• 分譲マンション
  • 愛知県大府市
  • サンヨーホームズ

住宅ライターの「サンメゾン共和ヒルズアベニュー」取材レポート

Yoshida Keiko

住宅ライター
Yoshida Keiko

そのうちTOP > サンメゾン共和ヒルズアベニュー > 区画整理事業により、住み心地の良さが高まった“共和西”エリア
2014年10月17日

区画整理事業により、住み心地の良さが高まった“共和西”エリア

【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】は、落ち着いた住宅街エリアに建つマンションであることも特徴のひとつ。

周辺は、区画整理事業により住宅地として環境が整えられ、真新しい建物が続き、計画的に整備された道路が巡っています。クリニックのオープン、小学校の増築など、子育て環境もますます充実してきているようですよ。

区画整理事業は平成28年完了予定、まもなくクライマックス!

IMG_1086

区画整理前写真 区画整理計画図
▲区画整理組合の事務所に伺い、事業の起こりや経緯などをお聞きしたところ、元々は、なだらかな丘陵地に農地が広がっていた共和西エリアですが、JR「共和」駅の徒歩圏であり、かつ、伊勢湾岸自動車道や名古屋第二環状自動車道、知多半島道も近く、交通利便に恵まれている立地条件や、従前より周辺が住宅地として定着している地域柄という特性を生かし、区画整理を行うことを決めたそうです。
※施工者/大府共和西特定土地区画整理組合
※事業施工期間/平成11年3月15日(組合設立認可公告日)~平成28年3月31日
※下段左/事業着手前の航空写真(平成11年撮影)、写真下段右/土地区画整理事業設計図
ともに、大府共和西特定土地区画整理組合資料より

土地区画整理事業のメリットと恩恵にあずかれる好立地のマンション

ところで、土地区画整理事業とはどういうものなのでしょうか?
そして、それによってもたらされるメリットとは、何なのでしょうか?

国土交通省の資料によると、「道路、公園、河川等の公共施設を整備・改善し、
土地の区画を整え宅地の利用の増進を図る事業」とされています。

IMG_1019 IMG_1024

IMG_1033 IMG_1020
▲住宅用地の形を整え、人や車が安全で安心して通行できる道路を造り、公園や市民が憩う公共施設を整備。
それによって、街全体の価値が高まると言われています。
写真にある『一の谷公園』や『共和西児童老人福祉センター』は、この区画整理事業によって新たに整備された公共施設なのだとか。
※一の谷公園/現地より約450m・徒歩6分
※共和西児童老人福祉センター/現地より約450m・徒歩6分

「すでに、たくさんの家が建ち、大勢の人がこの街で暮らしはじめています。
若いご夫婦や、小さいお子さんが増え、街に活気を感じます。」
と話す、区画整理組合のスタッフさん。

共和西小学校

「区画整理によって子どもが増えることを想定し、共和西小学校の施設規模拡大に伴う用地も確保しました。
現在は、増築が行われています。さらに、サンメゾン共和ヒルズアベニューが出来ると、共和西小学校はますます子どもが増え賑やかになりそうですね(笑)」
と、話してくれました。
※大府市立共和西小学校(通学校)/現地より約670m・徒歩9分

荒池保育園
▲区画整理以前からある『荒池保育園』も2年前に増築工事が行われ、園児の数も増えているそうです。
※大府市立荒畑保育園/現地より約640m・徒歩8分

小さいお子さんがいる家庭にとって、同年代の子どもがたくさんいて、同じように子育て中のパパ&ママが近くにいる環境は、子育てがしやすいという話をよく耳にします。
その点から考えても、子育てファミリーの皆さんにとって【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】は、子育て環境としても魅力を感じる立地ではないでしょうか?

IMG_1037 IMG_1035
▲そして、人口の増加に合わせて新しいクリニックも増えつつあります。
内科・糖尿病内科の『いまむらクリニック』は今年の4月に。
一般歯科・小児歯科の『たなべ歯科クリニック』は今年の6月と、どちらも開業ほやほやの新病院。
これから“かかりつけ医”として、頼れる存在になりそうですね。
※いまむらクリニック/現地より約310m・徒歩4分
※たなべ歯科クリニック/現地より約450m・徒歩6分

区画整理により“共和西エリア”は新しくキレイな街並みが出来上がりつつありますが、そこには区画整理事業に尽力をした土地の所有者さんも大勢暮らしています。

長年、地元を大切に守ってきた方々がつくりあげた地域のコミュニティ。新たに住み始める皆さんも、その仲間に加わり一緒に街をはぐくんでいくことになるのですね。

外観完成予想図3 中庭完成予想図
▲【サンメゾン共和ヒルズアベニュー】は、大府共和西土地区画整理事業の施工地区ではないものの、足もとに広がる新しい街との調和を図った外観デザインや植栽計画のマンションとなっているそうです。
“共和西”エリアの新しいシンボルとなる予感がします。
※外観・オーナーズガーデン完成予想図

Yoshida Keiko

住宅ライター
Yoshida Keiko

某住宅メーカー系ディーラーでの勤務を経て、フリーの住宅ライター・MC・イベントアドバイザーへ。
趣味の国内旅行で習得した“ご当地いいとこ探し”のコツを基に、マンション探しのポイントとなる「周辺環境」を、体あたりかつニッチな視点でレポートします!

PAGE TOP