• 分譲マンション
  • 兵庫県宝塚市
  • サンヨーホームズ

住宅ライターの「サンメゾン宝塚エルド」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > サンメゾン宝塚エルド > 気さくなコンシェルジュがいて、英語保育のプリスクールまで併設!
2017年06月09日

気さくなコンシェルジュがいて、英語保育のプリスクールまで併設!

優雅な雰囲気が漂うホテルライクなエントランスホールには
穏やかな笑顔で迎えてくれる管理員さんがお二人いらっしゃいます。

【サンメゾン宝塚エルド】では『ベストライフコンシェルジュ』と呼ぶのだとか。
そのお一人である近藤さんにお話を伺ってみました!

ベストライフコンシェルジュ

ご入居者の快適マンションライフをサポートするお二人のベストライフコンシェルジュ。
月~土曜日の9時~17時まで(土曜日は15時まで)業務を行っていらっしゃいます。

 
▲具体的にはどんなお仕事をされているのでしょうか??
取材日にご出勤されていた近藤さんにお聞きしました。

 

Q:ベストライフコンシェルジュさんの日々の業務を教えてください

A: 日々できるだけ多く努めているマンション館内の巡回をはじめ、
  「キッズルーム」「パーティールーム」の申込受付やレンタルグッズの受付、
  入居者ご家族へのお知らせやお願いであったり、忘れ物・落し物の案内など
  掲示物を作って広報を行うなども私たちの仕事です。

 
▲台車や工具セットなどもレンタルできるのですね!
メールボックス&宅配ボックスコーナー手前に、このような掲示板があります。

 

Q:【サンメゾン宝塚エルド】でのお仕事はいかがですか?

A: とても楽しいですよ!
  入居者のご家族は「管理人さん」「コンシェルジュさん」と気軽に声を掛けてくれますし、
  頼まれ事を受けつつ、会話が弾んで立ち話が長引くこともよくあります(笑)

  出かける時や帰ってきた時に、お子さんが手を振ってくれるのも嬉しいものですね。
  ラウンジに近所のお子さんが遊びにくることも多くて、
  学校が終わるとお友達と一緒に宿題をしているお子さんもいたりして夕方は賑やかですよ。
  中には忘れもの常習犯のお子さんもいて・・・(笑)
  「○○君、また忘れてるなぁ」とか、お子さん達の名前もほとんど覚えました。

  今後も皆さんから気軽に声を掛けていただける
  親しみのあるコンシェルジュとして暮らしをサポートしていきたいと思っています。

 

Q: 日々このマンションに通っていらっしゃる近藤さんが感じる
  【サンメゾン宝塚エルド】の魅力はどんなところでしょうか?

A: 大きく挙げるとすれば、
  「敷地内の緑や周囲の自然」「広さ」「利便性」でしょうか。

  植栽の多いマンションで、中庭の緑は秋になると紅葉してキレイですし、
  外を見れば、連なる山々があって、穏やかな川の流れがあって・・・
  そんな自然の眺めに気持ちを癒されながら仕事をさせて頂いています。 
  サブエントランスから山の方を見る風景もイイですよ!!

   

 
▲敷地内には季節の花木がいっぱい!この時季は特に緑が青々としていてキレイですよ♪
そんな美しい植栽の中を通って、武庫川側に出るとサブエントランスがあります。


▲そして、近藤さんのお気に入り風景がコチラ!

▲前方に見えるのは中山連山。武庫川に沿ってキレイに整備された遊歩道はウォーキングにも最適です。前の広々とした歩道は車輌禁止なので、その点も良いですよね!!

 

  利便性で言えば、スーパーがとなりにあって本当に便利ですし、
  確かに駅からは少し距離がありますが、私自身「逆瀬川」駅から歩いて通っていて
  マンションまでの20分弱は健康のためのウォーキング時間になっています。
  巡回中もエレベーターを使わずに1~10階まで階段で上り下りすることも。
  万歩計を見ると、日に1万歩以上になったりもしますよ。
  仕事をさせていただきながら体力づくりもできて有難いことですね(笑)

  広々としたマンションで、それを象徴するのがこのエントランスホール。
  外から見る以上に、中に入ると広さや豪華さを実感できるマンションなので
 『敷地内・建物内がさらに良い!』ことも魅力だと思います。

宝塚サンフレンズプリスクール

そして、もうお一人【サンメゾン宝塚エルド】に関係のある方にお話を伺いましょう!

マンション1階には『宝塚サンフレンズプリスクール』があるのですが、
未就学児を対象に英語保育を行う同園のスクール長・AZ(アズ)先生を訪ねました。

 

 
▲1歳半~5歳位までのお子さんが、英語のシャワーを浴びながら英語を学び・遊んでいます。
同園の制服は、元気さが伝わってくるピンクのTシャツ。AZ先生はじめスタッフも同じ格好♪

 

Q:ここではどんな保育をされているのですか?

A:幼稚園や保育園、こども園でしていることを全て英語で行っています。

  乳幼児期は早ければ早いほど、複数の言語を母語として獲得することが可能です。
  早い時期に英語に触れる機会を持ち、慣れ親しみながら適切な学習を受けることで
  バイリンガルとしての基盤が作れるよう、少人数制での保育・レッスンをしています。

  基本的な生活習慣やトイレトレーニングはもちろんのこと、
  英語でのリトミックや書道など曜日ごとに活動を変えて様々な経験をしていただけます。


▲外国人スタッフは英語圏内出身のネイティブスピーカー。スクール長のAZ先生も英語が堪能なのはもちろん、20年ほど幼稚園に勤めていらっしゃった教育へのプロ意識が高い方!All Englishの環境下でキレイな発音の英語が身に着きそう♪
プリスクールの料金ですが、9時~12時までの「ショートクラス」ならば週1回通って月額13,000円(おやつ代含む)。ランチ付きの14時まで・16時までクラスもあって週1~5回まで選べます(無農薬野菜を使った食事が給食屋さんから配食され、それを食器に移し替えキレイに盛り付けて出しているそうですよ~)。就学後も通える「アフタースクール」「英検対クラス」などもあるので、詳細は同園までお尋ねを。

 

英語教室、ではなく「英語保育」。
脱いだ靴はちゃんと揃える、正しくお箸を使う、などの礼儀作法や
生活習慣を学びながら、幼いうちに英語に関わる時間をたくさん持てるのは嬉しいですね。

マンション内にあるので、送り迎えだって超がつくほどラクラクですし(笑)
昨年はプリスクールのクリスマス会を「コミュニティラウンジ」で行ったそうで、
そんなエピソードにも“マンションの一部みたいな教育施設だなぁ~”と感じましたよ!

我が子を国際感覚豊かに育てたい!とお考えのご家族にも興味深いのではないでしょうか。

 

■宝塚サンフレンズプリスクール(住所同じ)
お問い合わせ/0797-20-1879
http://www.sanyohomescommunity.co.jp/preschool/

※掲載写真は全て2017.5撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP