• 分譲マンション
  • 東京都世田谷区
  • 三菱地所レジデンス・コスモスイニシア

住宅ライターの「ザ・パークハウス 経堂レジデンス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 経堂レジデンス > 砧公園や馬事公苑など、経堂から自転車で気軽に行ける距離に大規模公園が複数!
2020年10月20日

砧公園や馬事公苑など、経堂から自転車で気軽に行ける距離に大規模公園が複数!

世田谷区経堂に位置する「ザ・パークハウス 経堂レジデンス」。世田谷区というと、緑が多い、大きな公園がある、というイメージがありますよね。

「経堂」は小田急線の急行停車駅で、商店街で賑わう街。
商業や住宅地のイメージがあったので、大規模公園まではどれくらいの距離なんだろう?と思ったのですが、地図で調べてみると、「砧公園」や「馬事公苑」といった大きな公園がマンションから1.5km~2.5kmほどの場所にありました。

これくらいなら、「週末、お散歩や自転車でちょっとお出かけ」にちょうど良い距離!
そこで今回は、マンションから気軽に行ける大規模公園、「馬事公苑」、「砧公園」、「蘆花恒春園」に出かけてみました。

こちらの記事をまとめると……

マンションの約2.5km圏内に3つの大規模公園。自転車でのお出かけにちょうどいい距離

これまでの記事では「経堂」駅やマンション建設地周辺をレポートしてきましたが、地図をもう少し広い範囲で見てみると、大きな公園が複数あることに気が付きます。

▲マンションの約2.5km圏内にある公園にピン立てをしてみました。「砧公園」、「馬事公苑」、「蘆花恒春園」という3つの広い公園がありますね。
また、さらに範囲を広げると、約3.8kmの所に「駒沢オリンピック公園」もあります。

 

世田谷区は、緑地の割合を示す「緑被率」が23区内で第2位(1位は農地などの割合が多い練馬区)と、自然の多い区です。(※1)
こうして地図で見てみると、「確かに、広い公園があって緑が多いかも!」と改めて感じますね。

今回、私は自転車でこちらの3つの大規模公園に出かけてみたのですが、約2.5kmの距離なら徒歩でも行けそう。

公園まで向かう途中も街路樹が気持ちのいい道があったので、お散歩やランニングのコースにもできそうだと思います。大規模公園のような“目的地”があると、天気の良い休日など、「ちょっと出かけてみようかな」という気持ちになれるんですよね。

 
▲マンション建設地から自転車で移動。画像2枚目は「馬事公苑」に行く途中に走った千歳通りです。緑が多く、気持ちのいい道でした。

 

オリンピック後に再整備予定の「馬事公苑」。休日は緑を眺めて読書をしながらカフェでひと息

まず訪れたのは「馬事公苑」。(マンション現地より約1.5km)マンションから自転車なら10分前後、徒歩でも20分ほどの距離です。

こちらは日本中央競馬会(JRA)が運営する公園で、馬と触れ合える人気のスポットです。東京オリンピックの馬術の競技会場として使用される予定のため、現在は改修工事中で中に入ることはできませんが、公園前の「けやき広場」などでのんびりくつろぐことができます。

 
▲東京オリンピック後に再整備され、改めて地域に開放される予定の「馬事公苑」。
公園へと続く「けやき広場」は車が入ってこないため、ベンチで読書をしたり、よちよち歩きの赤ちゃんを連れて遊びに来ている方がいました。

 

 
▲改修前は、引退後の競走馬に会えたり、イベントの日には馬車に乗れたりと、他ではなかなかできない体験も。苑内には馬をかたどったモニュメントや遊具がたくさんありました。

 

「馬事公苑」の周辺には、本を読みながらコーヒーが飲める「スターバックス・コーヒー TSUTAYA 馬事公苑店」をはじめおしゃれなカフェが点在しています。お散歩の途中に、キレイな緑を眺めながらホッとひと息……なんて、ステキな休日の過ごし方ができそう。

また、デパ地下で売っているクッキーやワイン、全国の銘菓などが買える「三越 馬事公苑」もあり、ちょっとした手土産が買える便利さもあります。

東京農業大学の「『食と農』の博物館」もあり、こちらは現在も開館中(事前予約制)。

 
▲「『食と農』の博物館」。こちらにもカフェが併設されています。カフェはニューヨークに本店を構える「egg(エッグ)」の国内2号店。アメリカ南部スタイルの“オールデイブレックファスト”が食べられます。(※カフェは当面の間臨時休業中とのこと)
博物館は入館料無料。チャボやスナネズミ、リクガメなどの生き物が見られることもあって、ファミリーにも人気のスポットです。

東京ドーム8個分の広さ!広い芝生の広場や森のような自然の中で過ごせる「砧公園」

続いてレポートするのは「砧公園」。面積約39万㎡、東京ドーム8個分超もの広さがある大規模公園です。
マンションからは約2.5km、自転車ならゆっくりめに走って15~20分ほどの距離ですね。駐輪場だけでなく、駐車場(有料)も整備されています。


▲公園の案内図。この案内図の左半分がサイクリングコースに囲まれた「ファミリーパーク(芝生の広場などがメイン)」、右半分が子どもの遊び場や「世田谷美術館」、球技場などのあるエリアとなっています。

 

こちらの公園の特徴は、とにかく広い芝生の広場があることと、サイクリング(ランニング)コースが整備されていること、また、子ども向けの遊具が充実していること。

お弁当を持ってピクニック、サイクリングやランニング、子どもの遊び場と、幅広い世代の方にとって使い勝手の良い公園なんです。

大部分を占めるのは芝生の広場。360°ぐるっと見渡しても、どこまでも緑が広がっているような開放感で、ちょっとした旅行に来たような気分になれます。


▲園内の芝生の広場。広角レンズのカメラに収まりきらないほど広大です(笑)
レジャーシートを広げて、レストランのテイクアウトなどを食べても楽しそうですね。ペットを連れてお外ワイン会を楽しんでいる方もいましたよ!

 

公園の西側一帯にはサイクリングコースが整備されており、ウォーキングやランニングもできます。
一周約1.7kmで適度なアップダウンがあり、初心者でもチャレンジしやすそう。マンションから「砧公園」への往復を含めると往復で7km弱のコースになりますから、休日のランニングにも良さそうな距離ですね。


▲サイクリングコース。アスファルトで整備されたコースを自転車で走ることができます。ランニングにもぴったり。

 

また、子ども向けの遊び場も充実しています。
園内には「子供の森」や「アスレチックパーク」といった遊具のある広場がいくつかありますが、取材日に最もたくさんのファミリーで賑わっていたのは、「みんなのひろば」。


▲2020年の3月に整備されたばかりの「みんなのひろば」。日本でもまだ珍しい、ユニバーサルデザインを全体に採用した遊び場で、車いすのまま遊べる複合遊具や、寝そべった姿勢で乗れるブランコなどがあります。

 

 
▲こちらは「子供の森」。落ち葉が積もって柔らかな踏み心地になった地面の上には、ドングリがたくさん落ちていました。解説板も面白いですね。

 

「砧公園」には「世田谷美術館」も併設されていて、リーズブルな観覧料で気軽にアートに触れることができます。

他の地域に類を見ないほど芸術家が多く在住している世田谷区(美術館HPより)の特徴を活かし、区内在住のアーティストの作品を中心に展示。緑に包まれた環境の良さや、建築家・内井昭蔵設計の館内も見どころのひとつです。


▲「世田谷美術館」。常設展の観覧料は、一般200円、大高生150円、65歳以上・小中生100円。
ミニコンサートやキッズ向けのワークショップ、美術講座なども定期的に開催されています。
なかでも半年間で修了する「美術大学」は開館以来続く人気の講座。大学教授やアーティストの方を講師に、講義、実技、鑑賞と、幅広くアートについて学べます。現在はオンラインでの通信講座を開講中だそうです。

文豪の邸宅が公園に。のんびりした雰囲気の「蘆花恒春園」は、ドッグランも人気

明治・大正期の文豪、徳冨蘆花の邸宅周辺を公園にした「蘆花恒春園」も、マンションから約2.2kmの場所にあります。のんびりした雰囲気が魅力の公園で、ドッグランがあることでも親しまれています。
環八通りに隣接していて駐車場(有料)もあるので、車で出かけても良さそうですね。

 


▲よくお手入れされたキレイな花壇や、武蔵野の自然を再現した豊かな緑が特徴の「蘆花恒春園」。
登録制のドッグランは小型犬・大型犬のエリアに分かれていて、ペットの犬たちが元気に走り回れます。ボランティアによるしつけ教室なども開催されています。

 

今回、いくつかの大規模公園を訪れてみて、公園内はもちろん、道路の街路樹など街全体の緑の多さを改めて感じました。また、ユニバーサルデザインを採用した遊具があったり、公園に隣接した美術館や博物館があったりと、世田谷区の先進性や文化への関心の高さがうかがえたのも興味深かった点。

普段はマンション隣接の緑道でお散歩、休日は自転車で広々とした大規模公園へと、公園の使い分けができるって、なかなか贅沢な環境だと思います。

※1:世田谷区ホームページ「世田谷のみどりの資源(平成28年度みどりの資源調査)」より
※マンションで飼育できるペットの種類、大きさおよび頭数には制限があります。詳細は管理規約集を確認してください。
※掲載の写真はすべて2020年9月に撮影したものです。
※掲載の情報は、2020年10月時点のものです。
※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数が80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この物件の他の記事 PAGE TOP