• 分譲マンション
  • 東京都世田谷区
  • 三菱地所レジデンス・コスモスイニシア

住宅ライターの「ザ・パークハウス 経堂レジデンス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 経堂レジデンス > 小田急沿線に住むメリットとは?下北沢・代々木上原など「散策が楽しい街」が沿線に!
2020年10月30日

小田急沿線に住むメリットとは?下北沢・代々木上原など「散策が楽しい街」が沿線に!

今回は、「ザ・パークハウス 経堂レジデンス」の最寄駅、「経堂」駅を通る小田急線についてレポートします。

マンションを選ぶとき「どの沿線に住むか」は大切な要素。勤務先へのアクセスや通勤時間帯の混雑率など、事前に調べておきたいことはいろいろとありますが、特に小田急線について私が「いいな!」と思うのは、「遠くからでもわざわざ出かけていきたくなるような、休日の散策にちょうど良い街が沿線にたくさんある」ことです。

例えば、再開発で生まれ変わる「下北沢」駅や、カフェなどのおしゃれなお店が集まる「代々木上原」駅、ショッピングに便利な「表参道」駅、1回乗換で行ける東急世田谷沿線など。
今回はそんなステキなお店やスポットを訪ねて、沿線の魅力的な街を歩いてみました。


▲マンション公式サイトの路線図を引用。
「経堂」駅からは急行利用で「下北沢」駅へ1駅3分、「代々木上原」駅へは2駅5分。気軽にお出かけできる近さですね。「表参道」駅へは乗換なしでも行けますが、「代々木上原」駅で乗り換える場合も同じホームで済むのでラクチン。
のんびりした雰囲気の東急世田谷線沿線には、「豪徳寺」駅で乗り換えても、自転車でも行けます。

こちらの記事をまとめると……

古着店や小劇場が並ぶ若者の街から、再開発で大人も楽しめる街へ進化した【下北沢】

「経堂」から急行で1駅3分の「下北沢」駅。

小田急線と京王線が乗入れており、都心部からは少し離れた駅にも関わらず“シモキタ”の愛称で若者を中心に人気を集めています。珍しいヴィンテージものの服や小物が手に入る古着店や、数々の有名ミュージシャンが通ってきたライブハウス、活気ある小劇場、おしゃれなカフェなどがひしめき合っていて、サブカルチャーの聖地ともいわれる街。

近年は少し様相が変わり、2013年にそれまであった踏切が解消。2019年に新駅舎が完成したことをきっかけに、新しい文化・商業施設が複数できました。大人もふらりと訪れて楽しめる街へと変わりつつあります。

 
▲現在の「下北沢」駅。駅周辺は現在、小田急電鉄が「BE YOU.シモキタらしく。ジブンらしく。」をコンセプトに開発を進めています。1~2階部分には「シモキタエキウエ」という商業施設がオープンしました。

 

また、2020年10月には一戸建てのような“ハコ”が並ぶ新しい商店街「ボーナストラック」がグランドオープン。
コワーキングスペースや物販、ギャラリーなどいろいろなスペースがあるのですが、なかでも楽しいのは個性豊かな飲食店。

 
▲「ボーナストラック」。和の焼き菓子をおつまみにお酒が飲める「胃袋にズキュンはなれ」、日記を読む・書くことに特化したお店&カフェ「日記屋 月日」、発酵食品の専門店「発酵デパートメント」、ビールが飲める書店「本屋 B&B」など、他にはない“シモキタ”らしいお店が並びます。
(ボーナストラック…世田谷区代田2-36-12~15/営業時間・定休日は店舗による)

 

「シモキタエキウエ」や「ボーナストラック」は、「東北沢」駅・「下北沢」駅・「世田谷代田」駅周辺の線路地下化で生まれたスペースに新しく作られた商業施設。他にも温泉宿泊施設の「由縁別邸 代田(ゆえんべってい だいた)」が9月下旬にオープンしています。

今後もミニシアターを含む商業施設やエンタメカフェ、都市型ホテルなど が2020年12月にオープン予定。

「東北沢」駅~「世田谷代田」駅までの開発区域は全長約1.7kmほどなので、生まれ変わった元・線路の街をお散歩してみるのも楽しそうです。


▲もちろん、古着店やカフェなどが集まる下北沢らしい街並みも健在。より多様性のある街へと進化していきそうです。

その道のツウのスイーツ店やカフェなどが住宅街に点在。こだわりのお店巡りが楽しい【代々木上原】

「経堂」駅から急行で2駅5分、東京メトロ千代田線への乗換駅でもある「代々木上原」駅は、カフェやバー、スイーツ店、ベーカリー、雑貨店などが集まるおしゃれな街。
住宅街の中に、たとえば「モンブラン 東京」「グラノーラ 専門店」といったキーワードで検索すると上位に出てくるようなこだわりのお店がポツポツと点在していて、宝探しをするように歩ける街です。

その中で、わざわざ電車に乗って出かけたくなるような、気になったお店をいくつか紹介してみましょう。

 
▲休日は行列必至のパティスリー「ASTERISQUE(アステリスク)」。
見た目が美しいだけでなく、素材にこだわったスイーツはまるで芸術品のよう!特に有名なのは、愛媛県産の栗を使用したモンブラン。濃厚なマロンペーストとサクサクのメレンゲ、まろやかなのに後味がスッと消える味わいの生クリームと、一口ごとに驚きがあり、これを買うために遠方から訪れる人もいるというのが納得の銘品です。
(アステリスク…東京都渋谷区上原1-26-16 タマテクノビル1F/営業時間10:00~18:00/不定休)

 

 
▲住宅街の中にぽつんと佇む「カタネベーカリー/カタネカフェ」。
1Fがベーカリー、地下がカフェになっています。“パンマニア”な私の友人が「都内で一番!」とオススメしていたので、個人的にずっと気になっていたお店。駅から10分ほど歩くにも関わらず、ベーカリーにはいつも行列ができていて、客足が途絶えません。バターたっぷりでサックサクのクロワッサンや、ナッツやベリーがたっぷり入ったパンが160円~190円くらいで買える“コスパ”の良さも人気の理由のようです。
(カタネベーカリー/カタネカフェ…東京都渋谷区西原1-7-5/営業時間7:00~18:30(カフェは7:30~18:00)/定休日 月曜日・第1 第3 第5 日曜日)

 

 
▲ナッツとドライフルーツ、グラノーラのお店「NOOKS FOODS(ヌークス フーズ)」。ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」の朝食やルームサービスにも採用されたというナチュラルフードの専門店です。
特に着色料・添加物・上白糖を一切使用せずに作られたグラノーラが有名で、都内でも屈指の人気なのだとか。スーパーやコンビニで買うものとは違う、自然の甘さとしっかりとしたオーツ麦の味わいが感じられます。ナッツやドライフルーツはちょっとしたプレゼントにもぴったり。
(NOOKS FOODS…東京都渋谷区上原1-13-9/営業時間11:00~20:00/定休日なし(年末年始を除く))

 

この他にも、ビール醸造所「スワンレイクビール」の直営店や、揚げたてドーナツの名店「ハリッツ」、独創的なパフェが人気の「ビヤンネートル」、パーツを選んで自分だけのオリジナルノートが作れる「HININE NOTE(ハイナインノート)」など、その分野に興味のある人ならSNSなどで一度は目にしたことがあるようなお店が代々木上原にはいくつもあります。

電車で1本、乗車5分でお出かけできるなら、日常使いもできそうですね。

ブランド店がずらりと並ぶ「表参道」や「日比谷」など【地下鉄千代田線沿線】もお出かけスポットがたくさん

また、小田急線は東京メトロ千代田線に乗り入れているので、「明治神宮前」駅(原宿駅)、「表参道」駅、劇場など文化施設が集まる「日比谷」駅、下町散歩が楽しい「根津」駅や「千駄木」駅といった場所にも「経堂」から乗り換えなしで遊びに行けます。

 
▲ハイブランドのショップが並ぶ「表参道」駅は、原宿、青山方面へ向かうときにも利用しやすい駅。
駅舎が新しくなり、駅前に「IKEA(イケア)」が入る「WITH HARAJUKU(ウィズハラジュク)」ができた「原宿」駅など、話題のスポットにも気軽に行けそうです。

グルメもお散歩も面白い散策の穴場【東急世田谷線沿線】。レトロなトラムに乗るのも楽しい!

また、経堂から意外と近い散策の穴場が、のんびりした雰囲気が魅力の東急世田谷線沿線。起点の「三軒茶屋」駅から終点の「下高井戸」駅まででも全長5kmほどのコンパクトな路線です。

「あまり馴染みがなくて、どんな場所か知らない」という方もいるかもしれませんが、この沿線には実はグルメサイトなどで名を馳せる名店や、ちょっとした旅行気分が味わえるお散歩スポットがたくさんあります。しかもひと駅だけではなく、駅と駅の間や、複数の駅にわたって沿線全体にステキなお店が点在しているので、散策のしがいがあるんです。

マンションから一番近い「宮の坂」駅は烏山川緑道を歩いて約1.3km。徒歩や自転車でも行けそうな距離ですね。
「経堂」駅のひとつ隣の「豪徳寺」駅から、「山下」駅(豪徳寺駅改札より約50m)にて東急世田谷線に乗り換えることができます。

 
▲「経堂」駅のひとつ新宿寄りの「豪徳寺」駅は、小田急線と東急世田谷線(写真1枚目)が通っている駅。経堂とはまた違った、どこか懐かしい味わいある商店街を歩くのも楽しいんです。

 

 
▲駅名にもなっている寺院「豪徳寺」。縁起物の招き猫の発祥ともいわれる世田谷の名所のひとつ。境内も美しく、普段の生活圏から少し離れるだけでちょっとした観光気分が味わえます。

 

 
▲こちらは「松陰神社前」駅の名店、「ブーランジェリー スドウ」。グルメサイトでもかなりの高評価が付いているベーカリーで、なんと食パンは1カ月待ちという人気ぶり。現在は入店制限中ということもあり、お店の前には常に列ができていますが、どのパンもバターと小麦の香りが高く、ずっしりとしていて満足感の高いものでした。
(ブーランジェリー スドウ…東京都世田谷区世田谷4-3-14/営業時間10:00~19:00/定休日 日曜・月曜・他)

 

他にも東急世田谷線沿線には、可愛いラテアートと居心地の良さで雑誌などでもよく紹介される「松陰神社前」駅の「カフェ・ロッタ」や「バイ・アンド・バイ」といったカフェ、手作りの肉まんで有名な「上町」駅の「鹿港(ルーガン)」、洗練された本格広東料理が食べられる「松原」駅近くの「世田谷 火龍園(ファンロンユェン)」といった知る人ぞ知る名店がたくさんあります。

また、「上町」駅近くで行われる毎年恒例の「ボロ市」(2020年度は中止)や、「世田谷」駅前で実施される「せたがや駅前 楽市楽座」、「三軒茶屋」駅周辺が文化祭のような雰囲気に包まれる「世田谷アートタウン2020 三茶de大道芸」といったお祭りやイベントに出かけてみるのも楽しそうだと思います。

 

いかがでしたか?

普段は「経堂」駅周辺の商店街やスーパー、飲食店を利用するのがもちろん便利だと思いますが、たまには電車1本でふらりとお出かけしてお気に入りのお店やスポット巡りをしてみるのも楽しそう。

「新宿」駅や「渋谷」駅といった大きな駅にはない、「ツウが知るお店」「他にはないおしゃれなお店」がたくさん集まっているのが、小田急線沿線の魅力のひとつだと思います。

※路線図は主要路線、主要駅を抜粋して作成してあります。表示分数は、日中平常時のもので時間帯により異なります。また、乗換え、待ち時間は含まれていません。
※「代々木上原」駅:小田急小田原線急行利用(通勤時:通勤準急利用6分)※「三軒茶屋」駅:小田急小田原線利用、「豪徳寺」駅より、東急世田谷線「山下」駅に乗換え(通勤時:15分)※「霞ケ関」駅:小田急小田原線急行利用、「代々木上原」駅より東京メトロ千代田線に乗換え(通勤時:21分)※「品川」駅:小田急小田原急行線利用、「下北沢」駅より京王井の頭線急行に乗換え、「渋谷」駅よりJR山手線に乗換え(通勤時:20分)※「銀座」駅:小田急小田原線急行利用、「代々木上原」駅より東京メトロ千代田線に乗換え、「国会議事堂前」駅より東京メトロ丸ノ内線に乗換え(通勤時:22分)※「東京」駅:小田急小田原線急行利用、「新宿」駅よりJR中央線快速乗換え(通勤時:「代々木上原」駅より快速急行利用、「新宿」駅よりJR中央快速乗換え25分)
※掲載の表示分数は、日中平常時及び通勤時のもので、時間帯により異なります。また、乗換、待ち時間は含まれていません。
※2020年4月現在のダイヤによるものです。「駅すぱあと」調べ。
※掲載の写真はすべて2020年10月に撮影したものです。
※掲載の情報は、2020年10月時点のものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事 PAGE TOP