• 分譲マンション
  • 岐阜県岐阜市
  • 三菱地所レジデンス

住宅ライターの「ザ・パークハウス 岐阜」取材レポート

船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

そのうちTOP > ザ・パークハウス 岐阜 > 岐阜市中心部の注目スポット!「みんなの森 ぎふメディアコスモス」に行ってきました
2019年01月25日

岐阜市中心部の注目スポット!「みんなの森 ぎふメディアコスモス」に行ってきました

2015年7月にオープンした「みんなの森 ぎふメディアコスモス」(現地より約1,480m・徒歩19分)は、岐阜市立中央図書館、市民活動交流センター、展示ギャラリーなどで構成される複合施設。
オープンから毎日、老若男女問わず多くの人で賑わう今注目のスポットです。
2021年春には南側に市役所新庁舎も建設される予定で、岐阜市の中心地としてさらにたくさんの人が集まるエリアになりそうですよ。

 
▲マンションから徒歩19分の1本道なので、散歩気分で歩くのも良さそう。
また、最寄りのバス停「金町7丁目」停(現地より約140m・徒歩2分)から「メディアコスモス前」停までは乗車6分(210円 ※大人料金)で行くこともできますし、約300台分の有料駐車場(施設を利用すれば2時間まで無料)もあるので、バスや車で行くのも便利です。

ホールやギャラリー、スタジオが揃い、多目的に使える1階フロア

では、さっそく中へ入ってみましょう。
1階部分は、市民活動センターや外国人市民のための多文化交流プラザ、セミナーやイベント、教室などを開けるスタジオが並びます。

 
▲写真左:入口正面にあるフロアマップ。
写真右:フロアマップの足下には、行きたい場所の方向が示されているので、初めて来た人にも分かりやすいです。


▲正面入口の向かって右側は、手前が展示ギャラリーの「みんなのギャラリー」、奥は最大230人を収容できるホールの「みんなのホール」です。
ギャラリーでは写真や絵画、書道などの展覧会、ホールでは講座やワークショップなど、年間を通して様々なイベントが行われていますよ。


▲正面入口から左側へ行くと、市民活動交流センターがあります。
「インフォウォール」というエリアには、上の写真のように様々な活動団体やイベントのチラシやポスターがズラッと並んでいるので、街の情報がほしい時には便利に利用できそうです。

 
▲また大小さまざまなスタジオもあり、セミナーや教室などが開催されています。

 
▲館内には、誰でも使えるテーブルや椅子、畳スペースもあって、勉強をしている学生さんや、小さい子とお弁当を食べているママたちの姿も見られました。
就学前の子と保護者が遊んだり休憩したりすることができる授乳室やシャワー室もあるので、子供連れでも安心できそうです。※上写真2枚:施設提供

またエントランスホールには、コンビニエンスストアのローソンやスターバックスもあり、ちょっと一息つきたいときにも良いな、と思いました。

2階は、滞在型を目指した楽しさいっぱいの次世代図書館

では次に、2階に上がってみましょう。
階段、エスカレーターのほかに、階段の裏側にはエレベーターもあるので、ベビーカーなどでも楽に2階に上がることができますよ。


▲こちらは図書館のエントランスです。市立図書館とは思えないくらい、オシャレなエントランスですよね!

図書館内には緩やかに曲線を描いた木製格子屋根に、大きな傘のようなオブジェ「グローブ」がいくつも天井から吊り下げられていて、一気に異世界へ来たような空間が広がっています。
屋根はすべて岐阜県産のヒノキでできていて、その下にグローブの小さな家が集まっているイメージでつくられたそうです。

ちなみに、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の建物を設計したのは、「建築界のノーベル賞」といわれるプリツカー賞を受賞して話題となった建築家・伊東豊雄さん。
建築物としてもすでに有名で、この建築を学びにここを訪れる人も多いそうですよ。

 
▲各グローブの下には、いろいろな家具が置かれていて、好みに応じた居場所を選べるようになっています。
写真左のスペースでは人工籐のソファが置かれていて、ゆったりと寛げそうです。※上写真2枚:施設提供

 
▲写真左:児童書エリアにある「親子のグローブ」。靴を脱いで親子で遊ぶことができるスペースです。
写真右:中に絵本を収納できる「にゃんこカート・にゃん吉」。たくさんの絵本をのせて、館長や司書さんがおはなし会をしてくれます。犬バージョンのわんこカートもあるんですよ!※写真左:施設提供

 
▲また、この施設の特徴の1つになっているのが、テラスでも本が読めることなんです。
左の写真はカツラの並木を眺められる「並木テラス」、右の写真は金華山と岐阜城が見える「金華山テラス」。
天気のいい日は、外の風や日の光を感じながら、テラスで読書なんて気持ちがいいですよね!

このほか、この図書館では市民参加型の取り組みがいくつも行われています。

▲例えば、自分の好きな本をおすすめできるコーナー。おすすめした本を借りてもらえたら、嬉しいですよね!

 
▲写真左:司書さんが手作りした周辺のたからものMAP。おいしいランチの店なども載っていましたよ!
写真右:中高生向けのヤングアダルトエリアにある交流掲示板。
中高生の質問や相談に司書さんが答えてくれます。こうした手作り感や市民とのふれあいがあるのも、市立図書館ならではの温かさですね。

岐阜市の情報発信地・メディアコスモスを満喫しよう!

充実した館内はもちろん、メディアコスモスは外空間も見どころがいっぱいですよ。

 
▲写真左:メディアコスモスの西側は、「せせらぎの並木 テニテオ」という遊歩道になっています。
水辺の周りに四季折々の野草や樹木が植えられ、歩いていてもとても気持ちがいいです。
写真右:冬の期間中は、夜になると並木道がライトアップされ、幻想的な雰囲気に一変。
クリスマスシーズンなどは多くの人が訪れて写真を撮っていますよ。※上写真2枚:施設提供


▲建物の正面入口前は、「みんなの広場 カオカオ」として親しまれています。
夏は下からミストが出て、小さな子が遊んでいる姿も見られますよ。
休日は、屋台やフードカーなどが並ぶイベントや、フリーマーケットなどが行われる時もあり、たくさんの人で賑わっています。※上写真:施設提供

 

いかがでしたか?
読書に、お散歩に、イベントにと、一日中遊んで学べる施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」。
「ザ・パークハウス 岐阜」に暮らしたら、まず訪れたい場所の1つになりそうですね!

※掲載の情報は、2018年12月取材時のものです。
船戸 梨恵

住宅ライター
船戸 梨恵

長年、住宅・ライフスタイル誌を企画・編集してきた経験を生かし、現在はハウスメーカーや工務店の広告宣伝のプランニングも手がける。子育てや防災などの記事執筆も多く、広い視野で暮らし密着の情報を伝えます!

PAGE TOP