• 分譲マンション
  • 東京都町田市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 町田テラス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 町田テラス > 文化施設も駅の周りに集約。町田なら、趣味も芸術鑑賞も徒歩圏内で楽しめます
2019年12月17日

文化施設も駅の周りに集約。町田なら、趣味も芸術鑑賞も徒歩圏内で楽しめます

これまでの記事では、「町田」駅周辺のショッピング施設や交通アクセス事情、イベントなどを紹介してきました。

私自身、取材を進めるなかで、「2路線が利用できて、駅の周りにはデパートも大型のショッピングビルも商店街もあって、足りないものがないくらい便利な街!」と実感しているところですが、最近、「こんな一面もあるんだ」と感じたことがひとつ。

それは、公共の文化施設も駅の周りに集まっているということです。

区や市によっては、「商業施設が集まるエリア(繁華街)」と、「公共施設が集まるエリア(行政の中心地)」が離れていることがあり、利便性だけを重視して住む場所を選んだ結果、「買い物には便利だけれど、市役所は遠い」とか「本が好きなのに、大きな図書館へはバスを使わないと行けないから、なかなか足が向かない」なんてことにも。

さまざまな文化施設が身近にあるって、衣食住にプラスした“豊かさ”がいつもすぐそばにあること、ともいえますから、車などを使わず歩いて行ける範囲に揃っていると、日々の楽しみの幅が広がりそうです。

ということで今回の記事では、近くにあると嬉しい町田市の公共施設について、レポートしたいと思います。

こちらの記事をまとめると……

■町田市の公共施設、文化施設のほとんどが小田急「町田」駅の東側(マンション側)に集中
■市内最大の図書館が徒歩8分の場所に。無料で良質な映画が観られるイベントなども開催
■大人が学べるサークルや講座もたくさん。「やってみたい」と思ったらすぐに始められそう
■有名アーティストのコンサートが楽しめる市民ホールや、知る人ぞ知る名所の文学館も

町田市の公共施設、文化施設のほとんどが小田急「町田」駅の東側(マンション側)に集中

南北に長い形をしている町田市ですが、市役所をはじめとする市の中心的な公共施設は、市の南側にあるJR・小田急「町田」駅の周辺に集まっています。

なかでも中央図書館や中央公民館、生涯学習センターといった日常的に利用したい文化施設が、「ザ・パークハウス 町田テラス」が位置する、小田急「町田」駅の東側に集中しているんですね。

▲google Map上で、「町田」駅周辺にある公共施設をチェックしてみました。
町田市役所と市民ホールは駅の西側にありますが、他はほとんどが東側(マンション側)にあります。

市内最大の図書館が徒歩8分の場所に。無料で良質な映画が観られるイベントも開催

では、それぞれの施設について少し詳しくレポートしていきます。

まずは「町田市立中央図書館」(※1)
「町田」駅とペデストリアンデッキで繋がっていて、「ベストウェスタン レンブラントホテル東京町田」と同じ建物内に造られているキレイな図書館です。
面積も蔵書数も市内最大の図書館ですが、特徴的なのは「個人貸出数」の多さ。同規模の自治体のなかでは全国第2位という実績があるのだとか。(※2)

 
▲3フロアに分かれており、喫茶室や読書室、ホールなども備えている「町田市立中央図書館」。
幼児向けの読み聞かせ会などのほか、映画の上映会も行われていて、アカデミー賞を受賞した北欧映画などの良質な作品を無料で鑑賞できるイベントも。近所にあったら足しげく通ってしまいそうな図書館です。

市民サークルや大人が学べる講座もたくさん。「やってみたい」と思ったらすぐに始められそう

それから、集会室やホールなど、市が主催するイベントや市民のサークル活動の場となる公共施設もたくさん。

町田市は市民サークルの活動も活発なようで、広報誌などでもヨガやダンス、囲碁、将棋、俳句、書道、陶芸、ハイキングやバードウォッチングなど、数えきれないくらいのサークルが会員を募集しているんです。

 
▲複合商業施設の「レミィ町田」の中には、「町田市生涯学習センター」と「まちだ中央公民館」(※3)があります。
生涯学習センターには、働いている人でも学びやすい平日の夜間のプログラムも充実していて、東京大学や一橋大学の教授による講義が受けられます。

 

 
▲集会室やホール、スタジオなどがある「町田市文化交流センター」(※4)も、「町田」駅のターミナル口のすぐそば、繁華街の飲食店などが入るビルの中にあります。
サークル活動を終えたらしきグループが、下のフロアのカフェで楽しそうにお茶をする姿も。

 

サークルの張り紙を見ていたところ、合唱サークルの活動をしているというシニア世代の女性が
「いろんなサークルがあるでしょう。私もあっちこっち掛け持ちしていて、毎日すごく忙しいのよ。若いころより忙しいくらい(笑)」と楽しそうにお話してくれました。

年齢を重ねても生き生きと暮らせるって、良い環境だなぁと思います。


▲ちなみにこちらはペデストリアンデッキ上にある広場「町田ターミナルプラザ市民広場」。
ミニコンサートや映画の上映会、子ども向けの遊び場など、さまざまなイベント会場として使われています。
取材日はイルミネーションの準備が行われていました。

 

また、ふらりと訪れても楽しい公共施設があるのも、町田の特徴です。

 
▲2013年にリニューアルオープンした「ぽっぽ町田」(画像1枚目)(※5)は、町田まちづくり公社が運営する施設。スターバックスコーヒーや沖縄と北海道の物産館、イベントスペースなどがある複合施設で、緑のある中庭もあり、商店街のなかの憩いの場としても利用されています。
2014年に旧市役所の跡地に作られた「町田シバヒロ」(画像2枚目)(※6)は、約5,700㎡の芝生の広場。普段は公園、週末などはさまざまなイベント会場として親しまれており、いつも多くの人で賑わっています。

市民ホールや文学館、版画美術館も徒歩圏内。音楽や文学、美術などが日常的に楽しめる

また、クラシックや有名アーティストのコンサートなどが定期的に開催される「町田市民ホール」(※7)や、文学に関する企画展が面白い「町田市民文学館 ことばらんど」(※8)といった文化施設も身近です。

 
▲町田市役所の隣にある「町田市民ホール」(画像1枚目)では、テレビなどでお馴染みのアーティストの公演が行われることも。
「町田市民文学館 ことばらんど」(画像2枚目)は、駅に近い場所ながら少し落ち着いた一角にあり、企画展を目当てに遠方から訪れる人もいる、知る人ぞ知る文学館です。

 

今回紹介した公共施設は、ほとんどがマンションから徒歩8分圏内の場所にあります。
市役所と市民ホールは“駅の反対側”にあり、少し離れていますが、「町田」駅直結の小田急百貨店の中には各種証明書の発行手続きなどができる「町田駅前連絡所」(※9)があるため、日ごろ必要なことはこちらでほとんど間に合ってしまいそう。

 

こんな風に、お買い物や外食に加えて、趣味や文化活動も歩いて行ける範囲で全部済む環境だと、車を持たなくてもあれこれ楽しめそうで良いなと思います。
平日は仕事で忙しいという人も、近くでなら趣味のレッスンなどに参加してみたいと思えるかもしれませんし、子育てがひと段落してこれから趣味を思いっきり楽しんでみたいという人も、近くでなら気軽に新しいことにチャレンジできそう。
町田は、「大人がずっと楽しく暮らせる街」といえるかもしれませんね。

※1:町田市立中央図書館…現地より約590m・徒歩8分
※2:町田市立図書館統計『町田の図書館 2018年度』より、「他自治体との比較(個人貸出数)」を引用
※3:町田市生涯学習センター・まちだ中央公民館…現地より約390m・徒歩5分
※4:町田市文化交流センター…現地より約550m・徒歩7分
※5:町田市民ホール…現地より約1230m・徒歩16分
※6:ぽっぽ町田…現地より約310m・徒歩4分
※7:町田シバヒロ…現地より約530m・徒歩7分
※8:町田市民文学館 ことばらんど…現地より約260m・徒歩4分
※9:町田市役所町田駅前連絡所…現地より約550m・徒歩7分
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP