• 分譲マンション
  • 東京都世田谷区
  • 三菱地所レジデンス・野村不動産・セコムホームライフ

住宅ライターの「蘆花公園 ザ・レジデンス」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > 蘆花公園 ザ・レジデンス > 京王線「芦花公園」駅からの徒歩ルートをレポート。現地に近づくにつれ、緑の多い風景に
2017年08月16日

京王線「芦花公園」駅からの徒歩ルートをレポート。現地に近づくにつれ、緑の多い風景に

今回の記事では、京王線「芦花公園」駅から「蘆花公園 ザ・レジデンス」現地までの徒歩ルートをレポートします。

最寄駅からマンションまでの道のりは、通勤・通学の際にほぼ毎日通ることになる道ですから、道沿いにどんなお店があるか、歩きやすい道かどうかということに加えて、景観などもしっかりチェックしておきたいところ。

また、実際にマンション(フォレストコートの出入口)まで何分で行くことができたか、ストップウォッチで計測した結果もお届けしたいと思います。


▲「蘆花公園 ザ・レジデンス」は、「新宿」駅から約9km圏に位置しています。
都心への近さを実感できそうな距離ですね。

 


▲京王線「芦花公園」駅から「蘆花公園 ザ・レジデンス」現地までの徒歩ルートは、ピンクのルートです。
駅の南口を出たら、千歳通りをまっすぐ歩くだけ。
住宅街に位置するマンションですが、駅への徒歩ルートが歩きやすそうなシンプルな道のりなのは好印象ですね!

緑の多い千歳通りを歩いてマンションへ。帰り道沿いにスーパーが2つあります

先ほどもお伝えしましたが、京王線「芦花公園」駅は、ターミナル駅の「新宿」駅から約9kmと、都心に近い駅。でも、駅周辺はそうとは思えないくらい穏やかな雰囲気です。

 
▲こちらが「芦花公園」駅の南口。駅の出口にはエスカレーターとエレベーターがあり、バリアフリーにも配慮されています。
こちらを出たところから、マンションまでの徒歩分数を計ってみたいと思います。

 

 
▲駅を出るとすぐに、目の前にスーパーの「サミット 芦花公園駅前店」があります。
こちらのスーパーは朝9:00~深夜1:00まで営業。残業で遅くなっても生鮮食品が買える、頼もしいお店です。
駅前にはこの他、コンビニやクリーニング店、郵便局、フィットネスクラブなどがありました。

 


▲「サミット 芦花公園駅前店」の横を通り、千歳通りの歩道を進んでいきます。見通しがよく、歩きやすい道ですね。
世田谷区の住宅街というと、道幅が狭くて入り組んでいる場所もありますが、こちらは歩道がインターロッキング舗装されていて、ハイヒールやベビーカーでも快適に歩けそう。見た目も綺麗ですね。

 

 
▲駅前を通り過ぎると、住宅中心の穏やかな街並みに変わっていきます。
途中、雰囲気のいい蕎麦店も発見。家族でのお食事スポットとしても利用できそうですね。

 

後日の記事で詳しくレポートしますが、「芦花公園」駅の南側一帯は、駅の近くだけが“商業系”の用途地域(近隣商業地域)となっており、このお蕎麦屋さんの辺りから“住居系”の用途地域(第一種・第二種中高層住居専用地域)となっています。

ですから、この先はスーパーや飲食店などの暮らしに密着したお店の他は、住宅が中心のエリアということになります。
街並みを見ていると、そのことがとてもよく分かりますよ。


▲駅から180mほど歩いた地点。高いビルなどがなく、穏やかな街並みということが分かると思います。
空が広く感じられて、快適な道です。歩道が広く、自転車と歩行者がすれ違いやすいのも◎。

 


▲さらに進むと、道路沿いの緑の量も増え、落ち着きのある景観に。
「駅から少し歩いただけなのに、こんな風景が広がっている街って、ちょっと珍しい!」と思いました。

また、こちらの歩道沿いにはこだわり食材でお馴染みのスーパー「成城石井 芦花公園店」があります。
「成城石井 芦花公園店」の営業時間は10:00~23:00。こちらもお仕事帰りにも利用できそうです。

 

実は私、この辺りのことを知っている友人から「ちょっと避暑地みたいな街だよ」と聞いていたのですが、訪れる前は「確かに世田谷区っていい住宅地が多いけど、それは言い過ぎなんじゃないのかなぁ」なんて思っていたんです。
でも、実際に「芦花公園」駅からこうして歩いてみると、緑が多く、さわやかで、開放感もあり、確かに避暑地のような雰囲気の街だと実感。

街路樹が大きく育っていて木陰もあるので、少し涼しさも感じます。
毎日こんな道を通って通勤や通学ができたら、気持ちがいいだろうなぁと思いました。

 


▲また少し進むと、木々の向こうに「蘆花公園 ザ・レジデンス」が見えてきました。
駅からここまで、信号はゼロ! サクサク歩いてくることができました。

 


▲マンションの手前から、千歳通りを振り返ってみました。
緑が多くて、空が広く、住宅中心の穏やかな街並みが広がっていますね。

 

また後日詳しくレポートしますが、実は駅前の「サミット」を通り過ぎた辺りからここまでの道には、電線がないんです。
だからなおさら、こんなに開放的で、気持ちがいい景観なんですね。

ストップウォッチのタイムは5分3秒。6分以内で歩けました!

さて、「蘆花公園 ザ・レジデンス」の敷地入口の前に到着!
ストップウォッチのタイムを見てみると……

 
▲マンションの出入口まで、5分3秒という結果でした。
あまり歩幅の大きくない私ですが(笑)駅を出てから5分ちょっとでマンションまで歩いてくることができました。

 

京王線「芦花公園」駅からマンションまでの道のりをまとめてみると

◇私(女性)は、5分3秒で歩けました(※1)
◇歩道が広く、インターロッキング舗装されていて歩きやすい
◇駅の南口を出てからマンションまで、信号はゼロ
◇深夜まで営業の「サミット」「成城石井」、2つのスーパーがある
電線がなく緑が多い気持ちのいい景観

……といったところでしょうか。
個人的には、緑が多くてとても気持ちのいい街並みだったことと、こんなに駅から近いのに、スーパーが2つも(しかも、夜遅くまで買い物できる!)あったことが、特に印象的でした。

 

さて、次回は、今回歩いた千歳通りに加えて、マンション周辺の街並みを紹介したいと思います。
お楽しみに!

※掲載の写真は、すべて2017年7月に撮影したものです。
※1:2017年7月10日15時ごろに調査。「芦花公園」駅(南口)からフォレストコート入口までの距離が約430mのため、不動産公正取引規約に則り、「物件概要」の徒歩分数は6分となります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

過去の記事

PAGE TOP