• 分譲マンション
  • 新潟県長岡市
  • 穴吹工務店

住宅ライターの「サーパス南町グランテラス」取材レポート

須田 彩

住宅ライター
須田 彩

そのうちTOP > サーパス南町グランテラス > 日当たりや解放感は?「サーパス南町グランテラス」の建設地をレポートします
2017年06月12日

日当たりや解放感は?「サーパス南町グランテラス」の建設地をレポートします

今回は「サーパス南町グランテラス」の周辺環境、建設が進められている現地をレポートします!

マンションの公式ホームページに、どこに建つのかが分かる地図は載っていますが、それだけでは日当たりや周辺建物との見合い、解放感などの様子までは分かりませんよね。

しかし、実際に住むかどうか検討するためには、建設地の条件はとても大事!
そこで今回は、5月下旬の午後4時頃に建設地の様子を撮影してきました。

採光条件の良い「全戸南向き」、東西南北・解放的な配棟計画

まずは、「サーパス南町グランテラス」の敷地と住戸の向きを確認してみましょう。

 


▲長岡駅から徒歩10分の現地。以前は長岡税務署が建っていた敷地です。
まず、敷地の形を見てみると、南面が長い長方形になっていて、マンション住戸のリビング側が全邸南側を向く、日当たり条件の良いプランです。
また、赤く囲った部分に建物が建つことになりますが、建物の南側は車道+歩道の幅が約14.8mの道路、西・北側は「サーパス南町グランテラス」の駐車場、東側は駐車場と幅約11mの道路があり、四方に解放感がありそうです。

 

「道路」と「自分のマンションの駐車場」というのは、お隣さんの都合で他の建物に変わる可能性が低いものですので、この「東西南北、四方向の解放感」が将来にわたって確保されやすい立地、と判断することができそうです。

さてでは、実際の様子を写真で見ていきましょう。

南側は「14.8mの道路幅」+「戸建て住宅街」で日当たり・見晴らしにメリット

来年7月の完成に向けて建設中の現地へ、5月下旬に撮影に行ってきました。

 


▲現地南側(現地の南東角から撮影)の様子です。
大通りから200mほど離れた、片側一車線の「住宅街の中の生活道路」といった感じの道ですが、道路と歩道あわせて約14.8mと解放感があります。
交通量は、車が「たまに通る」程度で、静かで和やかな印象でした。

また、上の写真では少し分かりにくいですが、建設地の西隣は一戸建て、北隣は他のマンションの敷地になっています。

 


▲反対方向(南西角)から見た現地南側の様子、左側に見えている白いフェンスがマンション建設地です。
こうして車道と比較すると、歩道幅が随分広いことがわかりますね。
道路を挟んで南側は、背の低い一戸建ての住宅街が広がっています。
戸建ての高さと道幅を考えると、時間帯によらず、マンションにまで建物の影がかかるということは無さそうです。

 

また、「南側に一戸建て住宅が広がる」ことのメリットとして、マンションの中・高層階からの見晴らしが良くなることが挙げられます。

 


▲南側の概念イラスト。
目の前の一戸建ては主に2階建て、その向こうは南中学校の敷地です。
「サーパス南町グランテラス」は13階建てなので、階数によっては、目線の高さに他の建物が無い、開放的な見晴らしが期待できそうです。

 


▲現地の1本南側の道沿い、南中学校の北側の通りの様子です。
こちら側まで、一戸建て住宅街だということがわかりますね。
途中高い建物が無いので、屋根の向こうにマンション建設地の東側にある10階建てマンションが見えています。

南側以外の、他のアングルも見てみましょう。

 


▲東側の様子。
こちらも南側と同じく、幅の広い道路に接しています。
道路を挟んでお隣には3階建ての会社の社屋が建っていますが、「サーパス南町グランテラス」の建物からの距離は、「マンションの駐車場」+「道路と歩道」+「お隣の駐車場」分も離れているため、こちらも建物の影がマンションにかかる心配は無さそうです。

(ちなみに、先程見えた10階建てのマンションは上の写真の右側の建物です。)

 

最後に、現地の北側(現地から約60m)にある、私のお気に入りスポットを紹介します。

 


▲マンションの裏側である北面には、緑豊かな南町公園が有ります。
公園内には、イチョウやケヤキ、桜の木があるため、春はお花見、秋は紅葉狩りを楽しむことができます。
ちょっとした遊具もあるので、小さいお子さんがいる方にはぴったりですね。

 

いかがでしたか?

便利な長岡駅からわずか徒歩10分に、こんなに静かで暮らしやすい場所があるのは発見でした!
大通りから入っているのに、道幅が広く、開放的な立地・配棟計画がされていることがわかっていただけたのではないでしょうか。

次回は、もう少し範囲を広げて、現地周辺を散策したいと思います!

※掲載の写真はすべて2017年5月に撮影したものです。
須田 彩

住宅ライター
須田 彩

住宅ライター。大学では住居学を専攻。住宅やその周辺に住んでいる人の生活を
想像しながら町を散策するのが好きです。
住む人の気持ちになってレポートしていきたいと思います!

PAGE TOP