• 大阪府 四條畷市
  • パナホーム

住宅ライターの「パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘」取材レポート

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

そのうちTOP > パナホーム・シティ四條畷 忍ヶ丘 > 四條畷はどんな街?~【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】の近隣公園や秋祭をレポート~
2017年10月21日

四條畷はどんな街?~【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】の近隣公園や秋祭をレポート~

【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】近隣は以前のレポートでもお届けしたように、
緑が多く、買い物施設も揃っていて生活しやすい環境が整っています。

四條畷・忍ケ丘はどんな街なのか・・・。
今回のレポートはより具体的に【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】周辺を徒歩でリサーチしてきましたよ!!

山車が練り歩く『秋祭り 地車曳行』

秋といえば「実りの秋」五穀豊穣を感謝して、各地で秋祭りが開催されますね。
忍ケ丘でも毎年10月の第2日曜日に『秋祭り 地車曳行』が開催されています。
これは地元の神社「忍陵神社」の祭礼の1つ!

 

 
▲この『秋祭り 地車曳行』、最大の魅力は「山車」です。

 

【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】周辺も「山車」が練り歩きをするんです。


▲現在建築中の【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】28号地の横を進みます。

【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】は「岡山」というエリアになるのだとか。
これは昔の地名なのですが、現在も公民館などの名称にこの名前が残っています。

そんな「岡山」地区の山車、今年新しく作り直されたもの!!

「おーた!」「おえおえ」
とか
「おーた!」「よいよい」
というのが掛け声。
その声に合わせて人力のみで動く山車は平地でも動かすのが大変そう。
カーブを曲がるときも、山車の上に乗っている人が声をかけて一斉に引き回します。

 

 

 
▲もちろん上り坂や、下り坂も人力で動かします。

 

 
▲地元の皆さんが毎年楽しみにしているお祭りです。練り歩きの声が聞こえてくると皆さんが家から出て通りに集まってきますよ。昨年までの山車には「天保9年」ということが記されていたほど歴史のあるだんじりは「だんじり保存会」の皆さんをはじめ、地元の子どもたちもお手伝いして練り歩きます。

JR「忍ケ丘」駅周辺もこの日は風景が一変します!

『秋祭り 地車曳行』は忍ケ丘周辺で一斉に行われているので
このお祭りの日はいつもの景色と大きく変わります。
お昼の休憩時には全ての山車が忍ケ丘駅前に集合します。

 


▲【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】のある岡山地区の山車は1番新しく、サイズも大きい!

 

コインパーキングも休憩場として開放されます。


▲「だんじり囃子」の演奏も随時行われていますから、いやがおうにもお祭り気分が高まります。

老若男女地元の皆さんが楽しみにしている行事があるのは嬉しいですね。

子どもたちがのびのび遊べる公園まで徒歩約2分

お祭りも楽しいけれど、日常的に遊ぶ場所はどうなっているのか調べて見ました。

【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】内にも公園があるのですが、
もっと広いところでアクティブに遊びたいときは「タイヤ公園」がおススメ。

 
▲正式名称は「青少年コミュニティー運動広場」なのですが、地元のみなさんの通称は「タイヤ公園」です。バス停もありますよ。

 


▲なるほど!タイヤで作られた遊具がたくさんあるから「タイヤ公園」なのですね。

 

 
▲現地販売センターから公園まで、のんびり歩いても2分10秒で到着!

 

ブランコや滑り台など通常の公園としても人気なのですが
大きなグラウンドも魅力の1つ。

日曜日には子どもたちの野球の大会も開催されることもあります。


▲子どもとはいえ迫力ある試合ですから、公園で遊びながら野球観戦も楽しそう。

 


▲トイレも備わっています。明るく綺麗でしたよ。

いかがでしたか?
歴史のある街ならでは行事や、子どもたちの遊び場も充実しているなぁ。と感じました。
【パナホーム・シティ四條畷 忍ケ丘】での新生活がスタートしたら、秋祭りにもぜひ参加してみてくださいね。

撮影日…全て2017年10月

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

内装工事から電気工事まで家づくりに関わるあれこれを経験してきた、元ガテン系。
現在は住まい作り手と購入する人をつなぐ存在として、ライター業のほか、住宅関連の番組制作などでも活躍中。
数十年の住宅との関わりをもとにレポートします!

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP