• 分譲マンション
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 三菱地所レジデンス・JR西日本不動産開発・三菱倉庫・安田不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 神戸タワー」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > ザ・パークハウス 神戸タワー > グランドオープンを迎えたレジデンスギャラリーをレポート!【ギャラリー編】
2018年03月20日

グランドオープンを迎えたレジデンスギャラリーをレポート!【ギャラリー編】

3月17日にグランドオープンしたばかりの「ザ・パークハウス神戸タワー」レジデンスギャラリー。皆さんはもう見学のご予約をされましたか?
今回は、全国からのご来場も多いという「ザ・パークハウス神戸タワー」レジデンスギャラリーの様子をレポートしたいと思います。

大規模タワーマンションならではの、最新設備が充実したギャラリー

大規模マンションのギャラリーではモデルルームや商談スペースだけでなく、充実した共用部の詳細や全体計画を見せるための工夫が凝らされています。まずは、ギャラリー内の施設をご紹介しましょう。

まず初めにご紹介するのはシアタールーム。
シアタールームでは環境や共用施設、設計コンセプトなどが動画で上映されます。

 
▲ゆったりと寛げそうなシアターシート。

こちらのレジデンスギャラリーでは、単純な映像だけではなく、プロジェクションマッピングが駆使されているとのこと。なんだかテーマパークのアトラクションのようです。どんな仕掛けなのかは実際見てのお楽しみ♪

また、大規模なタワーマンションの全景をイメージするのに便利なのがこの模型。周辺道路との接道状況や建物の形がわかりやすく再現されています。


▲精巧に細部まで再現された模型。

来場者の皆さんのご要望を伺ったり、詳細についてのお話をする商談スペースは、プライバシーに配慮された個室が8室、半個室が7室用意されています。

 
▲ゆったりと落ち着きのある空間で、模型や画像を見ながら物件の魅力を知ることができます。

モデルルームとパネルコーナーは2階に設置されています。

▲2階ではスリッパに履き替え、手袋を着用します。

こちらのVRコーナーでは、共用部の様子をその場にいるような目線で見ることができます。

 
▲専用ゴーグルをつけて見る画像はとてもリアル!ぜひ実際に体感してみてくださいね。

ギャラリースペースでは、建物の構造や施工会社である大林組についての紹介がされています。また、モデルルームの外には選べるインテリアカラーのサンプルも展示されています。

 
▲広々とした空間に、大きなパネルやサンプルがゆったり配置されているので、美術館の作品を見るような感覚で見学できます。

なお、モデルルームについては、2タイプ用意されています。
次回のレポートでご紹介しますので楽しみにしていてくださいね。

110年を超える歴史的建造物と最新技術の融合

地上33階、総352邸超高層タワーマンションである「ザ・パークハウス神戸タワー」。低層部に旧ファミリアホールの外壁の一部が、保存・復元されることでも注目を集めています。円柱やピラスター、半円アーチなどルネサンス様式を活かした低層部の様子は、最新技術を生かした展示で確認することができるんですよ。


▲基壇部の石は、三菱銀行神戸支店からファミリアホールへと受け継がれた100年以上昔のもの。

 
▲模型では実際に近い外観と街並み、車の動線などを確認できます。


▲旧三菱銀行時代に営業室だったという天井の高い大空間のイメージを残したエントランスロビー。

メールコーナーの入り口にも、銀行時代に使用されていた金庫の扉が設置されるのだそうですよ。

これら共用部や眺望はVRでも体験できます。また高層階からの眺望は共用施設である26階スカイラウンジからも楽しむことができるんですよ。


▲ザ・パークハウス神戸タワーにお住いの方ならいつでも利用できるスカイラウンジ。

エントランスホール、カフェラウンジ、スカイラウンジでは無料のWi-fiサービスを提供。その他、ゲストルーム、内廊下設計、車寄せスペースなど、大規模タワーマンションならではの仕様が満載なんですよ。

レジデンスギャラリーの見学はゆとりを持ってのご予約を!

いかがでしたか?
グランドオープン前から何かと話題になっている「ザ・パークハウス神戸タワー」。レジデンスギャラリー見学の際は、事前の予約が必要となります。

下記フリーダイヤルにお電話してみてくださいね。

0120-320-650
営業時間10:00~17:00
水・木・第2火曜日定休※祝日除く

案内に要する時間は、約2時間程度とのことなので、あらかじめ余裕をもって予約してみてくださいね。

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主

PAGE TOP