、カット野菜、豆腐、牛乳、冷凍食品など……深夜でもこういったものが買えるのって助かりますね~。
駅からマンションへの徒歩ルート沿いにあるのも頼もしいなと思います。

 


▲また、「前原」駅からマンションへ向かう途中の交差点の角にある「くすりの福太郎 前原店」でも、食品や飲み物が販売されていました。
こちらの2階には100円ショップの「ザ・ダイソー くすりの福太郎前原店」もあり、ちょっとしたホームセンター代わりにできそうでした。

 

以前に、前原にお住いのシニア世代の方とお話をした時、「駅前のドラッグストアに何でもあるから、とっても便利」とお聞きしたのですが、店内に入ってみると「確かに“何でも”ある!」と思いました。
あちこち買い回りをするのがちょっと億劫な日など、ドラッグストア一軒でお買い物が済ませられると助かりそうですね。

スーパーやドラッグストアの“スキマ”を埋めてくれそうな専門店もありました

また、探してみると、地域密着型の専門店もあったりして、なかなか面白いなと思いました。


▲例えば、こちらは「生鮮卸値市場 トップマート 津田沼店」に向かう途中で見つけた酒店「蔵828」。
日本酒とワインの専門店とのことで、店内はおしゃれなワインショップのような雰囲気でした。
輸入食品や地方の名産品など、高級感のあるおつまみもあって、お酒好きの方なら一度立ち寄ってみる価値あり!

 

他にも、平日の夕方のみ開店している青果店や、駅前の小さな鮮魚店、前原で約40年の歴史を持つ老舗ベーカリーなど、探してみるといろいろなお店があるようです。

用事のついでや気軽なお出かけ気分で、「津田沼」駅周辺へショッピング

前原周辺にお住まいの方は、「津田沼」駅も生活圏として便利に利用されているようでした。
お話をしていて面白いなと思ったのは、皆さん“駅”というと、「前原」駅よりも「津田沼」駅の方を身近に感じている様子だったこと。
「ちょっとそこまで」という感覚で、「津田沼」駅周辺の商業施設を使いこなしているようです。

 

 
▲「津田沼」駅や「新津田沼」駅の周辺には、「津田沼PARCO(パルコ)」や「イオンモール津田沼」、「モリシア津田沼」、「イトーヨーカドー津田沼店」、「ミーナ津田沼」といったショッピング施設が集まっています。
洋服や雑貨、インテリア、子ども用品、ギフトなど、“毎日買う訳ではないけれど、近くで買えると嬉しいもの”がそろっている感覚ですね。
通勤や通学の途中、お出かけのついでに利用する方も多いようでした。

 

こうしてあちこちのショッピング施設をチェックしてみると、お話を伺った方が「足りないものはない」と仰っていた理由が分かる気がしました。

 

次回の記事では、マンションからそんな「津田沼」駅へ、自転車で行ってみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2018年6月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP