• 分譲マンション
  • 名古屋市北区
  • パナホーム

住宅ライターの「パークナード平安通」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > パークナード平安通 > 4路線が乗り入れ、バスターミナルもある「大曽根」駅も自転車で日常遣い!
2017年09月01日

4路線が乗り入れ、バスターミナルもある「大曽根」駅も自転車で日常遣い!

前回のレポートでは、最寄り駅である地下鉄名城線「平安通」駅から徒歩3分、
さらにショッピングや教育、医療など周辺施設が充実した【パークナード平安通】のとても便利な立地を紹介しました。

今回は「大曽根」駅に注目します。

「大曽根」駅は「平安通」駅から地下鉄名城線で1駅ですが、
【パークナード平安通】からはわざわざ電車に乗らなくても、自転車で十分アクセス可能!
毎日の通勤や通学、お出かけに日常遣いができるんですよ。

現地から「大曽根」駅までは何分かかる?自転車で行ってみました

今回は実際に自転車に乗って、現地から大曽根駅まで行ってみたいと思います。

 
▲大曽根駅までは、現地前の大通り沿いを「平安通」駅を超えてまっすぐ行くだけなので、とても分かりやすい道のり。ストップウォッチをセットして、早速スタート!

 
▲左/「平安通」駅のある「平安通1丁目」の交差点を越えます。ここまでの所要時間は約1分程度です。
右/「平安通1丁目」の交差点を越えてしばらくすると、もう「大曽根」駅が見えてきました!


▲あまり信号で止まることのなかった今回は、「大曽根」駅前までで約6分で到着しました!※

交差点は最初に越えた「平安通1丁目」のほか、「平安2丁目」と大曽根駅の目の前の「東大曽根」の3ヶ所のみ。
朝の通勤・通学で急いでいるときに、信号待ちで大きく時間をとられる!なんてこともあまりなさそうです。

【パークナード平安通】から「大曽根」駅までの道のりは、現地前の道と同様、きれいに舗装されたフラットな道。
とても走りやすく、あっという間に着いてしまった印象でした。

 
▲「大曽根」駅には1回(24時間以内)100円で利用できる市営駐輪場も数多く整備されています。毎日利用する際には定期利用も可能です。地下駐輪場は突然雨が降った日でも自転車が濡れてしまう心配がなく、嬉しいですね。

行き先に合わせて選べる、便利な4路線+市バスが乗り入れ

「大曽根」駅には、地下鉄名城線だけでなく、
JR中央本線、名鉄瀬戸線、名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)の4路線が乗り入れています。
これは、名古屋市内でも名古屋駅、金山駅に次ぐ乗り入れ路線数です。

  
▲左/JR中央本線を使えば、千種駅、金山駅や名古屋駅へはもちろん、多治見や土岐などの岐阜県へも乗り換えなしで行くことができます。
中/名鉄瀬戸線を利用すれば、守山区や尾張旭市、瀬戸市方面へのアクセスも可能。「愛知県森林公園」や「城山公園」、「小幡緑地」など大きな公園も多いので、休日にお出かけするのもいいですね。
右/名古屋ガイドウェイバス“ゆとりーとライン”は、バスでありながら専用の高架を走行するため渋滞の心配等がなく、鉄道と同じように定時・高速での運行が可能。高架を通るので、通常の電車やバスとはひと味違った車窓からの景色も楽しむことができますよ。


▲大曽根駅のバスターミナルからは、名古屋駅や栄駅、吹上方面などへ向かうバスが運行されています。
マンション最寄りのバス停「平安通」停からバスで「大曽根」駅へ行くことも可能。悪天候でも安心です。

電車とバス、これだけの路線が揃っていれば、毎日の通勤・通学やお休みの日のおでかけも、
最適な路線を選んで早く・楽にアクセスすることができそうです。

また万が一、事故や大雨などでどれかの路線が止まってしまった場合でも、
家に帰れない…なんていう心配もしなくて大丈夫そうなのが嬉しいですね。

  
▲駅構内には郵便局やカフェのほか、パン屋さんや薬局、書店、「成城石井」まで様々なお店が揃っていました。
明日の朝食用のパンや夕飯にもう1品…など、ちょこっと買い物して帰るのにもいいですね。

大曽根駅周辺も面白い!探索してみました

 

 
▲上/大曽根駅からマンションに近い西口方面には「オゾンアベニュー」という商店街があります。
毎月第2土曜日の朝には朝市も開催!新鮮な野菜や海産物、雑貨など様々なお店が出店・販売されるので、
お休みの日に少し早起きしてお出かけしてみるのも良いですね。
下/大曽根駅前には深夜でも営業している飲食店などが建ち並び、夜でも明るくにぎやかな雰囲気です。

 
▲左/名鉄瀬戸線の高架をくぐり東口方面へ進むと、「エディオン」や「ユニクロ」、「ニトリ」「ヤマナカ」などが入った「メッツ大曽根」が。
右/「イオンモールナゴヤドーム前」は言わずと知れた、食品から生活用品まで数多くの専門店が入ったショッピングセンターです。

もちろんイオンモールに隣接する「ナゴヤドーム」へも自転車でアクセス可能な距離なので、
野球観戦やコンサートも帰りの混雑の心配なく楽しめますね。

多くの路線が乗り入れる「大曽根」駅も普段使いができる【パークナード平安通】。
ますますその立地の魅力が伝わったのではないでしょうか?

現在【パークナード平安通】は、先着順での分譲が始まっています。
ぜひこの機会に現地の見学にもお出かけしてみてくださいね。

掲載の内容は2017年8月現在のものです。
※写真撮影時はストップウォッチを一時停止し撮影しました。信号待ちの時間は含まれます。
林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

過去の記事

PAGE TOP