• 分譲マンション
  • 岐阜県岐阜市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 岐阜」取材レポート

船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

そのうちTOP > ザ・パークハウス 岐阜 > ペデストリアンデッキを通れば、すぐ駅内へ!
マンション建設地からJR「岐阜」駅まで歩いてみました
2018年11月27日

ペデストリアンデッキを通れば、すぐ駅内へ!
マンション建設地からJR「岐阜」駅まで歩いてみました

はじめまして! 住宅ライターの船戸梨恵です。
本日から、岐阜市に建設される新築分譲マンション「ザ・パークハウス 岐阜」のレポートを担当します。
地元・岐阜への愛情あふれる、地域密着の情報を連載していきますので、よろしくお願い致します。

さて、連載1回目の今回は、マンション建設地から最寄駅・JR東海道本線「岐阜」駅までの道のりをレポートします。
マンションから駅まではまっすぐ続く一本道。歩道に出ると、すでに前方に駅が見える近さなんですよ。

マンションの公式サイトに記載されている駅までの道のりは徒歩7分(約510m)ですが、実際にはどれくらいで行けるのか、ストップウォッチで計測しながら歩いてみました!

 
▲画像左:駅まで最短で行けるのは、マンションから直進してペデストリアンデッキに上がるルート。
写真右:マンション建設地前からも、前方にはすでに駅が見えます。

マンション周辺はコンビニや銀行があって便利。途中の問屋街アーケードで、雨の日も安心。

では、さっそくマンション前から出発してみましょう!

歩き始めてすぐに見えてきたのは、コンビニエンスストアです。


▲現地から徒歩1分(約60m)にある「ファミリーマート岐阜金町7丁目店」。近くにコンビニがあると、ちょっとした買い物にすぐに行けて便利ですね。
駐車場も広く、入りやすい印象です。

もう少し歩くと、初めての信号、「金町8」の交差点に到着。
実はこのルート、信号はココだけなんです!
信号待ちのイライラもなく歩けると、さらに駅が近く感じそうですよね。

 
▲この交差点には、「みずほ銀行 岐阜支店(徒歩2分/約140m)」があるほか、大通りの反対側にも、大きな産婦人科「古田産科婦人科クリニック(徒歩2分/約120m)」や岐阜の2大銀行の一つ「大垣共立銀行 岐阜駅前支店(徒歩3分/約180m)」、大手学習塾もありました。
医療機関や銀行が近くにあると、必要な時にサッと行くことができて心強いですね。


▲「みずほ銀行 岐阜支店」のある交差点までで1分54秒でした。

信号を過ぎると、通りは問屋街のアーケードになります。

 
▲ここからは歩道に屋根があるので、傘要らずで駅まで行けて、雨の日も安心です。

岐阜市は昔、繊維の街として知られていて、今もこの辺りには繊維問屋さんが軒を連ねています。
今ではシャッターの閉まった店も増えましたが、春・夏・秋・冬の年4回は、一般の方も衣料品を格安で購入できる「せんい祭」が開催され、掘り出しものを求める買い物客で賑わいますよ。

その他、若い人たちを中心に、この通りを歩行者天国にしてアーティストやお笑い芸人が多数出演するライブイベント・TonyaEXPOなども行われています。
岐阜の経済を支えてきた古き良き問屋町。そんな歴史も感じられる場所です。

ペデストリアンデッキに上がると、そこは駅エリア。
青空の下、2階改札まで一直線。


▲駐輪場のある角を曲がると、ペデストリアンデッキへ上がる階段とエレベーターに到着します。
ストップウォッチは3分54秒。これからペデストリアンデッキへの階段を上がります。


▲階段だけでなくエレベーターもあるので、大きな荷物を持っている時や、ベビーカーを押している時などにも安心です。

階段を上がると、目の前はもうJR「岐阜」駅。下には信長ゆめ広場が広がります。
なぜ信長ゆめ広場という名前かというと…なんと岐阜駅を見守るように金色に輝く信長像が!
岐阜に来た人、帰ってきた人を出迎えるように佇む姿が、何とも言えません。
この広場でも、季節ごとによくイベントが開催されているのでチェックしてみてくださいね。

 
▲写真左:ペデストリアンデッキから光り輝く信長像が見えました。駅まではもうすぐそこです。
写真右:信長ゆめ広場の中心には噴水があり、夏は小さな子どもたちが遊ぶ姿も見られます。

 
▲写真左:屋根付きのペデストリアンデッキは散歩コースにもピッタリ。
鵜飼の船をモチーフにしたベンチがところどころにあり、適度に休憩しながら歩くこともできます。
写真右:いよいよJR「岐阜」駅の中央北口(2階)に到着です!さて、スタートからは…6分17秒でした!


▲ちなみに、JR東海道線の改札前まで行くと、6分35秒という結果でした。

歩いてみて感じたのは、やはりペデストリアンデッキの心地よさ。
アーケードから屋根付きのデッキを通れば、日差しの強い夏の日も、雨や雪の日も気にならずに歩くことができそうだと思いました。
また、信号待ちが1度しかないので、ほとんど立ち止まることなくスムーズに歩けたのもポイントです。
では、今回歩いたルートのポイントをまとめてみましょう。

・ペデストリアンデッキまでは、まっすぐで分かりやすいシンプルなルート
・ルート上には、銀行やコンビニエンスストアがあって便利
・信号待ちは1度だけで、スムーズに歩くことができる
・問屋街アーケードと屋根付きペデストリアンデッキで、どんな天候でも安心
・ペデストリアンデッキを渡れば、2階のJR東海道線改札までスムーズに入れる
・駅前はイベントなども多く行われるので、散歩コースにもピッタリ

いかがでしたか?
次回は、マンションから「名鉄岐阜」駅までの道のりをご紹介します!
お楽しみに。

※掲載のの写真は、2018年8月取材時のものです。
船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

長年、住宅・ライフスタイル誌を企画・編集してきた経験を生かし、現在はハウスメーカーや工務店の広告宣伝のプランニングも手がける。子育てや防災などの記事執筆も多く、広い視野で暮らし密着の情報を伝えます!

過去の記事

PAGE TOP