• 分譲マンション
  • 東京都小平市
  • 三菱地所レジデンス・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ザ・パークハウス 花小金井フロント」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ザ・パークハウス 花小金井フロント > スーパーや公共施設など、マンションから“徒歩5分以内”に必要なものがあるか、調べました
2018年04月09日

スーパーや公共施設など、マンションから“徒歩5分以内”に必要なものがあるか、調べました

「花小金井」駅から徒歩4分と、駅に近い場所に建つ「ザ・パークハウス 花小金井フロント」ですが、日常の買い物施設や公共施設、金融機関など、暮らしに必要なものも身近にあるのかどうかは、しっかりとチェックしておきたいものです。

駅は近いけれど、駅前は繁華街だったり、飲食店やコンビニばかりで、生活必需品を買うとなったら少し遠くまで行かなければならない……という場所もあったりしますもんね。

ということで今回は、マンションから“徒歩5分以内”を条件に、どういった施設があるのかを調べてみたいと思います。


▲まずは地図で見てみましょう。
マンションから徒歩5分以内(不動産広告では80m=徒歩1分と換算しますので、距離にするとだいたい400m以内ということになります)に、2つのスーパーと、図書館、市役所の出張所、郵便局、小学校もあるようです。
駅前には商店街もあり、そちらに金融機関やドラッグストア、クリニックなども揃っていそうでしたよ。

マンションから徒歩1分の場所に「西友」、3分の場所に「いなげや」があります

私が「いいな」と思ったのは、徒歩3分以内にスーパーが2つあることです。
両方とも、マンションと駅の間にあるので、仕事帰りなどに立ち寄るのが便利そう。同じ「徒歩3分」でも、駅の方向と、駅と反対側の方向にあるのとでは、使い勝手が変わってきますよね。

 
▲こちらが徒歩1分(約70m)の場所にある「西友 花小金井店」。
1Fの食品フロアは24時間営業(※一部除外あり)なので、深夜や早朝でも生鮮食品を買うことができます。

店内は3フロア構成で、2Fは日用品や家電など、3Fは衣料品や寝具などの売り場になっています。2F・3Fの営業時間は9:00~23:00(※一部除外あり)です。
品揃えも充実していて、2Fでは自転車やテレビ、洗濯機などの大型家電、3Fではフォーマルウェアなども販売されているよう。
今の時期は、入園・入学の際に必要なお道具箱や防災ずきん、鍵盤ハーモニカ、お弁当グッズなどもこちらで購入できそうでした。

 

 
▲「花小金井」駅の北口を出ると、目の前にある「いなげや 花小金井駅前店」。マンションからは徒歩3分(約180m)です。
こちらの営業時間は9:00~23:00。(店舗により営業時間が異なります)
同じ建物内にドラッグストア「ウェルパーク 花小金井駅前店」や書店「LIBRO(リブロ)花小金井店」、幼児教室・学習塾の「小学館アカデミー 花小金井スクール」なども入っています。

 

また、「花小金井」駅の北口周辺には、商店街の「花小金井商栄会」があり、チェーン店や飲食店、地域密着型のお店やクリニックなど、約120のお店が集まっています。(※1)

 
▲「花小金井」駅ができたのと同じ頃に創立されたという「花小金井商栄会」。50年以上の歴史がある商店街だそうです。(※1)
チェーン店もあり、昔ながらの惣菜店や鮮魚店などもあるので、スーパーでは買えなかった地元の銘菓やこだわりの銘柄のお酒、文房具などが商店街で見つかることも。

 

商店街内に、「三井住友銀行 花小金井支店(現地より約70m・徒歩1分)」「りそな銀行 花小金井支店(現地より約250m・徒歩4分)」「三菱UFJ銀行ATMコーナー 花小金井駅前(現地より約230m・徒歩3分)」といった金融機関もありました。

ATMだけならコンビニにもありますが、定期預金や通帳への記帳、振込など、金融機関の窓口やATMが近くにあると助かりそう。

図書館・集会室・市の出張所がある「小平市東部市民センター」も徒歩3分です

また、「花小金井」駅の北側には、お店だけでなく公共施設もあるようです。

 
▲こちらは、マンションから徒歩3分(約200m)の場所にある「小平市東部市民センター」。
住民票の写しや印鑑証明書などを発行してもらえる「小平市東部出張所」と、「小平市東部市民センター集会室」、「小平市花小金井図書館」がひとつの建物内に集まっています。
図書館では、子ども向けの読み聞かせ会「おはなし会」が毎月第1木曜日と第3水曜日に開催されていますから、小さいお子さんと一緒に参加してみても楽しそう。

 


▲また、「花小金井駅前郵便局」も徒歩5分(約330m)の所にあります。
金融機関(ゆうちょ銀行)としても利用できる郵便局は、近くにあると何かと便利。
小さい子どものいる我が家では、預金や学資保険の積立、保育料の振込、遠方に住むおじいちゃん・おばあちゃんへ子どもの写真やプレゼントを送る際などに郵便局をよく利用します。

通学指定校の「小平第五小学校」も、マンションから約130mの距離です

それから、近くにあって「便利」というよりも、「安心」という方が大きい通学指定校の小学校は、マンションから約130mの場所にあります。
なお、中学校の通学指定校は花小金井南中学校(マンションより約900m)です。


▲マンションから「小平第五小学校」へ通学する際は、大通りの横断に歩道橋が使用できるそう。
お子さんの歩くスピードだと、学校に着くまでに大人よりも少し時間がかかるかもしれませんが、距離が近いことは安心材料のひとつといえそうです。

また、「小平第五小学校」は将来の児童数・学級数の増加が見込まれるとのことで、現在増築工事が行われています(工事終了は平成31年2月末予定)。(※2)

 

こうして見てみると、物件から駅方向の徒歩5分以内に、大きなスーパーと地域密着型の商店街、公共施設や小学校と、日常に必要なものが一通りあることが分かりました。

「花小金井」駅の周辺は繁華街ではなく、ほのぼのとした駅前という印象なのですが、その分、マンションとしては“駅近”の立地で、かつ“生活必需品が揃ってきちんと便利”な条件になっているのかなという印象でした。

※掲載の写真はすべて2018年3月に撮影したものです。
※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げております。小学校につきましては徒歩分数を表示しておりません。
※1:花小金井商栄会ホームページ「花小金井商栄会の歴史」より
※2:小平市ホームページ「小平市立小平第五小学校の増築工事について」より
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

過去の記事

PAGE TOP