• 分譲マンション
  • 大阪府大阪市淀川区
  • 総合地所

住宅ライターの「ルネ加島駅前 パークフロント」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > ルネ加島駅前 パークフロント > 駅まで徒歩1分(エントランスまで30m)!駅近で叶うゆとりある暮らし
2017年07月03日

駅まで徒歩1分(エントランスまで30m)!駅近で叶うゆとりある暮らし

はじめまして!
住宅ライターの林景子です。

本日から総合地所の新築分譲マンション
【ルネ加島駅前 パークフロント】の魅力に迫る住宅レポートがスタートします。

現地周辺の雰囲気や物件の特徴など、
パンフレットでは伝えらきれない情報まで住宅ライター目線でお伝えしていきます。

さて、パンフレットやチラシには駅徒歩1分と記される【ルネ加島駅前パークフロント】。
初回の今回は、実際に駅から物件までを歩いた感想や
駅近物件の魅力を徹底的にリサーチし紹介します!

JR東西線「加島」駅から物件まで、なんと歩幅9歩で4秒!

まずは【ルネ加島駅前 パークフロント】の場所を確認しましょう。


▲物件はJR東西線「加島」駅の南、すぐ目の前です。


▲「加島」駅の南側は、大阪市西淀川区竹島。その地名にちなみ、南側の2つの出口は「竹島西口」「竹島東口」と名付けられています。
右/竹島東口はスロープになっているので、車いすやベビーカーなどでも駅が利用しやすいですね。

 

駅出口を出たら、目の前が【ルネ加島駅前 パークフロント】。
文字通り、『あっと言う間』です!
現在は工事中のため、物件の敷地までの歩数と時間を計ってみました。


▲「竹島西口」を出て、横断歩道を渡れば物件です。完成すれば「加島」駅に最も近いマンションになります。

▲私の歩幅で9歩、たった4秒!!!

 

現在【ルネ加島駅前 パークフロント】は建設中のため近づくことができませんが、
駅からエントランス付近まで約30m、片道30秒ほどと仮定します。

仮に定年まで35年間働いたとして、
往復で1分×20日間×35年=140時間(約6日)通勤時間に費やすことになります。

では、もし駅徒歩10分の物件に住んだとしたら
どれくらいトータルの通勤時間に差が出るのか比較してみましょう。
往復20分×20日間×35年=2,800時間(約117日)通勤時間に費やします。

片道徒歩15秒の【ルネ加島駅前 パークフロント】と徒歩10分の物件では、
一生でなんと約111日分、約4ヶ月もの時間にゆとりが持てるんです!
Time is money!この差、スゴイですよね。

 

そして、駅徒歩1分以内の物件に数年前に引っ越した友人に
現在のマンションに住み替えて良かったことを聞いてみました。

・ 時間に余裕ができ、特に朝がゆっくりできる
・ 傘がなくても雨にほとんど濡れない
・ 真夏でもとっても快適
・ 夜道、特に子どもの帰りが遅くなっても心配がなくなった
・ 忘れ物をしても自宅に戻れる
・ 荷物が多い時や重い時に家が近いのは楽
・ 飲んで帰ってもすぐに家なのは嬉しい
・ とにかく便利!!

彼女が頻りに言っていたのが「朝の時間に余裕ができた!」ということ。
電車の時間を気にしながらバタバタとしがちな朝の時間に、
洗濯、洗い物、お化粧や子供の準備など、ゆとりを持ってできるなんて、
駅遠物件に住んでいる私にとっては、とにかく羨ましいっ!!

彼女曰く、「もう駅から離れた生活は考えられない」そうです。

駅徒歩1分の新築分譲マンションはどれくらいある!?

ここで、プロジェクト担当者から参考資料をお借りしたので見てみましょう。

 

▲左/「加島」駅南側で10階以上のマンションは【ルネ加島駅前 パークフロント】のみ。あとは低層の一戸建て住宅が多いので、日当たりや見晴らしも良く開放的なのも本物件の大きなメリット。
右/1995年1月~2017年4月末までの1Rマンションを除いた「MRC調べの参考資料」で、駅徒歩1分の物件って実際にどのくらいあるのかというと、
・大阪市内で駅まで徒歩1分の分譲マンションは、1959棟中188棟で約9.5%。
・西淀川区内で駅まで徒歩1分の分譲マンションは、53棟中3棟で約5.6%。
新築マンションでは駅前1分の土地は限られており、ますます少なくなって、中古マンションを含めても1割以下ということですね!

なお、徒歩計算は80mを1分と計算するので、
本物件のように約30mでも1分、約80mでも1分と表記されます。

「加島」駅の周りにも徒歩1分のマンションが4件ほどありますが、
その中で【ルネ加島駅前 パークフロント】がもっとも駅近なんですね!
徒歩1分の新築分譲マンションはこれほど少なく、本当に貴重なんだと感じました!

駅徒歩1分の資産価値をリサーチ!

マンション購入は一生に何度もあることではありませんよね。
購入時には、将来の人生設計をしっかりし吟味されることでしょう。

しかし人生、何があるかはわかりません!
例えば転勤になったり実家に帰ることになったりと、想定外のことが起こり、
引っ越しを余儀なくされることも無きにしも非ず。


▲ある不動産屋さんに聞いたところ、売却や賃貸物件として運用する場合、「駅に近いほど居住ニーズが高く、売却も高い値がつきやすい」とのこと。(※写真はイメージ)

また不動産の鑑定やコンサルティングなどを行う企業の調査によると、
徒歩1分の物件が一番資産性を維持することができ、
遠くなるにつれて値崩れしやすくなるというようなデータを発表しているそうです。

マンション購入は大きなお買い物だからこそ、
5年後10年後のことも見据えて検討することが大切ですね。

「北新地」駅まで9分、大阪・梅田エリアへのアクセスも抜群の「加島」駅。
また北口にはバスターミナルがあり、
大阪駅、梅田、十三方面、阪急塚口、豊中方面などへは、バスでの移動も可能です。


▲駅の改札口やホームは地下なので、雨や風、陽射しも気にせずに利用できるのも嬉しいポイント。

 

今回実際に訪れてみて、「加島」駅と物件との近さに驚き、
また何事にも代えられないメリットだと実感しました!

マンションとは“出会い”とよく耳にしますが、
この距離の物件との出会いはとても貴重なものとなりそうです。

※写真は全て2017年6月撮影
林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

この記事を読んだ方へのオススメレポート

過去の記事

PAGE TOP