• 分譲マンション
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 三菱地所レジデンス・JR西日本不動産開発・三菱倉庫・安田不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 神戸タワー」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > ザ・パークハウス 神戸タワー > 獅子舞に変瞼など、中国の旧正月を満喫できる南京町の春節祭をレポート!
2018年02月27日

獅子舞に変瞼など、中国の旧正月を満喫できる南京町の春節祭をレポート!

旧暦の元日に合わせて開催される南京町最大のお祭り『春節祭』は、神戸市地域無形民俗文化財に指定されています。今年の旧暦元日は2月16日(金)ということで、筆者も当日、現地へ出かけてみました!今回は、たくさんの人で賑わうイベントの様子をレポートしたいと思います。

記念すべき30回目の春節祭で盛り上がる南京町

旧暦で節句を祝う中国では、この時期になるとあちこちで爆竹が鳴り響き祝い事に欠かせない獅子が舞い踊り、町は大いに盛り上がります。今年、生誕150周年を迎えた神戸の南京町では、現地さながらの賑わいを見せていましたよ!

 
▲ザ・パークハウス神戸タワーから最も近い西安門。南京町入り口でイベントパンフをもらうことができました!

イベントが行われる南京町広場に到着したのは、10時半前でしたが、すでに大勢の人だかりができています。広場では線香が焚かれ、僧侶の読経を静かに見守ります。

神事が終わり、激しく爆竹が鳴り響くといよいよお祭りイベントがスタート!

南京町広場ステージでは、東京中国歌舞団や神戸中華同文学校など、地元神戸と中国にゆかりのある学校や団体が、歌や踊り・民族文化などを披露してくれるんですよ。

中でもおススメのイベントをピックアップしてみましょう!
まずは、東京中国歌舞団による変瞼(へんれん)です。

 
▲通年は1名のところを、今年は30回目を記念して豪華3名で披露してくれた変瞼のステージ!

変臉とは変面とも呼ばれる、中国・四川地方の伝統芸能です。演者が被っている仮面が一瞬にして変わるというマジックショーのような舞台なんです。写真ではお伝え出来ないほどの驚きと感動を、ぜひ皆さんも”生”でお楽しみくださいね!

そして、春節に欠かせない獅子舞は、神戸中華同文学校舞獅隊の皆さんが披露してくれました。

 


▲中国楽器のリズムに合わせて舞う獅子は迫力満点!
観客の近くまで来てくれた獅子に頭を噛んでもらったり、お餅が撒かれると歓声が上がっていました。

その他、京劇の衣装とメイクで三国志の英雄や楊貴妃などに扮した20名が、パレードする中国史人游行も人気イベント!

 


▲ステージでは登場人物の役柄を紹介してくれます。神戸市役所や元町商店街・三宮センター街を歩く姿は圧巻

人気店で味わう美味しい中華も春節祭の楽しみ♪

南京町といえば中華料理!お店でゆったりいただくのもいいですが、春節祭に出かけたら賑やかな雰囲気を楽しみながら食べ歩きもおススメです!

こちらは北京ダックが人気のお店「中華旬彩 華鳳」。香ばしい匂いにつられて、どんどん伸びていく行列。並んでいる時にオマケをいただいちゃいました。

 
▲パリパリの鶏皮とジューシーなお肉をたっぷり包んでいます。


▲小籠包で人気の「YUMYUM」も行列必至!

豚まんが人気の老祥記ももちろん行列ですが、春節祭期間中は、向かいの「曹家包子館」でも持ち帰りを購入できるので比較的買いやすいかも!


▲老祥記の豚まんといえば、神戸っ子だけでなく、県外からくる観光客にも定着した地元グルメのひとつ!

 
▲南京町でスイーツといえば「エストローヤル」。確実に購入するなら午前中が狙い目です。

「関帝さま」にお参りして「ポチ袋くじ」で運試し!

いかがでしたか?南京町だけでなく元町・三ノ宮など神戸市全体で盛り上がるイベント『春節祭』。上記で紹介した以外にもおみくじや占いなども催されています。

 
▲春節期間中、祭壇参拝と西遊記の仲間たちとの写真撮影ができる「関帝さま」イベント

 
▲厄除けのふさ(写真左)と、はずれなしのポチ袋くじは1枚200円

皆さんも「ザ・パークハウス神戸タワー」から徒歩圏の南京町で、中国のグルメや伝統芸能、ショッピングや運試しなど、異国情緒を満喫してみてくださいね!

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主

PAGE TOP