• 分譲マンション
  • 東京都小平市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 花小金井ガーデン > 緑道沿いの公園で地域の方と触れ合える「ハナテン春の花まつり」に参加してきました
2018年04月27日

緑道沿いの公園で地域の方と触れ合える「ハナテン春の花まつり」に参加してきました

2018年4月7日(土)、「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」から徒歩7分(約500m)の「たけのこ公園」にて、「ハナテン春の花まつり」が開催されました。
「ハナテン春の花まつり」は、地元商店会の「ハナテンふれあいロード」と小平市グリーンロード推進協議会、小平市の主催によるお祭りで、さまざまな模擬店や無料の体験などが楽しめる和やかな雰囲気のイベントです。


▲「ハナテン春の花まつり」の会場は、多摩湖自転車道沿いにある「たけのこ公園」。今年は残念ながら桜は散ってしまっていましたが、たくさんの人で賑わっていましたよ!

 

今回は、そんな地域密着型のお祭り「ハナテン春の花まつり」の模様をレポートしたいと思います。

小さい子どもからシニアまで、にこやかに楽しめるお祭り。模擬店もたくさん!

普段は子どもたちの遊び場や近隣の方のお散歩コースとして親しまれている「たけのこ公園」ですが、この日は老若男女さまざまな人が集まり、活気ある雰囲気に。

 
▲お祭りの開催時間は10時~15時30分。日中に開催されるイベントは、小さい子どもと一緒でも参加しやすいのがいいですね。
私がお邪魔したのは11時すぎ。ランチタイムが近いこともあってか、列ができている模擬店もありましたよ。

 

 
▲模擬店は、地元の飲食店や農園、商店の方が運営されているものがほとんど。
神社のお祭りなどの、昔ながらの縁日なども楽しいですが、こういった地域の方の手によるお祭りも温かさがあっていいな~と思います。
生ビール300円、焼き鳥は1本100円と、食べ物もリーズナブルで美味しい!
ちなみに、埼玉県西部出身の私は「ひゃっこい(冷たい、という意味の方言です)」に親しみを感じました(笑)

 

購入した食べ物は、予め用意されていたテーブルなどで食べてもよく、持参したレジャーシートに腰を下ろしてピクニック気分を味わっている人もいました。
緑の下で味わうビールやできたてのフードは格別!(笑)
あちらこちらから笑い声が聞こえてきて、皆さんリラックスしながら楽しんでいるようでした。

 
▲また、小平産のブルーベリーを使用したスイーツや、春らしい手作りの和菓子なども販売されていました。
1本1,000円の「ブルーベリーロールケーキ」は、お店の方が「一番人気!」とオススメしてくれた逸品。お土産に買って帰り、カットしていただきましたが、ふんわりしっとりのスポンジに甘酸っぱいクリームがマッチして、人に教えたくなる美味しさでしたよ。

 

 
▲ポニーの乗馬体験(無料、整理券が配布されていました)や、ポニーへのえさやりイベント、小平在住のシンガーソングライター・三ツ矢竹輝さんによる音楽ライブといったコーナーもあり、盛り上がっていました。
午後には「小平青少年吹奏楽団」による演奏や、地元の和太鼓チーム「翔巴(しょうは)」による和太鼓のパフォーマンスも。

 

他にも、無料でマリーゴールドなどの花鉢の配布や、お子さん向けのお菓子の配布も実施されていて、それぞれ200枚以上の整理券が用意されていたようなのですが、早々に“売り切れ”状態になってしまった様子。

たくさんの人で賑わい、盛り上がりつつも、どこかアットホームな温かさもあるお祭りでした。
お店の方も皆さんフレンドリーで、「今日はビール日和だね!」「このお菓子、私も好きなのよ」と、お喋りを楽しみながら買い物ができたのも嬉しく感じました。

遊びに来ているのも近隣住民の方が多かったようで、そこかしこで「こんにちは~」「〇〇ちゃんも来てたんだね!」と、親しげな挨拶が交わされていました。
“近所の公園”ならではの気軽さが良いなと思います。

 


▲また、同日にせいぶ通り商店会(現地より約590m・徒歩8分)による「花まつり」が、「花小金井」駅南口ロータリー周辺で開催されていて、駅前でも賑わいを感じました。
お散歩中の足を止めて、食べ物や飲み物を購入している人もいましたよ。

 

さらに、「たけのこ公園」の少し先、多摩湖自転車道沿いにある「小平ふるさと村(現地より約900m/徒歩12分)」でも、和楽器の演奏やお茶席、模擬店の出店などが行われる「ふるさと村花まつり」が同じ日に開催されていました。

「ハナテン春の花まつり」と「花まつり(せいぶ通り商店会)」、「ふるさと村花まつり」、それぞれに会場や趣向が異なるお祭りなのですが、同じ日に、同じくらいの時間帯で開催されていたので、多摩湖自転車道一帯にお祭りムードが漂っていた一日でした。

来年の春は、多摩湖自転車道のお散歩と合わせて、お祭り巡りをしてみるのも楽しいかもしれませんね。

※掲載の写真は、すべて2018年4月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP