• 分譲マンション
  • 新潟県長岡市
  • 穴吹工務店

住宅ライターの「サーパス南町グランテラス」取材レポート

須田 彩

住宅ライター
須田 彩

そのうちTOP > サーパス南町グランテラス > バルコニー・ポーチを足して121㎡の4LDK東南角部屋!Dタイプの間取りをレポートします
2017年08月14日

バルコニー・ポーチを足して121㎡の4LDK東南角部屋!Dタイプの間取りをレポートします

「サーパス南町グランテラス」は、1階ごとに4つの住戸が並ぶマンション(※1)で、AタイプからDタイプまで間取りも4種類。
2LDKから4LDKまで(※2)部屋数もいろいろなタイプが選べますが、その中でも一番広く、唯一の4LDKが東南角住戸のDタイプです。

モデルルームにもなっているそのDタイプの間取りプラン、バルコニーに特徴のあるおもしろいプランなんです。

まずすごいのはその広さ。専有面積90.34㎡! ……プラス?


▲Dタイプの間取り図面。4LDK+ウォークインクローゼットのプランです。

 

この間取りのおもしろいところは、南側と東側にぐるっとまわったバルコニー。
マンションの角部屋で、リビング正面側と、側面側にそれぞれバルコニーがついていることは珍しくないですが、それが「繋がっている」のはあまり見ることがないのではないでしょうか?

 


▲実物はまだ工事中ですので、マンションギャラリーにあった外観模型と、モデルルーム写真でバルコニーの様子をみてみます。
図面通り、南側と東側が繋がっていますね!
まず、「バルコニーが広い」というのが(バルコニーだけで26.23㎡、7.93坪あります!)この形の一番のメリットですが、例えば洗濯物を取り込んで、バルコニー用のサンダルのまま洋室(3)に洗濯物を一時置き、その足でドレッシングルーム(洗面所)に洗濯かごを置きに行く……など、日常のちょっとした動線でも便利なことがありそう。
ちなみに、南側のバルコニーは広いところで2mの奥行きがあります。
「2m」ってピンとこないかもしれませんが、一般の賃貸などのバルコニーを測って比較してみると、かなり広いです。

 

バルコニーの壁(手すり)の部分は、写真のように半透明のガラスでおしゃれなデザイン。
光も通るので、通常の手すりに比べてバルコニーやリビングが明るくなります。
(高所恐怖症の方もご安心ください。透けませんので、怖くありませんよ)

 

……ところで、こんなに広いバルコニーがあるのに、「専有面積90.34㎡」って少ない感じがしませんか?
そのカラクリは、マンションの「所有権」と「専有使用権」にあるんです。

分譲マンションを買うと住戸の「所有権」が手に入りますが、実はバルコニーや玄関前のポーチなどは、所有権に含まれないルール。
「自分たちの部屋のスペースなのに、所有権に含まれない?」って違和感がありますが、その理由は災害・緊急時の備えのためです。
お隣の住戸のバルコニーを通って避難をするようなこともありますから、バルコニーは決まり上共有スペースで、通常時は自分だけが使える「専有」の「使用権」が認められている、ということになります。

不動産広告でいう「面積」には、この「専有面積」が一番に書かれていますので、例えばインターネットやチラシで物件を比べる時に、この「専有面積」だけで広さを比較すると、実際に暮らすときに影響が大きいバルコニーの広さなどを見落としてしまうことがあるんです。

ちなみに、このDタイプで専有面積(90.34㎡)に加えて、バルコニー(26.23㎡)とポーチ(5.09㎡)を含めると、121㎡になります。

東南角部屋のメリットとは?

また、Dタイプは南側と東側に開口部のある、いわゆる「東南角(とうなんかど)部屋」です。
マンションでは好まれることの多い東南角ですが、以下のようなメリットがあると言われています。

・2面に窓があるため、風通しがよく涼しい
・同じく、窓が多いため明るい
・日光が午前中から正午を中心に当たるため、朝の光が入る

Dタイプは基本4LDKですが、モデルルームでは2LDKに間取り変更されています。
また下の間取り図のようなプランもあります。

 


▲こちらがそのメニュープラン。
例えば洋室(2)とDENにベッドを置いた場合、朝の光が入る気持ちのいい空間になります。
子ども2人なら、二人ともに朝日の入るお部屋をあげられますね♪

リビングのいいね!ポイントは「壁面の長さ」

私がこの間取りのリビングでいいなと思うポイントは、壁面の長さ。
間取図のキッチン下のからバルコニーまでの部分ですが、約4.8mもあります。

「窓の多さ」と比べて「壁の多さ」って見落とされがちですが、実は壁面がちゃんとあると、家具がすごく置きやすくなるんです。

 


▲上の写真で、左の窓側の壁からキッチンのレンジフード裏の壁までの長さ、ここが約4.8mあります。
間取り模型ではテレビが置いてありますが、例えばダイニングテーブルを90度回転させて壁付けに置くと動線が広くなりますし、「憧れの壁一面収納!」を造りつけるとスゴイ収納力になります。
(造り付けの収納って、一部をテレビボードに、一部を飾り棚に、一部を扉のある収納に、間接照明を仕込んだり……とカスタマイズできますから、かなりおしゃれで実用的に使えてお勧めですよ。
無印良品なんかで自分で揃えてもいいですし、こちらのマンションでは購入時に造り付け収納の相談にも無料で乗ってくれるようですよ。)

「住戸前の共用廊下を人が通らない」プライベート感も

最後に、「共用廊下の端」にある角部屋のメリットとして、住戸の前を家族以外が通らないことからくるプライベート感があります。

 


▲ポーチから先は、専有使用権のある空間ですので他の部屋の方は通常立ち入れません。
また、エレベーターを降りて右に曲がるのはDタイプの居住者だけ。
洋室(2)の窓には開閉できる面格子もついてますので、閉めるとさらにプライバシーが守れます。

 

・住戸前の共用廊下を人が通らない角住戸
・玄関ドアの前から室内が見えない動線(クランク導線のため、宅配便の方が来ても慌てなくて大丈夫です)
・各階4世帯のプライベート感

で、プライバシーが守りやすい条件が揃っていると言えそうです。

 

いかがでしたか?
間取図を見比べていると、部屋数や広告に書かれている面積などで優劣を判断してしまいそうですが、今回紹介したようなマニアックなポイントも頭に入れてみてみると意外とおもしろいもの。

「朝型か夜型か」といった生活スタイルや、やってみたかった憧れのインテリアなど想像しながら、自分たちにあった間取りタイプは何か考えてみてくださいね!

※1 2階から13階まで、ワンフロア4住戸
※2 2LDK+WIC+SIC ~ 4LDK+WICのプランバリエーション
須田 彩

住宅ライター
須田 彩

住宅ライター。大学では住居学を専攻。住宅やその周辺に住んでいる人の生活を
想像しながら町を散策するのが好きです。
住む人の気持ちになってレポートしていきたいと思います!

PAGE TOP