• 分譲マンション
  • 岐阜県岐阜市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 岐阜」取材レポート

船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

そのうちTOP > ザ・パークハウス 岐阜 > これから岐阜市が目指すのはどんなまち? 岐阜市役所に聞いてみました!
2019年03月25日

これから岐阜市が目指すのはどんなまち? 岐阜市役所に聞いてみました!

JR岐阜駅前の整備や「みんなの森 ぎふメディアコスモス」のオープンなど、近年、次々と発展を遂げている岐阜市中心部。
2018年度からは、5カ年の岐阜市中心市街地活性化基本計画が立てられ、さらなるまちづくりが展開されていく予定です。

では、これから岐阜市はどんなまちづくりを目指していくのでしょうか?
気になる今後の展望を岐阜市役所に伺いました。

※上写真:JR岐阜駅周辺(現地より約510m/徒歩7分)、2019年3月撮影

「岐阜駅周辺」「柳ケ瀬」「ぎふメディアコスモス周辺」に、にぎわいを創出。

岐阜市の中心市街地は「岐阜駅周辺」「柳ケ瀬」「ぎふメディアコスモス周辺」の3つのエリアで構成されています。


▲3つのエリアがこちら。北から「ぎふメディアコスモス周辺」「柳ケ瀬」「岐阜駅周辺」と続きます。

これまでに、JR岐阜駅前では岐阜駅北口駅前広場などの整備を行い、駅前利用者の利便性を高めてきたほか、
司町では「みんなの森 ぎふメディアコスモス」を整備し、人が訪れるにぎわいの拠点として、多くの人が利用しています。

 
▲写真左:JR岐阜駅北口前にある「信長ゆめ広場」。
黄金の織田信長公像が、岐阜を訪れた人を迎えてくれます。(※2019年3月撮影)
写真右:岐阜大学医学部等跡地に岐阜市立中央図書館や市民活動交流センター等からなる複合施設として建てられた「みんなの森 ぎふメディアコスモス」(現地より約1,480m/徒歩19分)。オープンから連日多くの人でにぎわいを見せています。(※2018年12月撮影)

また柳ケ瀬では、これまで市の中心繁華街として活性化を図るため、イベントを数多く行ってきました。
2014年からは、地元商店街と若手クリエイターがタッグを組み、「手作り」と「こだわり」をキーワードに、20代~40代の女性客をメインターゲットとしたライフスタイルマーケット「サンデービルヂングマーケット」がスタート。
柳ケ瀬のアーケード通りを会場に、出店者数は開始当初の50店舗から現在は約160店舗まで増え、若い世代に大きな反響を呼んでいます。
※柳ケ瀬商店街:現地より約450m/徒歩6分(※以下、商店街の写真は提供写真)

 
▲「サンデービルヂングマーケット」(通称サンビル)は、毎月第3日曜日に開催されています。

今後は、商業地として柳ケ瀬を再生・活性化

2018年度からスタートした3期目の岐阜市中心市街地活性化基本計画では、柳ケ瀬を商業地として再生し、店・人・サービスなどの魅力的なコンテンツを集積すること、そして集客だけでなく居住者を増やしていくことを目標に掲げています。

最近では、柳ケ瀬で空き店舗になっている既存の建物を活用して、若いクリエイターたちに出店をしてもらうという動きも出てきました。
たとえば、柳ケ瀬商店街にある5階建ての商業施設「ロイヤル劇場ビル」では、築40年を数えるビルの1・2階をリノベーションし、新たにテナントを募集。
現在は、10件以上の店舗やクリエイターのアトリエが並んでいます。

 
▲商店街の中心部に位置するロイヤル劇場ビルは、2017年から「ロイヤル40(ヨンマル)」としてオープン。アパレルのセレクトショップやドライフラワーの店、クリエイターのワークショップスペース、雑貨屋、インテリア用品店などがあります。

このエリアの魅力が高まることで、徐々に若い世代によるまちへの関わりも増えており、行政も柳ケ瀬再生の動きを積極的に後押しして、活性化に向けて盛り上げていく姿勢です。
岐阜市の良さを発信することで、さらにこのまちで暮らしたいと考える人が増えることも期待されています。

また「岐阜タカシマヤ」の南には、現在「高島屋南地区 第一種市街地再開発事業」が進められ、その中に子育て支援施設や健康・運動施設などの公共施設が整備される予定です。
2021年春には、司町に岐阜市役所新庁舎の開庁に向けて工事が進められており、JR岐阜駅前から柳ケ瀬、そして司町と、岐阜市の中心部に活気とにぎわいがあふれるまちづくりを進めています。

いかがでしたか?
今回は、岐阜市役所に、これまでの岐阜市中心部で行われていたにぎわいの創出と、今後のまちづくりにおける展望をお聞きしました。
今後は、中心市街地でさらに再開発や活性化事業が進み、より便利で魅力あふれるまちになりそうですね。

※掲載の情報は、2019年2月現在のものです。
船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

長年、住宅・ライフスタイル誌を企画・編集してきた経験を生かし、現在はハウスメーカーや工務店の広告宣伝のプランニングも手がける。子育てや防災などの記事執筆も多く、広い視野で暮らし密着の情報を伝えます!

PAGE TOP