• 分譲戸建て
  • 千葉県 印西市
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「パナホーム・ガーデン千葉ニュータウン高花」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > パナホーム・ガーデン千葉ニュータウン高花 > 徒歩圏内で生活に必要なものが揃う!“高花エリア”を調査しました
2018年04月24日

徒歩圏内で生活に必要なものが揃う!“高花エリア”を調査しました

新生活をスタートさせる際に、間取りや交通機関と同じようにチェックしておきたいのが、周辺の生活利便施設ですよね。
「パナホーム・ガーデン千葉ニュータウン高花」の周辺を散策してみると、駅まで行かなくても、徒歩10分圏内で結構いろいろと揃えることができそうなことが分かりました。

今回の記事では、そのなかでも頻繁に利用することになりそうな施設や、日常生活で利用できそうなお店などをチェックしました。

緑に囲まれた「印西市立高花小学校」と、開校70周年を迎えた「印西市立船穂中学校」

子どもが毎日通うことになる学校は、どんな場所にあり、どんな雰囲気の学校なのか、保護者としては気になるところ。
自宅からの距離が近いと、何かと安心ですね。
通学校の「印西市立高花小学校」は、「パナホーム・ガーデン千葉ニュータウン高花」の現地から徒歩8分(約640m)です。

 
▲「印西市立高花小学校」は、1991年開校ということで比較的新しく、校舎も遊具もキレイな小学校です。
「高花公園」の緑に隣接していて、また大通りから一本中に入っていることもあり、落ち着いた場所でした。
現地からは徒歩8分と距離も近いので、初めて小学校に通う子どもでも安心して送り出せそうだと思います。

 


▲「印西市立高花小学校」への通学路は、桜並木が続いていました!
今年は残念ながら、取材の一週間ほど前に散ってしまったようでしたが、卒業式の頃には満開だったことと思います。
また、小学校の周辺は歩道もゆったりしていたので、お子さんも歩きやすそうでしたよ。

 

 
▲こちらは「印西市立船穂中学校(現地より約990m/徒歩13分)」。
中学校も、徒歩15分以内の場所にあるんですね。
部活動などで帰りが遅くなっても、人通りのあるバス通り沿いを歩いて帰宅できるので、安心感があるなと思いました。

 

「印西市立船穂中学校」では、ホームページに「今日の船穂中」というコーナーを設け、行事の様子などが随時確認できる取り組みも実施されていました。
子どもの様子がホームページの写真などで気軽に確認できるって、何となく嬉しいものですね。

曜日ごとに違うお買い得品を見つける楽しさも。スーパー「LAND ROMEニュータウン南店」

また、徒歩10分(約800m)の場所にはスーパー「LAND ROMEニュータウン南店」もあります。
近くのスーパーは買い物のしやすさや、品揃え、価格などもチェックしておきたいところですよね。
こちらも、実際にお店の中を見てみましたよ。

 
▲「LAND ROME(ランドローム)」は、千葉県内を中心に店舗を展開している食品スーパー。
青果店に端を発するスーパーで、地域密着型の親しみやすい接客と、品揃え、安さで地元の方に親しまれているようです。

店内はベビーカー同士がすれ違えるほどの通路幅で、買い物がしやすそうでした。
入り口には子ども用の買い物かごや車型のショッピングカートもあり、子どもと一緒に楽しく買い物できそうな工夫もしてありました。

 

 
▲お店の外で見つけた「リサイクルステーション」は、ペットボトル・古紙・ダンボールをリサイクルすると、こちらのスーパーのポイントと交換できるという仕組み。こういうのも、子どもは好きですよね~。
一緒に楽しみながら分別をして、エコ活動出来てしまいそう。

 

 
▲チラシを見たところ、曜日ごとに商品が違う「94円均一」が開催されている様子でした。
この日は小松菜や生椎茸、1パック8個入りの卵が94円に。
また、週に一度の「冷凍食品全品半額」の日ということで、まとめ買いされている方もいらっしゃいましたよ。

私が気になったのは「生活志向」と称した、おいしさ、品質にこだわった合成着色料・合成保存料不使用の均一お菓子のシリーズ。
他のお店でも見かけたことがありますが、種類も豊富でお手頃ということもあって、重宝しているんです。
私は子どもの好物「芋かりんとう」を買って帰りましたが、美味しくて私も一緒に止まらなくなってしまいました……(笑)

複数の診療科がある「千葉新都市ラーバンクリニック」や、「印西高花郵便局」も徒歩圏内に

近くには、何かと頼りになりそうな医療機関もありました。

 
▲現地から徒歩5分(約360m)の「千葉新都市ラーバンクリニック」。
こちらは、外科、内科、婦人科、皮膚科、リハビリテーション科など、計13の診療科がある総合クリニックです。
原因が分からない不調の時にも相談できる「総合診療科」もあり、「何かあったら、まずこちらに駆け込めばいい」という安心感がありそう。

 

 
▲こちらは現地から徒歩10分(約730m)の「印西高花郵便局」。
駐車場がない郵便局もありますが、「印西高花郵便局」は駐車場も広々としていて、買い物のついでなどに立ち寄れそうだと思いました。
昔から人が暮らしている場所なだけあって、こんなに大きな郵便局があるんですね。ATMは土日も利用可能で、金融機関としても利用できそうでした。

家の近くで元気に遊べます。テニスコートや野球場、遊具のある「高花公園」

わざわざ遠出をしたくないけど、外でリフレッシュしたり、子どもをのびのびと遊ばせてあげたいという時に、出かけたいのが近くの公園。
現地から徒歩6分(約470m)の場所にある「高花公園」は、先ほど紹介した「印西市立高花小学校」の隣にあり、よく手入れされた花壇や芝生がキレイな、広々とした公園です。

 
▲公園内には桜の木もあり、芝生にレジャーシートを敷いてお花見したり、のんびり草野球を見ながらピクニックなどもできそうでした。大きな砂場や、子どもが楽しく遊べそうな遊具もありました。
大きな木や屋根付きのベンチが所々にあり、夏の暑い日も、木陰で水分補給や休憩ができそうでいいなと思いました。

 

 
▲野球場とテニスコートもあり、市内在住だと野球場1,080円(2時間)、テニスコートは530円(2時間)でそれぞれ使用が可能。(それぞれ一般料金。学生、中学生以下の料金あり)
お友達同士や親子でテニスをしたり、草野球チームを組んだりするのも楽しそうですね!

「地元のお気に入り」と呼びたくなるような、ステキなお店も見つけました

自分たちが住む街に、ちょっとステキなお店を見つけると嬉しくなりますよね。
誕生日などの特別な日や来客がある時、自分へのご褒美に立ち寄りたい手作りのお菓子屋さんや、ママ友とのランチやお茶会に利用できそうなカフェもありましたよ。

 
▲郵便局の近くに、手作りのお菓子屋さん「もわんしぇーる(現地より約830m・徒歩11分)」を発見。
店内はカントリー調でアットホームな雰囲気。
ショーケースにはケーキの他、パウンドケーキやチョコレート、クッキーなどの焼き菓子もたくさん並んでいました。
ラッピングも手作りで可愛いものばかり……地元のお菓子を手土産に持っていくのってなんだか素敵ですよね!

 

 
▲こちらは現地から徒歩4分(約320m)の場所にある、隠れ家のような「garden house café(ガーデンハウスカフェ)」。
私が訪れた時はちょうど春休み期間中だったのですが、店内ではオムライスやエッグベネディクトなどのプレートランチがいただけるようでした。ハンドメイドの雑貨も販売されているそうです。
流木やドライフラワーで飾り付けされた入口がおしゃれで、お友達にちょっと自慢したくなりそう!

少し足を伸ばせば、「イオン」や「コストコ」などの大型店舗もあります

……と、こんな風に、徒歩10分圏内に小学校やスーパー、総合クリニック、公園、おしゃれなお店と、足元に意外と何でも揃っているんだな、と感じました。
駅まで行かなくても、“足元”で必要なものは一通り間に合ってしまいそう。

その他にも、「千葉ニュータウン中央」駅や「印西牧の原」駅の周辺まで足を延ばすと、週末の買い出しもサクッと済ませられそうな大型店がたくさんあります。


▲「イオンモール千葉ニュータウン」や、ホームセンターの「カインズモール千葉ニュータウン」、「コストコホールセール・ジャパン千葉ニュータウン」など、駐車場も広々とした大型店舗が道路沿いに集まっているんですね。

 

休みの日には公園で過ごしたり、近所でランチをしたり、地元の可愛いお菓子をもって出掛けたり……楽しみが増えそうな環境だと思います。

※掲載の写真はすべて2018年4月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

過去の記事

PAGE TOP