• 分譲マンション
  • 岐阜県岐阜市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 岐阜」取材レポート

船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

そのうちTOP > ザ・パークハウス 岐阜 > まもなく竣工!外観の見どころやお部屋からの眺望をレポートします
2020年06月16日

まもなく竣工!外観の見どころやお部屋からの眺望をレポートします

工事の間、長くシートに覆われていた「ザ・パークハウス 岐阜」も、ついに足場も取れて外観全体を見ることができるようになりました!
現在は7月の完成に向けて、内装工事が進められています。

今回はその現場にお邪魔して、外観の見どころや気になる陽当たりの状況、お部屋からの眺望についてもレポートしたいと思います。

外観の見どころは、空に向かって伸びる3本のマリオン

さっそく現地に向かうと、そこには金華橋通り沿いに堂々と建つ「ザ・パークハウス 岐阜」の姿がありました!

 

▲左は、昨年(2019年)7月に撮影した現地の様子。当時はまだ7階の躯体工事が始まったところでしたが、現在(2020年5月)はもうすっかり、15階建てのマンション全景がお目見えしています

外観デザインの見どころはエントランス上に伸びる3本のマリオン(飾り柱)。

 
▲建物全体のデザインのアクセントにもなっている、スタイリッシュな3本のマリオン。
空に向かって力強く伸び、建物の重厚感やスケール感をより強調してくれています。
鮮やかな青色のガラスバルコニーも日光に反射してキラキラと輝き、とっても素敵でしたよ!

また、「ザ・パークハウス 岐阜」は陽光あふれる全邱南向きのマンション。
実際にどれくらい陽の光がマンションに届いているのか、現地で確認してみると…


▲こちらは、取材日(5月下旬)の11:30頃の様子です。背の高いビルも多い岐阜の都心部に建つ「ザ・パークハウス 岐阜」ですが、この日は天気の良い日だったこともあり、1階部分までしっかりと陽の光が届いている様子を確認することができました!

続いて、北側からも「ザ・パークハウス 岐阜」の外観をみてみましょう。

 
▲マンションに寄り添うように建っているのはタワーパーキング(右写真)
今はまだ工事中で実物が見られないのですが、マンション南側の1階部分に設けられた車・ミニバイク専用の出入口から出入庫を行います。駐車場の出入り口には「リングシャッター」も設置され、セキュリティ性の高さも嬉しいポイントです。
※右写真:「ザ・パークハウス 岐阜」建物模型(「ザ・パークハウス 岐阜」レジデンスギャラリーにて撮影)

工事中のマンション内に特別潜入!自然とまちが調和した、お部屋から広がる眺望はこちら!

「ザ・パークハウス 岐阜」の外観をじっくりと見学した後は、特別にまだ工事中のマンション内に潜入させていただきました!
建物竣工より一足早く、今回は14階からの眺望の様子をお届けしたいと思います。

まず、お部屋のバルコニーからみた景色からご覧いただきましょう。


▲視界を遮る建物もなく、とっても空が広い清々しい眺望!
よく見るとJR「岐阜」駅のホームも目の前に見ることができ、改めて駅に近い立地であることを実感します。

 
▲視線を南東方面に移すと…写真だと少し分かりづらいのですが、遠くの方に観覧車とタワーが見えるのが分かるでしょうか。右が拡大した写真ですが、左の方に見える観覧車は、岐阜県各務原市にある「河川環境楽園オアシスパーク」の観覧車、右のタワーは、愛知県一宮市にある「138タワーパーク」の「ツインアーチ138」です。岐阜市内だけでなく、こんなに広く見渡すことができるなんて、ちょっと驚きですよね!

また、北側の共用廊下からは、南側とは一味違う眺望を楽しむことができるんです。


▲北側に広がるのは、岐阜市市街地の街並み。目の前には緑豊かな「金公園」、奥には「金華山」をはじめとした雄大な山々…。市街地からでもこれほど近くに自然を感じることができるのも、岐阜の魅力ではないでしょうか。


▲右奥の山の上には、金華山の頂上に建つ「岐阜城」の姿も。岐阜城は、言わずと知れた織田信長公の居城。わが家から岐阜市のシンボルとも言われる「岐阜城」が見えるなんて、とても贅沢だと思いますよ。

ちなみに7月中旬には、今回ご紹介した14階に棟内モデルがオープンする予定です。
オープンした際には、ぜひ現地に足を運んで、この眺望をご自身の目で確かめてみてくださいね。

レジデンスギャラリーでは数々の感染症対策も。オンラインでのご相談も可能です!

いかがでしたか?
「ザ・パークハウス 岐阜」は来月に竣工を控え、残る住戸の数もあと少し。ご検討・ご来場はお早めに!

…しかしながら、直近では新型コロナウイルス感染症の流行拡大防止のため、なかなか外出をするのをためらっていた方も多いのではないでしょうか。

「ザ・パークハウス 岐阜」のレジデンスギャラリーでは数々の対策が取られていますから、安心して来場することができますよ。


▲レジデンスギャラリーの見学は、完全予約制でのご案内。
受付では手指の消毒を実施し、使い捨てのマスクやスリッパ、手袋なども用意されていました。

 
▲商談テーブルには、飛沫感染防止のためのアクリルパーテーションも。ドアや窓を開放しての換気のほか、ギャラリー内には空気清浄機も設置されています。

また、自宅にいながらでも相談ができるよう、無料の「オンライン相談システム」もスタートしています。


専用ページから予約をすることで、予約した日時に、自宅のパソコンやタブレットを通して物件の説明を受けることができる「オンライン相談システム」。

画面に間取り図などの資料を映し出しながら、お部屋の特徴などを分かりやすく説明してもらえるほか、VRコンテンツを使って実際のモデルルームを体感することもできますよ。

「オンライン相談システム」の利用は、新型コロナウイルス対策はもちろんのこと、遠方にお住まいで来場が難しい方や、長時間の外出ができない方などの利用も増えているそう。

まずは気軽に、「ザ・パークハウス 岐阜」レジデンスギャラリー(0120-268-001)まで問合せてみてくださいね。

※掲載されている情報、および写真は2020年5月取材時のものです。
船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

長年、住宅・ライフスタイル誌を企画・編集してきた経験を生かし、現在はハウスメーカーや工務店の広告宣伝のプランニングも手がける。子育てや防災などの記事執筆も多く、広い視野で暮らし密着の情報を伝えます!

この物件の他の記事
この物件の他の記事 PAGE TOP