• 分譲マンション
  • 東京都町田市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 町田テラス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 町田テラス > 何が買える?どこまで揃う?町田のお買い物事情をチェックしました
2019年07月31日

何が買える?どこまで揃う?町田のお買い物事情をチェックしました

今回レポートするのは、町田のお買い物事情について。

町田に馴染みがなくても、漠然と、「町田は買い物施設がたくさんある大きな街」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、何が買えて、何が買えないのかまでは知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、例えば「生活に必要な生鮮食品やお惣菜を買うなら?」「雑誌で紹介されているようなデパート系コスメは手に入る?」「ファッションのお店って、学生向けのものばかりじゃないの?」など、“大人が暮らす”視点で、「町田」駅周辺のお買い物事情を徹底チェックしてみたいと思います。

こちらの記事をまとめると……

■デパート、大型ショッピングビル、商店街……「町田」駅周辺で何でも揃う!
■スーパーやデパ地下など、毎日の暮らしに必要な“食品系”のお店もたくさん
■コスメやインテリア、ファッション、趣味のものなど、「大人が欲しい」ものもひと通り買える
■“ちょっと良いもの”が見つかるこだわり食材店やドラッグストアなど、商店街も楽しい

駅周辺の狭い範囲に、大型商業施設が6つも集まっています

小田急・JR「町田」駅の周辺には、大規模な駅ビル系の商業施設が6つも(!)あります。


▲他の街なら、ひとつの施設だけでも充分……かもしれない、「小田急百貨店」や「ルミネ町田」、「町田マルイ」、「町田東急ツインズ」、「モディ町田」、「町田ジョルナ」といった商業施設が集まっています。

 


▲これらの商業施設が集まっているのは、上の地図でオレンジ色で示したエリア。
コンパクトな範囲なので、例えば、「何か良いものないかな~?」と散策をするのにもちょうどいい距離感なんですよね。

 

この範囲内で、食品や服、雑貨、コスメ、家電製品などかなりたくさんのものが、しかもお手頃価格なものから高品質なものまで揃うので、「町田に住んでいると、新宿や横浜まで行く必要がない」と言う人もいるほど。
“マンションと駅との間”にほぼ集約されているのもいいですね。

スーパーやデパ地下など、毎日の暮らしに必要な“食品系”のお店もたくさん

では、これらの商業施設にはどんなテナントが入っているのか、ですが、「ザ・パークハウス 町田テラス」に住む方にとって「町田」駅は、毎日の通勤に使う最寄駅。
最寄駅近辺で買いたいものというと、まずはやはり食料品ではないでしょうか。

パッと見渡しただけだと、駅周辺の大規模商業施設には、ファッションや雑貨系のお店はたくさんあっても、スーパーのように生鮮食品が買えるお店ってなさそうなんですが……。

スーパー、ここにあります。

 
▲生鮮食品はもちろん、洗剤やキッチン用品なども取り扱っている「東急ストア」が、「東急町田ツインズ(EAST)」の地下にあるんです。営業時間は10:00~22:00。
中に鮮魚店や惣菜の専門店も入っていて、私は個人的に、魚の鮮度と品揃えが良いと思いました。2人分くらいの刺身盛り合わせが680円、店員さんが「美味しい出汁が出ますよ!」とオススメしてくれたワタリガニが1杯358円と、価格帯も魅力的。

 

また、「小田急百貨店」の地下は、惣菜や和洋菓子の専門店もある、いわゆる“デパ地下”なので、家で記念日ディナーを楽しみたいとか、ちょっと特別感のあるものを買いたいとき、「今日はお料理はしたくないけど、美味しいものが食べたい!」というとき(笑)などにも重宝しそう。
見た目もキレイなサラダが買える「RF1/ベジテリア」、和惣菜の「なだ万厨房」、天ぷらの「銀座天一」など、マンションの徒歩圏内で専門店のごちそうが手に入ります。

精肉店の「柿安」、鮮魚店の「魚の北辰」、青果店の「九州屋」、フルーツなら「渋谷 西村フルーツ」や「新宿高野」など、生鮮食品の専門店があるのも嬉しい点ですね。

「小田急百貨店」の2階と地下1階には「成城石井」もあり、地下1階の店舗はマンションから駅へのルート上にあり、営業時間も平日・土曜は20:30まで(日曜は20:00まで)なので、仕事帰りにも立ち寄れそうだと思います。

 

「町田マルイ」の2階(ペデストリアンデッキのフロア)に、その名も「フードストリート」という、テイクアウトグルメの専門店がズラリと並んでいる一角も。

 
▲小田急とJRの駅間にある「町田マルイ」。
2階の「ベーカリーアンテンドゥ」と「おむすび権米衛」、「ミスターワッフル」の営業時間は7:00~21:00なので、仕事に行く前にも、帰り道にも立ち寄れそうですね。

 

私が調べただけでも、「町田」駅からマンションまでの通り道で生鮮食品が買えるのは、「東急ストア」、「小田急百貨店」の地下、「成城石井」(2店舗)の合計4店舗が駅前にありました。
しっかり買い物をして料理をしたいときも、惣菜だけパパッと買いたいときも、必要に応じたお店が選べそうです。

コスメやインテリア、ファッション……新宿や横浜に出かけて買うようなものも、ひと通り手に入ります

それから、デパートにコスメカウンターがあるような、いわゆる“デパコス”系の化粧品や、洋服などのファッション関連のもの。
これって、「地元の駅では買えないから、新宿や渋谷、横浜など、お出かけ先で買う」という人が多いのではないでしょうか。

町田がすごいと思うのは、こういった特別感のあるもの、しかも「いろいろなデパートで見かける定番ブランド」から、「雑誌ではよく見るけど、実店舗は都内に数ヶ所しかないようなブランド」まで揃っている点です。
今回、取材のために駅周辺の商業施設をくまなく歩いたのですが、普段は新宿で買い物をすることが多い私も「あれっ、このお店、町田にあったんだ!」とちょっとびっくりしたことが多々。

 
▲「小田急百貨店」の化粧品フロアには、デパート系コスメの定番「ランコム」や、都内でも店舗が限られている「スック」などのコスメカウンターもありました。
特にファンデーションなどのコスメは、カウンターであれこれ試しながら、自分に合ったものをじっくり選びたいですよね。スタッフさんに相談したり、新商品の予約ができるのもコスメカウンターならではだったりするので、近くにあるって嬉しいもの。新宿の店舗よりも混雑しておらず、じっくり選びやすいとも思いました。

 


▲「ルミネ町田」でも、「NARS」や「イプサ」、「SABON」、「RMK」などのコスメが買えますよ。

 

洋服では、「BEAMS」、「SHIPS」、「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」、「スピック&スパン」、「イエナ」、「トゥモローランド」などのセレクトショップや、ユナイテッドアローズが運営するシューズショップ「オデット エ オディール」などが「ルミネ町田」に。
「ケイト・スペード ニューヨーク」、「フルラ」などのバッグブランド、「マッキントッシュ ロンドン」、「セオリー」などのショップが「小田急百貨店」にあります。
大人カジュアルなお店がルミネ、高級ブランド、キレイ系のお店が小田急百貨店にあるイメージですね。


▲JR「町田」駅直結、9フロア構成の「ルミネ町田」。ファッション系のテナントが充実しています。

 

インテリア・雑貨系のショップであれば、「無印良品」が「小田急百貨店」と「ルミネ町田」に、「東急ハンズ」が「町田東急ツインズ(EAST)」に、「ニトリ」が「町田東急ツインズ(WEST)」に、「ロフト」が「町田モディ」にあります。

ただ、さすがに「IKEA」や「コストコ」のような、ロードサイド型の超大型店は見つかりませんでしたので、それは休日のお出かけに取っておきましょう(笑)

食卓を楽しくしてくれる“ちょっと良いもの”が、商店街で探せます

町田でショッピングをする楽しさは「大規模商業施設めぐり」だけではありません。

前回の記事でレポートした、マンションから小田急「町田」駅へ向かう途中の道でも通りましたが、駅の周辺に商店街が複数あり、そこでも“ちょっと良いもの”が買えたりするんです。

 
▲「原町田四丁目商店街」には、こだわり食材が買える「富澤商店」の“本店”があります。今や全国に店舗をもつ「富澤商店」ですが、実はここ町田が発祥の地。
お菓子やパンのミックス粉などもたくさん販売されていますが、私自身は、オイルコートされていないレーズン(結構探すのが難しいんですよね~)や、甘さ控えめのピーナツクリームなど、そのままでも食べられる美味しい食材を買いに行くことが多いです。

 

 
▲緑に囲まれた外観が印象的な「ぽっぽ町田」。北海道と山形、沖縄のアンテナショップが入っていて、ちょっと珍しいご当地グルメが手に入ります。
「まちだ名産品」に選ばれた町田オリジナルのお菓子なども買えますから、手土産に“地元の銘菓”を持っていきたいときに立ち寄ってみても良さそうです。

 


▲こちらは、前回の記事で、駅への徒歩ルートのひとつとしても紹介した「町田パークアベニュー商店会」。
町田の商店街にはドラッグストアなどもたくさんあり、プチプラ系のコスメや生活必需品などがお手頃価格で買えちゃう嬉しさも。店舗ごとの“得意分野”を調べて、買い回りするのも楽しそうです。

 

今は食品も雑貨も、何でもネットショッピングで手に入る時代ではありますが、やはり「仕事帰りに買える」「実物を手に取って選べる」お店は、近くにたくさんあって困ることはないと思います。

 

上で紹介したほかにも、家電量販店なら、「ヨドバシカメラ」、「ビックカメラ」、「ヤマダ電機」があり、書店なら「有隣堂」、「久美堂」、「ブックファースト」。スポーツ用品の総合ショップなら「ヴィクトリア」や「GALLERY・2」、「B&D」といった大型店があります。
趣味や部活動のためにちょっと専門的なものが欲しいときも、遠出をしなくて済みそうですね。

 

それに、これだけいろいろなものが揃っていると、子育てのことを考えても頼もしいんですよね。
ベビー・キッズ服は「小田急百貨店」の子ども服フロアや、「町田東急ツインズ」の中の「GAP」で買えますし、学生の必需品である文房具や書籍もそれぞれ専門店が。スポーツ用品や、手芸店(オカダヤ)、画材店(世界堂)などもありますから、急に「明日学校で〇〇が必要なんだけど」と言われても(よくあるんですよね~・笑)、最寄駅ですぐに買えるのは、助かることが多いと思います。

 
▲「町田東急ツインズ(WEST)」の1~2階にあるスポーツ用品店「ヴィクトリア」や画材店「世界堂」、手芸材料店「オカダヤ」といった専門店もあるので、趣味のものがあれこれ買えるだけでなく、子どもの通園・通学や部活動にも役立ちます。

 

今回、「町田」駅周辺の商業施設をあちこち歩いて感じたのは、お店の数や種類の豊富さに加えて、お手頃価格のものから、ちょっと高級感のあるものまで、選べる商品の幅も広いということ。生鮮食品や“デパコス”が同時にあれこれ買えるのも良いなと思いました。

 

さて、次回の記事では、町田から横浜・みなとみらい地区へ遊びに行ってみたいと思います。
どうぞお楽しみに!

※掲載の写真は2019年7月に撮影したものです。
※掲載の店舗情報は、2019年7月時点のものです。
※記事中の主な商業施設から現地までの距離:小田急百貨店…約550m(徒歩7分)/ルミネ町田…約560m(徒歩7分)/町田マルイ…約560m(徒歩7分)/町田東急ツインズ…約470m(徒歩6分)/町田モディ…約590m(徒歩8分)/ルミネ町田…約560m(徒歩7分)/町田ジョルナ…約460m(徒歩6分)/富澤商店 町田本店…約360m(徒歩5分)/ぽっぽ町田…約310m(徒歩4分)/オカダヤ 町田店…約450m(徒歩6分)/世界堂 町田店…約580m(徒歩8分)
※徒歩分数は、80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP