• 千葉県千葉市稲毛区
  • パナホーム

住宅ライターの「パナホーム・ガーデン稲毛」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > パナホーム・ガーデン稲毛 > こだわり満載!みどころ満載!の「パナホーム・ガーデン稲毛」9号地モデルハウス

こだわり満載!みどころ満載!の「パナホーム・ガーデン稲毛」9号地モデルハウス

「パナホーム・ガーデン稲毛」の売主は、大手メーカー「パナソニック」を親会社に持つ「パナホーム」。
その住まいづくりには古くから暮らしに関わってきたメーカーならではのこだわりが満載。今回はパナホーム・ガーデン稲毛のモデルハウスで体験した、パナホームならではのこだわりをご紹介したいと思います。

ダイナミックな吹き抜けが開放的!9号地モデルハウス

今回見せていただいたのは南面道路の9号地。
まずは間取り図を確認しておきましょう。


▲ 9号地3(4)LDK+SIC+納戸
敷地面積/127.98平米(約38.71坪)
建物延床面積/111.24平米(約33.64坪)

こちらの間取りのポイントは【豊富な収納】と【リビングダイニングの吹き抜け】、【将来の家族構成の変化に合わせた間仕切り可能な洋室】です。


▲こちらが今回案内を担当してくださった、パナホーム株式会社の営業、鏡原さん。

 

 
▲キッチンの機能や床下に内蔵されたHEPAフィルター搭載の換気システムなど、パッと見ただけではわからないパナホームのこだわりについて、暮らす人目線でわかりやすく説明してくれましたよ。

  
▲マジックの汚れが水だけでキレイに消えてしまう外壁材サンプルを使った実演もまるで手品のようでした。
こちらのタイルは、メンテナンス費用を大幅に減らせる仕様になっているんですって。(※詳しくは販売係員におたずねください。)

家族のコミュニケーションを重視した間取りプラン

9号地の間取りで最も印象的なのは、お部屋に足を踏み入れた瞬間視界に飛び込んでくる吹き抜け空間。


▲オープンな吹き抜けと3面からの採光で開放感たっぷりの明るいリビングダイニング。

階段は廊下から上がるレイアウトではなく、家族のコミュニケーションに配慮したリビング階段が採用されています。
リビング階段は「いってきます」の前、「ただいま」の後に家族と顔を合わせることができることで、ファミリーに人気のレイアウトなんですよ。
吹き抜け越しに「今日のご飯なにー?」「今日はハンバーグだよー!」なんて家族の会話ができちゃいそうですね!


▲隣地に面した階段の壁に設けられたスリット窓は、曇りガラスを用いた開閉不可のフィックス窓でプライバシーに配慮しながら採光を確保しています。


▲天井のファンもオシャレですよね。

また2階の洋室には将来間仕切り可能な洋室が採用されています。


▲2つのドアと収納が確保されているので壁で仕切ってもそれぞれが独立した個室として利用できるようになっています。

長く住むほど家族のライフスタイルは変化するもの。
その変化に対応できる間取りを選ぶということはより長く快適に暮らせる住まいを選ぶということになるかもしれませんね。

スッキリ空間を叶える大型収納が充実!

大容量の大型収納が魅力の9号地プラン。
玄関のシューズインクロークにはゴルフバッグなどのスポーツ用品やベビーカー、階段下収納には掃除機・アイロンなどのかさばる家電、2階納戸には旅行カバンやシーズンオフの衣類といった具合に使い分けることができるんですよ。


▲奥行たっぷりのシューズインクロークには棚が設置されているので、小物類も整頓することができます。

靴だけでなくレジャー用品やスポーツ用品など家の中に持ち込みたくないものの収納に便利です。
防災グッズなども玄関の近くにおいておくとよいかもしれませんね。

住まいの第一印象を決める玄関は見た目はもちろん、ニオイも気になるところ。
パナホーム・ガーデン稲毛ではそんな見た目やニオイにも配慮した素材が採用されているんですよ。

 
▲こちらは玄関正面の壁面のエコカラット。調質性に優れているエコカラットをこうして張り付けるだけで、高級感が増すだけでなく室内の除湿や脱臭などの機能も発揮するんです。 

そして、階段下の空間を活用した収納がこちら。

 
▲階段の勾配に合わせて奥まで収納スペースになっているんですよ。手前には棚が設置されていますので日用品のストックを整理整頓したり形の定まらない掃除道具もスッキリと収納できそうですよね。 

また、2階納戸は採光窓もついていて収納だけではもったいないと思えてしまう空間。


▲機能的な棚もついた大容量の収納は家族の共有スペースとしても利用できそうですね。

ライフスタイルの変化を見据えて将来設計プランを選ぶということ

いかがでしたでしょうか?永く快適に暮らしたいマイホーム。
変化するライフスタイルや家族構成に合わせて間取り変更ができる洋室や、増えていく家具や衣類を収納できるスペース、メンテナンスのしやすさなど、将来を見据えたプランや仕様についても注目してみてくださいね!

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

過去の記事

PAGE TOP