• 分譲戸建て
  • 愛知県瀬戸市
  • パナソニックホームズ

住宅ライターの「パークナードテラス新瀬戸」取材レポート

村田明音

住宅ライター
村田明音

そのうちTOP > パークナードテラス新瀬戸 > 【パークナードテラス新瀬戸】で販売中の個性豊かな木造住宅を一挙ご紹介①
2020年01月20日

【パークナードテラス新瀬戸】で販売中の個性豊かな木造住宅を一挙ご紹介①

以前お届けしたモデルハウスレポートでは、21号地や18号地を例に【パークナードテラス新瀬戸】の住まいをご紹介しました。

しかし【パークナードテラス新瀬戸】には、まだまだ、外観や間取りはもちろん、バルコニーの形状や収納、ドアや床といった建具の色…などがそれぞれ異なったこだわりの住まいがたくさんあるんです。

そこで今回からは2回に渡って、現在【パークナードテラス新瀬戸】で販売中の住まいを一挙にご紹介します!


▲こちらが、【パークナードテラス新瀬戸】の区画図。(2020年1月6日現在)
この中から、ピンク色の枠で囲った木造住宅に注目してご紹介したいと思います。

全てがモデルハウスではないので、家具の入っていない住まいもありますが、
「このカラーが好き」「この間取りの家が暮らしやすそう!」…と、住まいを絞り込む際の参考にしてみてくださいね。

※上写真…【パークナードテラス新瀬戸】の街並み(2019年11月撮影)

キッチンからLDK全体が見渡せる、子育てファミリーにピッタリな「23号地」

まずご紹介するのは「23号地」。


▲前、横、斜め…と、見る角度によって様々な表情を見せてくれる外観。白とベージュのツートンカラーの外壁に、玄関まわりの濃いブラウンのタイルがアクセントになっています。家の前には駐車スペースも2台分確保されていますよ。


▲フローリングなどのインテリアカラーは、温かみのある明るいメープル。ナチュラルな雰囲気なので、どんなデザインの家具にも合わせやすそうです。
南向きの2つの大きな窓からは暖かな太陽の光がお部屋の中までしっかりと届いていましたよ。

 
▲写真左:フラットなカウンターキッチンからはリビング・ダイニングはもちろん、隣接する和室まで見渡すことが可能。 お料理をしながらでも、家族と会話などのコミュニケーションを取ったり、遊んでいるお子さんの様子を見守ることができるのは、仲良しな子育てファミリーにとって嬉しいポイントですよね。
写真右:キッチン横にはパントリーもあり、パスタや缶詰、飲料などもたっぷりとストックしておくことができます。


▲2階には、主寝室と洋室の2部屋から出入りすることができる広々としたバルコニーが♪
南向きのバルコニーには太陽の光がサンサンと注ぎ、洗濯物もしっかりと乾かしてくれそうです。
南垂れの丘上立地だからこそ叶う、目の前に広がる気持ちの良い青空も必見ですよ!

アイランドキッチンとデッキテラスを備えた「25号地」

続いてご紹介するのは「25号地」。


▲25号地は、同じ並びにある23号地などとは異なり、玄関が道路に面さず、東を向いているという特徴が。

さらに25号地は、間取りにもいくつかの大きな特徴があるんです!


▲インテリアカラーは23号地と同じメープルカラーですが、LDKに設置されているのはアイランドキッチン!家族みんなでお料理を楽しんだり、仲良しの友だちを呼んでホームパーティーを開いたり…と、夢が広がりますね。
さらにキッチンの奥は洗面室になっていて、家事動線が良いのも嬉しいポイント。洗濯の合間に料理の下ごしらえを進めたり、洗い物をしながらお子さんの入浴の様子を見守ったり…と、時間を有効に使うことができそうです。


▲洗面室にはカウンターが備えられていて、アイロンがけをしたり、洗濯物を畳んだりするのにピッタリ。
ますます家事が捗りそうですね。

さらに、リビング・ダイニングにはウッドデッキが接続しているのも大きな特徴の1つ。


▲屋根や網戸のついたデッキテラスは、ほどよいプライベート感があり、テーブルや椅子を置いてオシャレなカフェのように使ったり、夏には子ども用のプールを出してお子さんを遊ばせるのにも良さそう。


▲デッキテラスからも出入りすることができる広いお庭もあるので、ガーデニングや家庭菜園を始めてみるのも素敵ですね。

また、2階のお部屋にも一工夫施されているんです。


▲和室は、ホール(廊下)と主寝室の両方から出入りすることができる2WAY仕様。
客間として活用するほか、主寝室からもしっかりと目が届くので「添い寝は卒業したけれど、1人で寝かせるのはまだ少し心配…」といったお子さんの寝室にするのも良さそうです。

 
▲合計約11帖の洋室は、間仕切り壁を設置することでそれぞれ約5.5帖のお部屋に分けることができるようになっています。扉はもちろん、窓やクローゼットもそれぞれ備えられていて、お子さんの成長や家族構成に合わせて間取りが変えられる工夫がされているのは、長く暮らす上で有り難いですね。


▲寝室から続く東向きのバルコニーからは、街の向こうに広がる山景色を望むことも可能!
南向きのバルコニーから望む開けた青空も素敵ですが、ほっと心を落ち着けてくれる緑の風景も良いな~と思いました。

 

いかがでしたか?

外観のデザインやインテリアカラー、キッチンの形状、バルコニーの向き、家事動線の良さ…など、どんなポイントでお家を選ぶかは人それぞれ。
次回も【パークナードテラス新瀬戸】の個性的な住まいをたくさんご紹介しますから、ぜひ楽しみにしていてくださいね♪

※掲載の写真は2019年12月に撮影したものです。
村田明音

住宅ライター
村田明音

住宅ライター。女性誌の編集や広告営業を経て、ライティング会社を設立。マンションや一戸建て、リノベーションなど住宅分野に幅広く関わっている。旅行先でも、物件や町の住みやすさをついチェックしてしまう。

PAGE TOP