• 分譲マンション
  • 東京都世田谷区
  • 三菱地所レジデンス・コスモスイニシア

住宅ライターの「ザ・パークハウス 経堂レジデンス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 経堂レジデンス > 「経堂」駅周辺の商業利便は? 「経堂農大通り商店街」や「経堂コルティ」を散策しました。
2020年07月20日

「経堂」駅周辺の商業利便は? 「経堂農大通り商店街」や「経堂コルティ」を散策しました。

今回は「経堂」駅周辺の買い物や飲食店の充実度など、駅前の商業施設についてレポートします。

経堂は、曜日や時間帯を問わずいつもたくさんの人で賑わっている印象です。
「経堂農大通り商店街」や小田急運営のショッピングビル「経堂コルティ」、「経堂すずらん通り商店街」があり、買い物やグルメを楽しむ人が絶えず往来しています。

お店の種類も豊富で、スーパーやドラッグストアといった生活必需品系から、金融機関、クリニック、「経堂コルティ」の中には「MUJIcom(ムジコム)」や「LOFT(ロフト)」といったショップもあり、生活に欠かせないものプラス「家の近くにあったら嬉しいな」という施設がギュッと集まっているんですね。

飲食店も、おしゃれなバルやカフェなど、ここにしかない本格的な飲食店もあれば、学生で賑わうチェーン店もありと、かなりの充実度なんです。

では、具体的にはどんなお店があるか、見ていきたいと思います。

こちらの記事をまとめると……

「経堂農大通り商店街」やショッピングビルの「経堂コルティ」など、駅周辺は商業施設が充実

「経堂」駅周辺は、駅の南北に商店街が伸びており、線路沿い(東西)に2011年オープンの「経堂コルティ」を含む「経堂テラスガーデン」があります。


▲「経堂」駅周辺の地図。商店街や「経堂コルティ」などの商業施設は、駅からマンションに帰る途中にも立ち寄りやすそうですね。

 

中でも“経堂のメインストリート”といえるのは、駅の南口から伸びる「経堂農大通り商店街」。

戦後すぐの昭和23年(1948年)に生まれた歴史ある商店街で、名前のとおり、駅から「東京農業大学」へ向かう道沿いにあります。街の発展と共に商店街も活気を増し、現在は約380mの距離に150店以上が軒を連ねています。


▲いつも賑わう「経堂農大通り商店街」(現地より約390m)。

 

駅の北側には、「経堂コルティ」をはじめ再開発によって生まれた新しい商業施設があります。


▲「経堂」駅の北口。「経堂コルティ」(現地より約520m)は駅のロータリーのすぐ脇にあります。

「農大通り商店街」の豊富な飲食店!リーズナブルなチェーン店から、グルメサイトでも高評価の飲食店も!

「農大通り商店街」の魅力のひとつは、和・洋・中、カフェから飲み屋さんまで多種多様な飲食店がギュギュッと集まっていること。

「ドトールコーヒー」や「串カツ田中」、「築地銀だこ」、「餃子の王将」といったお馴染みのチェーン店から、パスタやお好み焼き、ラーメン、寿司などの専門店、居酒屋、おしゃれなバルなど、学生から大人まで満足できそうなお店が所狭しと並んでいます。


▲「東京農業大学」も近く、学生街としても知られる経堂には、リーズナブルなお店もたくさん。

 

グルメサイトなどで高評価のお店も多く、例えば本格的な四川料理が食べられると評判の「蜀彩(しょくさい)」や、広島風お好み焼き店の「八昌(はっしょう)」などは、平日でも並ばないと入れないことがあるほどの人気店。

 
▲四川料理「蜀彩(しょくさい)」(現地より約650m)。直接中国から買い付けた香辛料を使って作られる担々麺や麻婆豆腐、よだれ鶏などのメニューが人気です。

 

レストランやバルも充実しています。
例えば「洋食バル ウルトラ」は、イマドキ風にアレンジされたナポリタンやカツレツ、エビフライといった懐かしの洋食をお酒と一緒に味わえる個性的なお店。土日祝は予約必須の人気店です。


▲「洋食バル ウルトラ」(現地より約750m)。こちらのお店のように、夜にしっかり食事をしつつ、お酒も飲める飲食店が豊富なのも経堂のいいところ。お酒を飲んでも、車を使わずに帰れる距離感が良いですね。

 

食事系だけでなく、カフェやスイーツのお店もいろいろとあります。

 
▲例えばこちらはマシュマロを使ったスイーツのお店「& Marshmallows(アンドマシュマロ)」(現地より約500m)。パフェのような見た目のスイーツは意外とあっさりとしていて、食後にもペロリと食べられる美味しさです。カフェコーナーも併設されています。

 

この他にも、個性豊かな飲食店が商店街内に60店舗以上並んでおり、食べ歩きも楽しそう。
店頭でお子さんが「これください!」と注文している姿を見ることもあり、“地元の商店街”らしい温かさも感じます。

「農大通り商店街」には、ドラッグストア、雑貨店、クリニック、金融機関など、生活密着系のお店もひと通り揃う

飲食だけでなく、お買い物スポットとしてもかなり使えるこちらの商店街。

ドラッグストアやクリーニング店、携帯ショップ(ソフトバンク、au、ワイモバイルの店舗があります)、靴やバッグの修理店、コンビニ、銀行や信用金庫などの金融機関、クリニックなど、家の近くにあると助かるお店や施設が揃っています。

 
▲画像1枚目:ドラッグストアの「ココカラファイン 経堂店」(現地より約550m)。「経堂コルティ」の中にもドラッグストアがありますが、こちらも便利に使えそう。
画像2枚目:「クリーニング ドルチェ エビス」(現地より約480m)。他にも、商店街や「経堂コルティ」の中に複数のクリーニング店があります。

 

 
▲画像1枚目:「おとなとこどもの経堂歯科」(現地より約590m)をはじめ、皮膚科や整骨院などのクリニックも。
画像2枚目:「三井住友銀行 経堂支店」(現地より約660m)。窓口を備えた銀行の支店も近くにあると頼もしいですね。

 

 
▲画像1枚目:「白土陶舎(はくどとうしゃ)」(現地より約470m)。作家物の陶磁器を取り扱っている食器店です。
画像2枚目:こちらの「ダズンフォー」(現地より約440m)は地元で愛される昔ながらのベーカリー。この他にも、青果店や雑貨店などさまざまなお店があります。

 

お店の多さもさることながら、こちらの商店街の良さは“距離がちょうどいいこと”だと私は思います。
端から端まで歩いても5分程度なので、「あのお店に行きたいけど、歩くのがちょっとなぁ」とならないんですよね。

「経堂」駅の北側には再開発で誕生した「経堂コルティ」。高品質スーパーや「MUJIcom」「ロフト」があって便利

もうひとつ、毎日の買い物スポットとして使えそうなのが、北口前の「経堂コルティ」です。


▲4フロア構成の「経堂コルティ」。1階はスーパーなど食品メインのフロア、2~3階は雑貨やコスメのショップ、書店、カフェなどのフロア、4階はレストランフロアになっています。

 

仕事帰りに立ち寄るのに便利そうだと思うのは、1階にあるスーパー「Odakyu OX(オダキュウ オーエックス)」と、デパ地下のような惣菜店。


▲地上からサッと入れて買い物しやすそうな「Odakyu OX」。ベーカリーの「HOKUO」やスイーツ店の「FLO(フロ・プレステージュ)」、おこわ・お弁当の「たごさく」、「とんかつ新宿さぼてん」といった専門店も入っています。

 


▲2~3階には、「MUJIcom(ムジコム)」や「LOFT(ロフト)」、大型書店の「三省堂書店」、「KALDI(カルディ)」といったお馴染みのショップも。

 

「経堂テラスガーデン」内、北口の高架下にも和菓子店の「銀座あけぼの」やベーカリー・カフェの「MAISON ICHI(メゾン・イチ)」、パスタ店の「洋麺屋 五右衛門」などが並んでいます。


▲2008年に整備された高架下のお店。同じ「経堂テラスガーデン」内にある「経堂コルティ」や商店街などと合わせて利用すると、買い物・寄り道スポットには困らなそうですね。

 

休日にわざわざ新宿・渋谷などの繁華街まで出かけるのはちょっと億劫だなというときや、子育て中で用事を近くで済ませたいとき、年齢を重ねたときのことなどを考えても、最寄り駅周辺でひととおりの用事や買い物が済ませられるって何かと便利なもの。

また、食べ歩き・飲み歩きしたり、あえて裏道に足をのばしてみたりと、散策気分で楽しめそうなのも「経堂」駅周辺の良さだと思います。

※掲載の写真は2020年6月に撮影したものです。
※写真に記載している距離は、現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
※掲載の情報は2020年6月現在のもので、今後変更となる場合があります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

過去の記事

この物件の他の記事 PAGE TOP