• 分譲マンション
  • 岐阜県岐阜市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 岐阜」取材レポート

船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

そのうちTOP > ザ・パークハウス 岐阜 > マンションから、もう一つの駅「名鉄岐阜」駅へ。
JR「岐阜」駅との間のアクセスも検証!
2018年11月27日

マンションから、もう一つの駅「名鉄岐阜」駅へ。
JR「岐阜」駅との間のアクセスも検証!

岐阜市に建設中の新築分譲マンション「ザ・パークハウス 岐阜」。
前回は、マンション建設地からJR東海道本線「岐阜」駅までの道のりを紹介しました。

実は岐阜市にはJR線とは別に、愛知県と岐阜県を走る私鉄・名古屋鉄道の駅があります。
こちらも基本は「岐阜」駅なのですが、JR線と区別するために「名鉄岐阜」駅とされています。
しかもその2つの駅、そんなに距離が離れておらず、楽に行き来できるんです。

そこにどんなメリットがあるかというと、雪や台風などの悪天候でどちらかの電車が止まってしまった時も、すぐに乗り換えて移動ができるというところ!
実際、今年6月に起こった大阪北部地震の日、私も仕事で名古屋へ行かなければいけなかったのですが、いつも乗っているJR東海道本線は運行を停止…。
JRから名鉄への振り替え輸送が行われていました。

2つの駅が離れていると乗り換えるのも大変ですが、岐阜駅の場合は慌てなくても大丈夫。
すぐに「名鉄岐阜」駅へと向かい、名古屋まで出ることができました。
これは、電車通勤者にとっては心強いですよね。

そこで今回は、まずマンション建設地から「名鉄岐阜」駅までを実際に歩いてみます。
その後、「名鉄岐阜」駅からJR「岐阜」駅まで移動し、2つの路線が使える利便性を検証してみたいと思います。

「名鉄岐阜」駅までの道のりも、JR「岐阜」駅と同じくらいスムーズ!

 
▲写真左:マンションの建設地から計測スタート。
写真右:最短コースは、マンションから南へ向かい、最初の信号を左へ曲がって駅まで行くコースです。

まずは、マンション前から南へまっすぐ歩いていきます。

 
▲写真左:最初の信号、「金町8」交差点の手前には、岐阜バス「金町7丁目」停(徒歩2分、約140m)があります。
徒歩2分のところにバス停があれば、公共交通機関でのお出かけも楽ちんですね。
写真右:「みずほ銀行 岐阜支店(徒歩2分/約140m)」のある角で信号を渡ります。
横断歩道の先に見えるのは「千成寿司本店(徒歩3分/約200m)」。寿司ネタが大きく、ランチも夜もお客さんで賑わっているお店です。

 
▲写真左:信号を渡って歩くと、街並みは徐々に飲食店が多くなります。帰り道が楽しみになりそうです。
写真右:屋根のあるアーケードも見えてきましたよ!

 
▲左手に「十六銀行 本店(徒歩5分/約400m)が見えたら、いよいよ駅前のスクランブル交差点です。


▲ここまでで3分52秒。この交差点を渡れば、すぐに「名鉄岐阜」駅です。

 
▲交差点を渡って、右手が名古屋本線の「名鉄岐阜」駅。
改札までは、階段・エレベーター・エスカレーターが揃っています。


▲改札前に到着!ストップウォッチは5分26秒でした。

今回の検証では、マンションからJR「岐阜」駅に行くよりも1分ほど早く到着しました。
JRと名鉄、どちらも便利に利用できる距離と言えるのではないでしょうか。

「名鉄岐阜」駅からJR「岐阜」駅までの行き来も、ペデストリアンデッキでラクラク。


▲ではストップウォッチをリセットして、「名鉄岐阜」駅からJR「岐阜」駅まで行ってみたいと思います。

 
▲まずは、中央改札口西のエスカレーターを下りて地上へ。
左へ曲がって、バス停が並ぶ通路をまっすぐ南へ歩きます。

 
▲写真左:少し歩くと、ペデストリアンデッキへ上がる階段とエスカレーターが見えてきました。
写真では見づらいですが、エスカレーターの左にはエレベーターもありますよ。
写真右:エスカレーターで上に上がると、ストップウォッチはここまでで約2分です。

 
▲ペデストリアンデッキを進み、突き当たりを左へ曲がります。JR「岐阜」駅はすぐ目の前です。


▲JR「岐阜」駅の北口に着きました。


▲改札に到着!結果は4分47秒でした。

これなら、どちらかの路線でトラブルがあった場合でも、すぐに乗り換えができますね。
今回歩いて感じたことを以下にまとめました。

・「名鉄岐阜」駅までは、歩いて約5分半。JR「岐阜」駅と同じくらいの所要時間で行くことができる。
・途中には、帰り道に立ち寄れる銀行や飲食店街がある。
・「名鉄岐阜」駅とJR「岐阜」駅間は、ペデストリアンデッキで信号もなく行き来が可能。

2つの駅があるメリットを感じていただけましたか?
次回は、通勤のついでや毎日の買い物に最適な駅ビルや駅に直結している商業施設をレポートします。

※掲載の写真は2018年8月取材時のものです。
船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

長年、住宅・ライフスタイル誌を企画・編集してきた経験を生かし、現在はハウスメーカーや工務店の広告宣伝のプランニングも手がける。子育てや防災などの記事執筆も多く、広い視野で暮らし密着の情報を伝えます!

過去の記事

PAGE TOP