• 分譲マンション
  • 大阪府豊中市
  • 大林新星和不動産

住宅ライターの「プラネスーペリア豊中グランデ」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > プラネスーペリア豊中グランデ > 事業主(売主)インタビュー②~閑静な街並みにふさわしい、品格溢れるデザイン~
2017年12月21日

事業主(売主)インタビュー②~閑静な街並みにふさわしい、品格溢れるデザイン~

ひとつのマンションが誕生するには
開発、計画、設計、施工・・・と、たくさんの会社や人が関わっています。
その取りまとめ役を担う事業主(売主)の立場から
【プラネスーペリア豊中グランデ】の魅力を語っていただくインタビュー。

大林新星和不動産の谷米さんに
同マンションのデザイン面でのこだわりや工夫をお聞きしました。

Q:デザインについて、コンセプトなど教えていただけますか?

A:長い歴史に培われた豊中の落ち着いた雰囲気や、
  周囲に広がる閑静な街並みに調和することを第一に考えたデザインになっています。


▲「アースカラーを基調にしたタイルで、周辺環境に溶け込む落ち着いた雰囲気に仕上げています」と谷米さん。

 

  特に配慮したポイントは、本物件の北側エリアが
  「第一種低層住居専用地域」であるところです。
  低層の一戸建て住宅が中心のエリアに
  中高層の大規模マンションを建設するわけですから、
  周囲に圧迫感を与えにくいデザインになるよう工夫しているんです。

  バルコニーの手すりは
  質感を感じられるタイルと軽やかなガラスを組み合わせたり、
  “マリオン”と呼ばれる飾り柱を設けることで、
  建物に縦ラインの区切りを作り、軽快さを演出しています。
  また、水平のラインを強調して横への広がりを感じさせることで
  建物のボリューム感を緩和しているんですよ!

 
▲縦に伸びる白い柱が“マリオン”。確かに、建物に区切りをつける役割を果たしていますね!
建物のコーナー部分の手すりをガラスにすることで、軽やかな印象に仕上げたとのこと。

Q:エントランスアプローチも落ち着いた雰囲気ですね!

A:この部分のデザインは、ご入居者様からの評価を得ています。
  まず、アプローチの入り口部分にゲートを設けて
  玄関口に相応しい存在感を演出しました。
  アプローチの壁面には横長のボーダータイルを施し、
  建物のエントランスまで約20メートルの距離に更なる奥行き感を持たせることで
  高級感を演出すると共に、帰宅時には屋外からプライベート空間への移り変わりを
  優雅に感じていただけると思います。 


▲存在感たっぷりに構えるエントランス。リッチな雰囲気で帰宅するたび嬉しくなりますね~♪
  
▲「アプローチの壁面には間接照明が設置されていて、夜になるとまたカッコイイんですよ~。帰宅への一歩を優雅に歩んでいただけると思います!」と谷米さん。「モデルルームは18時まで見学可能ですので、夕方にお越しいただければ、今の季節なら夜の雰囲気も体感いただけますよ!」

 

  また、アプローチと車寄せの周辺には
  シンボルツリーとなるヤマボウシやカツラなどを配しています。
  西側道路に面したところには春が楽しみな桜・ソメイヨシノも。

  開花時期が異なるもの、紅葉が楽しめるものなど、
  さまざまな種類の植栽を選定しているので
  敷地内でも季節感を味わっていただけるのではないかと思います。

 
▲エントランスの脇には、シンボルツリーのヤマボウシが。初夏には緑の葉を茂らせて白い花を咲かせ、秋には鮮やかに紅葉します。

Q:エントランスはまるでホテルみたい!ステキですね~!!

A:歴史ある豊中の街に相応しい品格を意識したデザインになっているんです。
  外観と呼応するように用いた水平と垂直のラインで、
  シャープかつ洗練された雰囲気を演出しながら
  温かみのある自然系の素材を多用して、落ち着いた印象に仕上げています。

 
▲ホール正面のライムストーン、壁面・天井の木目調シート、ホールとロビーを仕切るテラコッタルーバー・・・自然を感じさせる素材が使われているので、洗練されながらも温かみのある雰囲気が漂っています。

 

  広々としたロビーでは、ガーデンを眺めながらゆったりと寛いでいただけます。
  ご主人が車寄せまで車を移動されるのをご家族がお待ちになっていたり、
  ご入居者様同士の交流の場になったり・・・などご活用いただけるスペースです。


▲ソファにゆったり腰掛けて優雅なおしゃべりができそう♪
ちなみに、こちらのテレビモニターでは居住者専用のポータルサイトが見られます。マンションの掲示板・回覧板の機能があったり、来客用駐車場の予約などもできるんですって!(各住戸のテレビでも利用可能)


▲ロビーから見える美しいガーデン。夜になるとライトアップされて、また違った雰囲気が楽しめるそうですよ!

地域の落ち着いた雰囲気に溶け込むために、
さまざまな工夫や配慮がなされているんですね~。

豊中の街に調和した、上質なデザインが魅力の【プラネスーペリア豊中グランデ】。
ここに住まうステータス感を味わいながら、豊かなマンションライフが送れそうです!

※掲載写真はすべて2017年11月・12月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP