• 大阪府 四條畷市
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘」取材レポート

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

そのうちTOP > パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘 > 今は買い時?!マイホームの購入時期を考えてみました
2018年06月24日

今は買い時?!マイホームの購入時期を考えてみました

住宅の購入時期を考えるとき、「こどもが小学校に入学するから」など
個人の買い時から検討される方もいらっしゃるでしょう。

でも、『世の中の買い時』も見極めておきたいですよね?

そこで、どのような点に注目したら
『世の中の買い時』が見えてくるのかを考えてみたいと思います。

住宅ローンの金利動向をチェックしましょう

住まいを購入する際、住宅ローンを利用される方は多いでしょう。

その時にしっかりと確認しておきたいのが、金利やその動き。

借り入れ金額が大きくなるため、
金利のちょっとした変化も返済額に大きく影響するのです。
実際に、購入金額の数百万円の差よりも
住宅ローンの金利変動の方が影響が大きいケースもあるんですよ。

 


▲フラット35の金利動向グラフを見ると、いま(2018年6月)の金利は1.37%。購入時期を少し先延ばしにしただけでも返済額が大きく変わってしまうことにもなりますから、金利動向を知ることは、住宅の買い時の見極めにとても大切ですね/『住宅ローン金利予想』の「フラット35金利動向グラフ」を引用

 

上のグラフを見ても、金利は下げ止まって上昇の兆し?!

そうなると、「少しでも金利が低いうちに住宅購入を!」
—と考えるのは当然のことかもしれませんね。

金利の違いで返済額は大きく変わります

では、金利の違いでどれくらい返済額が変わってくるのか、
シミュレーションをしてみましょう。

仮に、4,000万円の物件を頭金なしで購入するとします。

■借入金額/4000万円
■頭金/0円
■返済期間/35年
■返済方法/フラット35利用、ボーナス払いなし、元利金等払い

上の条件で試算をしてみます。

2018年6月の金利1.37%では、月々の返済額は119,943円です。

ところが、金利が1%上昇して2.37%になると、
月々の返済額は140,226円になってしまいます。
月に2万円以上も違ってくるのですね!

また、金利の違いで借入可能額も変わってきます。
この表をご覧ください。


▲月々の返済額の目安を12万円とした場合、いまの金利1.37%であれば、借入可能金額は4000万円。ところが、金利が1%高くなると、返済額を同等にしようとすれば3500万円に。500万円もダウンしてしまいます。しかも返済額もUPしていますし…。この差は大きいですよね。

 

逆を言えば、同等の返済額でも、金利が1%低いメリットを活かせば
ワンランク上の住宅が購入できるのです。

【パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘】は上記例より価格が”上”なので
金利の影響も大きく受けることにもなります。
そうなると、なおさら「低金利のうちに…」の思いが強くなりませんか?

住宅ローン控除もマイホーム購入を応援!

ところで、住宅ローンを利用する場合、
税制面でも優遇があることはご存知でしょうか?

いわゆる「住宅ローン控除」です。

10年間、年末ローンの残高に応じて所得税が控除されて確定申告で戻ってくるもので
住宅ローン減税とも呼ばれます。※適応には諸条件あり

平成30年現在、消費税率引き上げに合わせて、その最大控除額が大幅に拡充!
平成26年3月年まで最大20万円だった控除額が、平成33年12月までは最大40万円に。
また、控除額が所得税を上回る場合には、住民税からも一部控除されますが、
こちらも控除上限額9.75万円から13.65万円と大幅アップされています。

10年間毎年のことなので、とても大きいですよね!

控除される金額は「毎年末の住宅ローン残高」又は「住宅の取得対価」のうち
いずれか少ない方の金額の1%です。
これが最大控除額を下回る場合、住宅が高価でローンが多いほど控除額も多くなります。
ハイクオリティの住まいほど税制面でのメリットは大きそうですね。

このように、税制面からも今は『世の中の買い時』と言えるのではないでしょうか。

いかがでしたか?
ご紹介したシミュレーションは一例であって、住宅ローンの組み立て方は様々です。

現地販売センターでは、ご家族のライフプランに合う返済例など
大切な資金計画についても丁寧に教えてくれますので、ぜひ相談してみてくださいね。


▲ボーナスと併用して月々の返済額を抑えたり、変動金利のローンを利用したり・・・
各々の『個人的な買い時』とのバランスを考えて、賢く利用したいものですね!

 

いよいよ検討住戸もわずかになっていますので、ご検討・ご相談はお早めに!!

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

内装工事から電気工事まで家づくりに関わるあれこれを経験してきた、元ガテン系。
現在は住まい作り手と購入する人をつなぐ存在として、ライター業のほか、住宅関連の番組制作などでも活躍中。
数十年の住宅との関わりをもとにレポートします!

PAGE TOP