• 千葉県千葉市稲毛区
  • パナホーム

住宅ライターの「パナホーム・ガーデン稲毛」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > パナホーム・ガーデン稲毛 > 「庭付き一戸建て【パナホーム・ガーデン稲毛】」「都心立地のマンション」あなたのライフスタイルに合うのはどっち?

「庭付き一戸建て【パナホーム・ガーデン稲毛】」「都心立地のマンション」あなたのライフスタイルに合うのはどっち?

マイホーム購入を検討する際、一戸建てかマンションかで迷う方も多いのではないでしょうか?
住宅雑誌やインターネットサイトなどでもたびたび特集が組まれているのも、関心の高さの表れかもしれませんね。
今回のレポートでは、皆さんがご自身のライフスタイルに合った住宅取得形態を選ぶヒントを発見するべく、「パナホーム・ガーデン稲毛」を例に、マンションと一戸建てそれぞれの特徴を検証したいと思います。

土地も建物もすべて財産となる一戸建てと区分所有のマンション

一戸建てとマンションの大きな違いは、土地や建物の所有形態にあります。 一戸建ての場合、土地と建物を所有することになりますが、マンションの所有権は、建物の一部である専有部分を所有する区分所有権になります。
そのため価格や、管理・修繕に違いが生まれます。

具体的に所有権の違いを検証してみると・・・。


▲【一戸建て】自由に売買や賃貸化することが可能です。
維持管理は全て自分の責任となりますが土地も建物もすべて自分の財産となります。
駐車場や管理費、修繕積立金などがかかりません。


▲パナホーム・ガーデン稲毛はマイカー2台駐車(※1台分は軽自動車など)が可能。もちろん駐車場代はかかりません。


▲お庭の管理は自己負担となりますが、それも一戸建ての醍醐味!

一方、分譲マンションはというと・・・。


▲【マンション】専有部分を売買することはできますが、土地や廊下などは共用部分となるため、自分の意思だけでは、自由に売買や修繕を行うことができません。
共用部分は、区分所有者全員で構成されている管理組合で管理することになります。
管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などの負担が必要となります。

因みに、都心マンションの駐車場は、高さ制限などのある機械式ということも。
実はマンション住まいの我が家の駐車場も機械式なので、面倒な操作や管理が必要ない一戸建ての広い駐車場は羨ましい限りです。

同じ価格帯の都心マンションと「パナホーム・ガーデン稲毛」の広さを比較

一般的に全く同じ立地条件で一戸建てとマンションを比較すると当然土地を所有する一戸建てのほうが当然高くなります。
今回は、同じ価格帯で駅徒歩圏内の都心マンションがどのくらいの広さなのかを調べてみました。

「パナホーム・ガーデン稲毛」は分譲価格3990万円(税込)から。
※3号地 4LDK 敷地面積133.21平米 約40.29坪 建物面積106.74平米 約32.28坪


▲こちらは広々と開放的な吹き抜けのリビングが素敵な9号地を撮影したもの。

インターネットの住宅検索サイトで同等価格の東京都内の駅徒歩圏内の物件を検索したところ、3900万円台の物件は、30~40平米間取りにして1LDK程度のコンパクトなお部屋がわずかにあるだけでした。

その広さの差は「パナホーム・ガーデン稲毛」の半分以下!さすがに40平米では家族で暮らすには厳しいですよね。
同じマンションの3LDK70平米超えとなると、価格は6000万円近くに跳ね上がってしまいます。
さらに支払い面では駐車場代、管理費、修繕積立金などがかかります。

都心から約50分圏内に範囲を広げると都心マンションより安価な価格で庭付き一戸建てを持つことができるということなんですね。

マンションVSパナホーム技術、構造面や空気環境はどっちが優位?

鉄筋コンクリート造で頑強な分譲マンション。構造面での安心感は魅力的ですよね。
ここで「パナホーム・ガーデン稲毛」の構造にも注目してみましょう!

一戸建ての場合は木造が一般的ですが、パナホームの主要構造材は軽量鉄骨。「制震鉄骨軸組構造」が採用されています。
ビルの耐力壁にも使われている座屈拘束技術が駆使されているんですって。

パナホームの一戸建ては地震に強い軽量鉄骨構造が使われている点も安心材料の一つです。

 
▲構造について、よくわかる模型やパンフレットがモデルハウスに用意されていますので是非参考にしてみてくださいね!

また、「パナホーム・ガーデン稲毛」では高気密・高断熱の熱効率にこだわった構造が採用されています。


▲こちらが「パナホーム・ガーデン稲毛」の壁面模型。
なんと、外壁材から内装材までの厚みは216.5mm。


▲窓にはLow-E複層ガラスが採用されています。

また、パナホームと慶應義塾大学医学部教授が共同研究したエコナビ搭載換気システムHEPA+も採用されています。


▲外から採り入れた空気をキレイにして室内へ送る換気システム。


▲床下に設置されたこのHEPAフィルターを通すことで花粉や黄砂だけでなくPM2.5濃度も低減することができるんですよ。

家族が健康で快適に長く暮らせるマイホーム選びを!

やはり、管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理費)などがかからないのは一戸建ての大きなメリット。
さらに都心から50分で、先進技術を採り入れた豊かな暮らしを叶えられるのは「パナホーム・ガーデン稲毛」の魅力といえそう。
マイホームは大きな買い物です。失敗しないためにも、自身が求めているライフスタイルと向き合いながら、理想のマイホームを見つけてくださいね。

☆☆☆只今、ご成約キャンペーン実施中☆☆☆
成約特典として100万円相当プレゼント!
パナソニック家電や住宅購入資金、オプション工事にご利用いただけます。
詳しくは現地スタッフにおたずねください。

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

過去の記事

PAGE TOP