• 分譲マンション
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 三菱地所レジデンス・JR西日本不動産開発・三菱倉庫・安田不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 神戸タワー」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ザ・パークハウス 神戸タワー > 夏の神戸のビッグイベント『みなとこうべ海上花火大会』もご近所で楽しめます!
2017年08月31日

夏の神戸のビッグイベント『みなとこうべ海上花火大会』もご近所で楽しめます!

さて、前回のレポートでは、毎年7月の最終火曜日の夜に開催される
神戸元町商店街の夏の風物詩『元町夜市』の賑わいをご紹介しましたが、
8月の神戸のビッグイベントと言えば、毎年8月第1土曜日の夜に
ハーバーランド~メリケンパーク一帯の海上に打ち上げられる『みなとこうべ海上花火大会』です。

毎年約30万人の人出が想定されているこの花火大会の会場は、
【ザ・パークハウス 神戸タワー】現地からもすぐ近く!

そこで今回のレポートでは、花火当日の周辺の街並みはどんな様子なのか?
穴場的なご近所花火観賞スポットはどこなのか?を取材してきました。
※写真はハーバーランド『umieモザイク』付近から眺めた花火の様子・・・・・・現地より徒歩6分(約460m)/2017年8月5日撮影。

ザ・パークハウス 神戸タワー前の交差点からも花火を一望!

 
▲こちらはJR『神戸』駅の中央口の様子。いつも多くの人が行き交う『神戸』駅ですが、
この日は随所に警察官の方が立って交通整理のアナウンスを行うほどの賑わいでした。
ちなみに、花火大会がスタートするのは19:30ですが、ハーバーランドは16:45頃から入場規制となります。
また、駅周辺の主要道路は17:00頃から順次交通規制が行われるため、車両通行ができなくなるゾーンもあります。

※2点とも:JR『神戸』駅中央口周辺の様子・・・・・・現地より約250m/2017年8月5日撮影。

JR『神戸』駅から【ザ・パークハウス 神戸タワー】の現地へ向かう道路も
交通規制ゾーンに指定されており、17:30~22:00まで車両通行禁止。

この間、通り抜けできるのは歩行者のみとなりますが、
メリケンパークの無料観賞エリアを目指す人たちの“推奨歩行ルート”となっているため、
混雑はしているものの人の流れに合わせてスムーズに歩くことができました。


▲ちょうど『ABCハウジング神戸駅前住宅公園』前にさしかかったところで、
花火大会のスタートを告げる大きな花火が打ち上げられ、道を歩いている人たちから大きな歓声が!

※現地周辺の街並み・・・・・・現地より約80m/2017年8月5日撮影。

 


▲こうして【ザ・パークハウス 神戸タワー】前に到着!
マンションの敷地東角に位置する『神戸中央郵便局前』の交差点からは、
建物の合間を抜けるようにしてキレイに打ち上がる花火が見られました。
(わざわざ混み合う無料観賞エリアまで近づかなくても、マンション前から十分花火を楽しめます!)
 
※現地前『神戸中央郵便局前』交差点付近の様子・・・・・・2017年8月5日撮影。

さて、ここからは“花火観賞スポットの穴場探し”へ。

地元の方にお話をうかがったところ、
「この先のポートタワーのところにある『かもめりあ』のターミナルが開放されていて、
花火を観るのにちょうどいいですよ!しかも涼しいんです」
と教えてくださったので、早速『中突堤中央ターミナル(かもめりあ)』を目指してみました。

 
▲この『かもめりあ』は神戸港クルーズの旅客船ターミナルで、
通常は20:30(土日祝日は21:00)までの営業ですが、
『みなとこうべ海上花火大会』当日は花火のプログラムに合わせて施設が開放されています。
確かに、クーラーが効いた涼しいターミナル内は快適な観賞スポット!
2層吹抜けになった待合室は全面ガラス張りになっているので、窓越しに海上の花火を眺めることができました。

※かもめりあ・・・・・・現地より徒歩9分(約700m)/2017年8月5日撮影。



 
▲20:30。約1万5000発の花火が打ち上げられた『第47回みなとこうべ海上花火大会』が終了。
今回筆者は『駅から現地までの風景』や『穴場的な観賞スポット』を探しつつ、
歩きながらの花火観賞となったため、残念ながらゆったりと花火を眺めることができませんでしたが、
【ザ・パークハウス 神戸タワー】での新生活がスタートしたら、入居者の皆さんは、
(自宅住戸の方角や階数によっても異なりますが)
“自分たちだけのゆったり特等席”をキープすることができるかもしれませんね!

※上段と下段左:かもめりあから眺めた花火の様子・・・・・・現地より徒歩9分(約700m)/2017年8月5日撮影。
※下段右:ハーバーランド『umieモザイク』付近から眺めた花火の様子・・・・・・現地より徒歩6分(約460m)/2017年8月5日撮影。


2020年2月下旬予定の【ザ・パークハウス 神戸タワー】引渡し後、
初の開催となる『みなとこうべ海上花火大会』は、
例年通りの日程であれば2020年8月1日土曜日の開催予定。
3年後の夏に各住戸の窓からどんな風景を満喫できるのか、とても楽しみです!


▲参考までに、上のブルーのラインが今回筆者が実際に歩いた
JR『神戸』駅から【ザ・パークハウス 神戸タワー】現地前経由『かもめりあ』までのルート。
メリケンパーク周辺には賑やかな露天がズラリと並ぶ出店ゾーンもあります。

※画面をクリックすると拡大地図を確認できます/© OpenStreetMap contributors

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

過去の記事

PAGE TOP