• 大阪府 四條畷市
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘」取材レポート

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

そのうちTOP > パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘 > 購入後も安心!パナソニックホームズならではの充実したアフターサービス
2018年06月15日

購入後も安心!パナソニックホームズならではの充実したアフターサービス

その住まいがいくらなのか?必要経費を含めて購入時にいくら必要なのか?
費用に関することは、マイホーム選びの大きな判断材料になると思います。

でも、ちょっと待って!
家は購入したらそれで終わり、ではありません。
長く快適に住み続けるための定期的なメンテナンスも必要です。
突発的なアクシデントもあるでしょう。

そこで今回は、アフターサービスや住んでからの住宅費からも
【パナホームシティ・四條畷 忍ヶ丘】をチェックしてみます。

※上写真は【パナホームシティ・四條畷 忍ヶ丘】3号地

メンテナンスの差は30年間で500万円?!

家はメンテナンスをきちんとするかしないか?で耐久年数や資産価値も大きく変わります。
特に定期的なメンテナンスが大切なのは、雨風にさらされる外回りです。

一般的な住宅の場合、10年ごとを目安に
足場を組んでの大掛かりなメンテナンスが必要とされています。
屋根の表面塗装、外壁や目地の塗装、バルコニーの防水シート張替えなど…合せて240万円ほど。

↑しかも、10年ごとに手入れをしていても、30年後には屋根材の吹き替えが必要とされています。
一般的な住宅では100万円ほどかかることもあるのだとか!

30年間で必要な費用は約780万円にもなると言われています。高額ですよね!!

費用面も大変ですが、
10年ごとに業者に見積もりを頼んだり、工事の人に気を遣ったりしなくてはいけません。
足場を組まれると、外に洗濯物も干しにくいですし。
この手間や気遣いが結構大変だったりするんですよね・・・。

では、【パナホームシティ・四條畷 忍ヶ丘】ではどうでしょうか?

 


▲本格的なメンテナンスが必要なのは30年後が目安になるようです。それまではサッシ等開口部の部品交換(費用の目安は5万円ほど)を行うイメージなんですね。ふむふむ・・・

 

屋根には高耐候仕様の彩色セメント瓦が採用されるなど
品質へのこだわりが高い同物件は、イージーメンテナンスでOK。
大規模なメンテナンスが30年間不要なのはとても助かりますね!

例えば、30代でマイホームを購入したら、
60代までメンテナンスについて考えなくていいのはラクですよね。
小さいお子さんをお持ちのご家族ならば、
子どもの教育費がかかる時期とメンテナンスが重ならないのもイイと思いませんか??

外壁に使われているキラテックタイルは汚れが付きにくいだけではなく、
セルフクリーニング効果があるそう。
長くキレイに保てる上にメンテナンスも不要。雨樋だけ交換すればOKとは嬉しい!

30年間でかかる費用の目安は総額300万円の計算とのコトなので、
一般的な住宅と比べて500万円も変わってくることに!!!
その差額を、家族の楽しみや教育費へも充てられますね♪

手間も費用も少ないのは本当に魅力的だと思います。

購入後も長く安心、20年の保証付き!

家はメンテナンスが大切とわかっていても、
いつ・どんなことをすればいいのか分からない、という方も多いのでは??

パナソニックホームズはその点もしっかりサポート!
引き渡し後2年間は定期的なアドバイスや時期に応じた点検をしてくれます。

購入後も丁寧なアフターサービスをしてくれるので、
住み始めてから出てくる疑問も聞くことができて安心です。

また、保証期間は20年。
一般的な住宅では10年なので、なんと倍です!


▲20年は基本の保証期間で、最長60年まで保証期間を延長できるそう(※延長には条件あり)。一生涯保証が続くみたいなものですね!/【パナホームシティ・四條畷 忍ヶ丘】の街並み

 

たとえ販売価格はお値打ちでも、
購入後の保証やサポートが頼りなく、相談にも乗ってもらえないのでは不安なもの。

その点、パナソニックホームズの住まいは
暮らしてからの“安心料”も含んだ価格と言えそうです。

家は住む家族とその財産を守る大切な砦ですから、
その保証がしっかりあってこそ、真に快適な暮らしが育めるのではないでしょうか。

いつ・どんな時でも安心の『お客様24時間365日受付サービス』

暮らしの中では急なアクシデントが発生することもあります。
これ、困っちゃうんですよね。

わが家でも、水道の蛇口がいきなり壊れて水が噴き出したことがあります。
頼りになるはずの家族は留守。
工具なんて使えないし、どんな業者が直してくれるのかも分からないし、
焦っている間にも水はジャンジャン噴き出すし・・・。
どこに連絡したらいいのかを必死で調べた経験があります。

そんなトラブルにも、パナソニックホームズなら
『お客様24時間365日受付サービス』が、休日も夜間も問わず対応してくれます。

蛇口が壊れた時も、パナソニックホームズだったら必死にならなくて済みますね(笑)

アクシデントはないに越したことはありませんが、
もしもの時でも「ここに連絡すれば大丈夫!」と分かっていると心強いですよね。
家に関するトラブルは、大船に乗ったつもりでお任せしちゃいましょうか。

 
▲長期間しっかりとしたサポートが受けられるから安心!※パナソニックホームズHPより引用

お客さま専用のあんしん倶楽部、『Panasonic Homes CULB』

もう一つの嬉しい特典が、『Panasonic Homes CULB』。

オリジナル情報誌を送付してくれたり、専用のサイトもあります。
身近な情報を発信してくれていて、
購入後もお客様とのつながりを大切にしてくれているなぁ~と感じます。
そんな会社だからこそ、何かあったときにも気軽に相談ができるのではないでしょうか。

さらに、有料会員制度の「パナソニックホームズ あんしん倶楽部」に入会すれば
さらなるバックアップが受けられるんですって。

■設備機器修理費用のサポート
■住宅災害お見舞金のお届け
■各種ご優待割引
■パナソニックホームズショッピング10%割引

などなど、“家のサポート”の範囲を大きく超え、快適&安心な暮らしまでも応援してくれます。


▲出産時にはお祝い金のまで届けてくれるのだとか!何かとお金のかかる出産時には嬉しいですね。介護リフォーム工事100万円分の提供などもあり、人生を応援してくれます。※写真はイメージ

 

家を建てて販売するだけでなく、その後の生活をしっかり支えます!
・・・そんな心意気を感じるサポートの数々ではないでしょうか。

マイホームは、大きな買い物であると同時に、暮らしを育む場ですから、
「ちょっと壊れたけど、まぁいいか」とはならない大切な“人生の基地”です。

後々必ず必要になるメンテナンスや、生活の安心感も大切な要素なので、
購入時の金額だけでなく、その後かかる住宅費や安心面も考慮して住まいを選びたいですね。

アフターサービス&サポート充実の同物件も、検討可能な住戸はあと僅か。
ぜひとも早めのアクションをオススメしますよ!!

※掲載写真は2018年2月、3月、5月に撮影
田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

内装工事から電気工事まで家づくりに関わるあれこれを経験してきた、元ガテン系。
現在は住まい作り手と購入する人をつなぐ存在として、ライター業のほか、住宅関連の番組制作などでも活躍中。
数十年の住宅との関わりをもとにレポートします!

PAGE TOP