• 分譲マンション
  • 愛知県大府市
  • サンヨーホームズ

住宅ライターの「サンメゾン共和ヒルズアベニュー」取材レポート

Yoshida Keiko

住宅ライター
Yoshida Keiko

そのうちTOP > サンメゾン共和ヒルズアベニュー > ママ・プレママ必見!地元の人に聞いた、小児科・産婦人科情報
2015年03月14日

ママ・プレママ必見!地元の人に聞いた、小児科・産婦人科情報

子育て中の友人が新居を購入した時に、こんな話をしていました。

「家を探す時、近所に小児科があるかどうかっていうのも大切なポイントだったよ。
新しい環境での暮らしは、大人でも慣れるまで大変なのに、子どもはなおさら。
急に体調を崩すことも多いから、いざという時に慌てないためにも、家のそばに頼れる小児科があると助かるのよね」

さらに、当時はお腹の中に新たな命を宿していたため、産婦人科も探したのだとか。

近頃、小児科や産婦人科が減ってきているというニュースを耳にしますが、どちらも安心な出産・子育てのためには、欠かせない医療機関です。

そこで今回は、【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】から通院しやすい場所にある
小児科と産婦人科をご紹介します。

共和エリアのご近所ドクターを事前にリサーチ!

赤い三角屋根が目印!『まえはらこどもクリニック』

●まえはらこどもクリニック(現地より約2km・車で約7分)
大府市一屋町5-30 TEL:0562-44-8688
診療時間:9時~12時、15時30分~18時30分
休診日:日曜日・祝日、火・木・土曜日の午後
IMG_3126
▲「明成町二丁目」交差点を過ぎ、しばらくすると左にガソリンスタンド『カーコンステーション大府店』が見えます。
その向かいにある、赤い三角屋根の建物が『まえはらこどもクリニック』です。
道添に大きな看板は出ていないので、見落とさないように気を付けてくださいね。

こちらでお子さんを診てもらっているママさん達からは、診察がとても丁寧で、
先生と話がしやすく、説明も分かりやすいと評判の小児科。
アットホームな雰囲気で、看護師さんも親切なんだとか。
第1子が生まれ、その後2人目、3人目とずっとお世話になっているご家庭も多いんですって。
小児科の専門医という安心感から、“かかりつけ医”として親御さんからの信頼も厚いようです。

電話やインターネットによる予約制ではなく、朝7時になると受付に名簿が出され、
そこに名前を記入した順番で診察が行われるとのこと。
人気のある小児科なので混雑する時もあるようですが、さほど長い待ち時間にはならないそうです。
乳児健診と予防接種は予約制で行っているので、詳しくは病院までおたずねになってください。

IMG_3127
▲駐車場が用意されているので、具合の悪いお子さんを受診させる際は、車に乗せて連れて行っても大丈夫ですよ。

プレママとママを優しく応援!『広川レディスクリニック』

●広川レディスクリニック(現地より約1.5km・車で約5分)
大府市一屋町4-88 TEL:0562-44-1188
診察時間:9時~12時30分、17時~19時
休診日:日曜日・祝日、水曜日と土曜日の午後
IMG_3118
IMG_3122
▲『アオキスーパー大府店』のある交差点を左折。
すぐに見えてくる白い大きな建物が『広川レディスクリニック』です。
無料で利用出来る広めの駐車場があるので、診察や健診はもちろん、お見舞いに来る家族や友人も、車で来やすい病院です。

出産は何かと不安の多いものです。
こちらで出産をしたママさんによると、看護師さんの対応がとても親切で、入院中はとても穏やかに過ごせたそうです。
病院設備や病室がきれいで、食事も美味しいのだとか。
おまけに、入院中にエステやマッサージも受けられ、出産に向けて高まる緊張もほぐれたそうです。

こちらでは、プレママ向けにマタニティーヨガ・マタニティービクス、産後のママ向けにアフタービクス&ベビービクス、マザーズクラスが開かれています。
産む前も、産んでからも、ママと赤ちゃんが健康で快適な日々が過ごせるための配慮がなされている産婦人科だと感じました。

診察は電話またはインターネットによる予約制。
詳しくは、広川レディスクリニックのホームページから確認が出来ます。
なお、担当医は診察日・診察時間によって異なるそうなので、希望のドクターがいる場合は、予め受付で伝えておくといいそうですよ。

====================

今回ご紹介した病院は、実際に共和エリアで暮らすママさん方に教えて貰った病院の中からピックアップしました。利用した感想も、ママさん方のリアルな声です。
これから【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】で生活をはじめる予定のママやプレママは、どうぞ参考になさってください。

Yoshida Keiko

住宅ライター
Yoshida Keiko

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

PAGE TOP