• 分譲マンション
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 三菱地所レジデンス・JR西日本不動産開発・三菱倉庫・安田不動産

住宅ライターの「ザ・パークハウス 神戸タワー」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > ザ・パークハウス 神戸タワー > 本日から【ザ・パークハウス 神戸タワー】ブログレポートがスタートします!
2017年07月21日

本日から【ザ・パークハウス 神戸タワー】ブログレポートがスタートします!

みなさん、はじめまして!
住宅ライターの福岡由美です。

現在、神戸市中央区・栄町通『ファミリアホール』跡地では
神戸初(※1)の『景観形成重要建築物 保存・復元プロジェクト』として
あの『旧ファミリアホール』の外観の意匠性を継承する地上33階建てタワーマンション
【ザ・パークハウス 神戸タワー】の建設が進められています。

本日から、このタワーマンションの魅力について
住宅ライター独自の目線でご紹介していくブログレポートがスタートします。

パンフレットやホームページに掲載しきれなかった街の情報や、
物件開発秘話、スタッフの皆さんの想い、工事の進捗状況、
現地周辺のイベント・グルメ情報などもご紹介していきますので、ぜひご覧になってくださいね!

※写真はザ・パークハウス 神戸タワー現地の様子・・・・・・2017年7月撮影。
※1:神戸市指定の景観形成重要建築物等の外観を保存・復元するプロジェクトは本物件が初となります。また、本計画は旧ファミリアホールの外壁のうち栄町通とハーバーロードに面する二面を基壇部に復元するものです。なお、今後神戸市による指定が継続されない場合があります。

JR『神戸』駅から徒歩5分!フットワークが軽くなりそうな神戸都心生活!


▲まずはこちらの現地案内図をご覧ください。【ザ・パークハウス 神戸タワー】の現地は、
JR神戸線(東海道本線)『神戸』駅の南口から徒歩5分の場所にあります。

JR『神戸』駅といえば、兵庫県内では『三ノ宮』駅に次ぐ乗降客数を誇るだけあって、
一日に約7万人もの人たちが利用するビッグターミナル駅!
※JR西日本『データで見るJR西日本』上位50駅の乗車人員データ(平成27年度1日平均)を参照。

そんなビッグターミナル駅から“たったの徒歩5分で我が家に到着できる”という快適さは、魅力的な住環境ですよね!

特に「オフィスまでの通勤時間を短縮したい」「出張の移動をスムーズにしたい」
「ショッピングもレジャーも近所で済ませたい」など、1日24時間を効率よく使いながら
フットワーク軽く日々の生活を送りたい方にはピッタリな都心立地だと思います。


▲JR『神戸』駅からは、新快速利用で『三ノ宮』駅へ直通2分、
『尼崎』駅へ直通19分、『大阪』駅へ直通25分という快適さ!
徒歩10分圏内には、JR『神戸』駅を含めてなんと7つの駅があり、
阪急・阪神に乗り入れる神戸高速線や地下鉄など5路線が利用できるため、阪神間の移動もスピーディに行えます。
これなら、あえて“マイカーを所有しない身軽な生活”を実践できるのではないでしょうか?

※掲載の情報は平成29年3月の調査に基づきます。交通図は略図につき、省略されている路線・駅等があります。
※電車の表示分数は日中平常時の所要時間で、時間帯により異なります。乗り換え・待ち時間等は含まれておりません。

スーパー・グルメ・ショッピングなど駅ナカ施設も充実のJR『神戸』駅

では、ここからはJR『神戸』駅についてクローズアップしてみましょう。


▲『神戸』駅は1874年(明治7年)に開業した古い歴史を持つターミナル駅で、
日本国内では新橋~横浜間に続いて2番目に開通した鉄道(大阪~神戸間)の終着駅。
2度の改築を行ったこのレンガ張りの駅舎は、文化庁の『近代化遺産』にも登録されています。

※JR『神戸』駅・・・・・・現地より徒歩5分(約400m)/2017年6月撮影。


▲JR『神戸』駅は、ターミナル駅としての機能はもちろんですが、
実はもうひとつ、買い物やグルメが楽しめる“駅ナカ商業施設”も充実しているため、
JRを利用する乗降客の他に、ショッピングをお目当てに集まる人たちで構内はいつも混雑しています。
中央口には『プリコ神戸』が、西側のビエラ神戸口には『ビエラ神戸』があるため、
仕事やお出かけ帰りに駅に到着したら、そのままショッピングやグルメを楽しめますね!


▲こちら『プリコ神戸』には、輸入食材や調味料が豊富に揃うスーパーマーケット『成城石井』をはじめ、
『スターバックス』『MUJI com』『マツモトキヨシ』『青山フラワーマーケット』など、
“最寄り駅にあったら嬉しいな”というお馴染みのチェーン店が充実!
また、スイーツショップやファッション雑貨のお店、コスメショップなども揃っているので
女性の方なら特に用事がなくてもついフラリと立ち寄りたくなるのではないでしょうか?

※プリコ神戸・・・・・・現地より徒歩5分(約400m)/2017年6月撮影。


▲一方、『ビエラ神戸』は内科・皮膚科・眼科・整骨院や調剤薬局など、
クリニックモールを中心とした商業施設なのですが、
特に利用頻度が高くなりそうなのは、上の写真のスーパー『KOHYO』(朝7:00~夜23:00まで営業)。
イオン系のプライベートブランドである『トップバリュ』のお買い得商品のほか、
生鮮食料品、ベーカリー、ワインコーナーなど商品構成もバランスよく、買い物のしやすさを実感!
デリコーナーは、焼き鳥バイキングや天ぷら、フライ、煮物、焼き芋まで多彩な品揃えとなっているため、
“今日はちょっと疲れたから、夕飯にお惣菜をもう一品・・・”という時に心強い存在になってくれそうです。

※ビエラ神戸・・・・・・現地より徒歩5分(約400m)/2017年6月撮影。

このように、毎日の生活に必要な食料品・生活雑貨などのアイテムは、
“ほとんどがJR『神戸』駅の駅ナカで買い物できる”と言っても良いほど、多彩なショップが揃っています。

「わざわざ帰り道に遠回りして商業施設に出かける」のではなく
「駅でついでに買い物を済ませられる」という快適さ・・・
しかも広大なエリアに商業施設が広がっているのではなく、
ギュッとコンパクトに集約されていて“気軽に買い物しやすい環境”が整っている点は大きな魅力だと感じました。

街の中を歩くたびに新しいワクワクがいっぱい!

いかがでしたか?
今回は初回のレポートということで、【ザ・パークハウス 神戸タワー】の
“JR『神戸』駅徒歩5分”という住環境の魅力についてクローズアップしてみました。

実は、筆者がJR『神戸』駅に降り立ったのは十数年ぶりのことだったのですが、
改めてここで暮らしているような気分で街を歩いてみて、
“ああ、そうだ!神戸ってこんなステキな街だった!”ということを再認識しました。

今回のレポートの中ではご紹介しきれませんでしたが、
【ザ・パークハウス 神戸タワー】の徒歩圏内には『ハーバーランド』や『元町商店街』があり、
いわゆるグルメ雑誌や旅番組などで紹介される
“お洒落な港町・神戸”の風景がそのまま目の前に広がっています。

“神戸の美しい街並みが、これからは自分の日常生活の一部”になる・・・
そんなワクワクする場所に【ザ・パークハウス 神戸タワー】の建設が進められているのです。

 
▲ちなみに、“JR『神戸』駅周辺はフラットな地形で歩きやすい”という理由もあるのですが、
街の中を歩いていると、次から次へと賑やかなショップや
思わず写真に収めたくなるような美しい風景に連続して出くわすため、ウォーキングが止まりません。
この日の万歩計を見てみると、総歩行距離はなんと15km!
でも、そんな長距離ウォーキングをしてもまったく疲れを感じないほどの楽しい周辺散策でした。
(この日は神戸駅→ハーバーランド→現地→元町商店街→三ノ宮まで歩きました)

※左:元町六丁目商店街・・・・・・現地より徒歩2分(約110m)/2017年6月撮影。
※右:南京町・・・・・・現地より徒歩12分(約890m)/2017年6月撮影。

さて、次回のレポートでは、JR『神戸』駅から現地までの徒歩5分の道のりを
街の風景写真と共に詳しくご紹介します。どうぞお楽しみに!

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP